函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第一節 亀田の大地 二 地質と周辺地域
地質
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
半島の主要部を形成した。二度目の上部溶岩は横津岳南東部にある横津平を形造った。横
津平の更に南東にある袴腰岳は、初めの下部溶岩の上に木地挽(ひき)溶岩に似た細かな
平板状節理の発達した岩質で形造られている。横津...
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第一節 亀田の大地 一 位置と地勢
位置と地勢
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
との境界になっている。横津平の北東から南東が南茅部町と鹿部村、北西から南西が七飯
町、南が亀田である。袴腰岳の南は標高七〇〇メートルの平坦な地形になり、城岱と呼ぶ
が、ここには城岱沼がある。亀田と函館の境界線は...
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第一節 亀田の大地 二 地質と周辺地域
周辺の地史
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
、亀田半島の地質や鉱物などについても調査されているが、亀田に関する記事は少なく、
地史に関するものでは袴腰岳など渡島山脈を形成する基盤は古生代の岩類で、庄司山、蝦
夷松山、雁皮山、蓬揃山は火山岩の寄生的山塊が多...
[亀田市編] 第五章 農地解放と農村の変容 第四節 建設 三 河川・橋
亀田川護岸
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
袴腰岳麓に源を発して流れる亀田川は、亀田村中央部を貫流し、新川から海へ注いでいる
が、本村産業発展上大事な役...