函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第三節 村々の誕生と移り変り 二 鍛冶村の発達
半農半漁の村
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
から戸井付近の海岸線に居住し後に鍛冶村に移住して来たことが推定される。時代は下が
るが、松浦武四郎の『蝦夷日誌』(函館市史史料編第一巻所収)(弘化二~四年の状況)
に「鍛冶村、又梶山村とも云也。(中略)畑作りのみ...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第三節 村々の誕生と移り変り 三 上山村(神山村)の発達
上山村
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
山村ト改名シと記されており、この記録を見ると村の住民は農業を専業としているかの感
を受けるが、後代の『蝦夷日誌』に、「山稼又漁猟の節は海辺へ下り出稼する也。」と書
かれているように半農半漁というのが実情のようであ...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第五節 産業の進展 三 亀田と馬
馬の利用
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
松浦武四郎の『蝦夷日誌』には「(鍛冶村)人家三十軒計。皆大家なり。陰森たる樹木が
くれにしてこゝかしこに立並ぶ。畑作りのみ。...