函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 歴史的概要とその特性 第一節 銭亀沢の歴史的概要 一 近世期の銭亀沢
幕末の村むら
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
った銭亀沢の村むらについても詳しく記録されている。またほぼ同時期、松浦武四郎も蝦
夷地を探検調査し、「蝦夷日誌」(『函館市史』資料編第一巻に抄録)を書いている。「蝦
夷実地検考録」を主とし「蝦夷日誌」を従として銭...
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
6、郷土と高田屋嘉兵衛
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
生地阿波藩(徳島県)に残る『阿淡年表録』であり、今1つは幕府の命により蝦夷地を精
査した『松浦武四郎の蝦夷日誌』にである。『阿淡年表録』・天保五年甲午(1834)二月
の絛より攝州兵庫高田屋御取消に相成候家財其外...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第5節 後松前藩時代の道
2、郷土の道 松浦武四郎の『蝦夷日誌・巻之五』(初航蝦夷日誌)より
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
この時代の郷土の交通状況について詳細かつ正確に記されているのが、松浦武四郎の蝦夷
地探検の記録『蝦夷日誌』である。武四郎の蝦夷地探検は、初航、弘化2年(1845年)か
ら翌3,4年(1846・7)の再航、嘉...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第11章 函館における宗教世界の諸相 第1節 函館における神仏分離の展開 2 函館の神仏分離と開拓使
稲荷社の廃絶の意味
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
1-1)を示したい。 表11-1「場所」に於ける宗教施設東エゾ地弘化2(1845)年「初
蝦夷日誌」安政3(1856)年「竹四郎廻浦日記」文久3(1863)年「東蝦夷日誌」ヤムクシナ
イヲシャマンベア...
第4編 産業 第1章 農業 第2節 農業の歩み 1、江戸時代の農業
[江戸時代の農業]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
隠し畑」として耕作してきた。従って、漁民たち自らの農耕の記録は見当たらない。農地
の実態『松浦武四郎の蝦夷日誌(巻之五)より』弘化2年~4年(1845~47)松浦武四郎の
蝦夷日誌(巻之五)の記録の中から農地に関...
第7編 宗教 第1章 文書に残る郷土の神社・寺院 第2節 松浦武四郎『蝦夷日誌』(巻之5)にみる郷土の寺社 [松浦武四郎『蝦夷日誌』(巻之5)にみる郷土の寺社]
[松浦武四郎『蝦夷日誌』(巻之五)にみる郷土の寺社]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
年(1849年)の第3航を終えた翌年の嘉永3年、当時33歳であった武四郎は初航以来の備忘
録を整理し『蝦夷日誌』を書き上げた。その巻之五(森から砂原、臼尻、恵山を経て箱館
まで)に郷土の様子が詳細に記されている。...
[まえがき]
目次
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
地の直轄/2、箱館六ヶ場所を『村並』に/3、奉行所の設置/4、村政のはじまり/5、松
前藩の復領/6、蝦夷日誌に見る郷土のすがた/7、名主事務所の開設第5節村並から『尻
岸内村』に…………………………3831、異...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第4節 六ケ場所『村並』に
6、蝦夷日誌に見る郷土のすがた
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
蝦夷日誌』は、松浦武四郎が蝦夷地探検の初航から第3航、1845~49年(弘化2年~嘉永
2年)までの備忘録を、...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第9節 戦後の陸上交通 6、『道道』、函館恵山線と元村恵山線
〈調査の経緯と今後の調査計画の流れ〉
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
にある。これは、現在改修が進捗中の『道道元村恵山線』に生かさなければならない。松
浦武四郎の通った道『蝦夷日誌』巻之五』より松浦武四郎は、弘化2年(1845年)の秋、
この工事区間、豊浦・日浦間を踏査し、その見聞...
第二章 戸井町の沿革 第六節 松浦武四郎の『蝦夷日誌』(嘉永三年)
[松浦武四郎の『蝦夷日記』(嘉永三年)]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
出発して砂原、臼尻、尾札部の村々を経て、椴法華を越え、下海岸の諸村を巡視して箱館
に達した時のことを『蝦夷日誌巻の五』にくわしく書いている。この日誌から下海岸の部
分を抜粋し意訳して記述する。この日誌はこの時代の...
第三編 郷土への渡海 第一章 蝦夷地 第四節 史書に記された郷土(その二) 蝦夷日誌
[蝦夷日誌]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
七)五月一一日、友人井口較を訪ねて、箱館より上湯川村を経て野田府、川汲峠を越えて
川汲湯泉に来遊した。蝦夷日誌を編んだとき、巻五にこれを合わせて誌している。旅にゆ
き、行く所の地名行程を記し、触れるもの、見るもの...
第七編 産業 第五章 観光 第一節 温泉 川汲温泉
鶴の湯伝説
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 下
温泉に来た松浦武四郎は、一泊した。このとき同行した備後国書生井口赤嶂が、後日、武
四郎に贈った一文が「蝦夷日誌」巻五川汲行の末尾に記されている。土人の云、此湯は昔
樵夫日々此辺の山に入て薪を取帰りけるに、夕方にな...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第7節 宗教・教育・文化 3 文化
幕吏の文人
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
5)年はじめて蝦夷地に渡り、箱館の和賀屋孫兵衛の手代という名目で、蝦夷地各地を探訪
してまとめたのが『蝦夷日誌』である。これには箱館市中ならびに海岸について詳述され
ている。武四郎はその後数次にわたって蝦夷地を調...
第1編 自然 第3章 自然災害 第3節 火山災害
19世紀中葉の異変と弘化3年(1846年)の噴火
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
・根田内、シマトマリ村は昆布稼ぎのこと、皆船にて遁去り時節柄由なきも大々漁猟の妨
に相成ることに候。「蝦夷日誌」松浦武四郎(尻岸内町史、1970)・1845年(弘化2年8月
)後方の山岳暴風雨の為め突然崩壊して全...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第4節 六ケ場所『村並』に
4、村政のはじまり
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
岸内本村・支村(あるいは支郷)として日浦村・古武井村・根田内村の3カ村とされてい
るが、松浦武四郎の『蝦夷日誌 巻之五』1845~7年(弘化2~4年)では現字御崎か
ら字恵山七つ岩のあたり迄を磯屋村と記...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第8節 昭和前期の交通状況 1、下海岸道路の状況
日浦・武井泊(豊浦)間開通(昭和5年3月)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
の末にかかる白雲」(1791年『えぞのてぶり』より)と詠んでいる。また、世界的な探検
家松浦武四郎は、蝦夷日誌の巻之五(1845~6年の巡検)の中に、「重畳たる怪岩つづき
の浜を越て“立岩”壁立高さ五十余丈の岩面...
第7編 宗教 第3章 現在の郷土の宗教 第3節 恵山火口原の霊場
1、賽の河原
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
原、世に云うごとし。多くの石を積み上げたり。此処より上宮に又道有。細き鳥居を越て
上なり」松浦武四郎の蝦夷日誌(巻之五)の恵山登山の記述の一部分(抜粋)である。こ
の文中の西院川原は、現在の『賽の河原』のことであ...
第十一編 公安 第二章 消防 第一節 江戸時代より昭和二十年まで 一 江戸時代の消防活動
恵山硫黄の自然発火
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
はないが、有事の際は各自駈付け消火活動に努めていたようである。これは特殊な例であ
るが、松浦武四郎の『蝦夷日誌』によれば、弘化二年(一八四五)六月十一日の恵山硫黄自
然発火の際に二百人もの人足が、村役人の指揮を受...
第十二編 災害 第一章 山津波と土砂流出 第一節 江戸時代から大正時代まで 一 江戸時代の山津波
弘化三年の大山津波
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
弘化二年から四年に至る(一八四五-四七)記事をまとめた松浦武四郎の『蝦夷日誌』には
、弘化三年古武井村・根田内村・椴法華村に発生した山津波について次のように記されて
いる。扨因にし...
第三編 郷土への渡海 第一章 蝦夷地 第四節 史書に記された郷土(その二) 蝦夷日誌
松浦武四郎
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
文字を使う。号は多気志楼ともいう。弘化二年(一八四五)箱館に渡り、東蝦夷地から千島
・樺太を踏査して、蝦夷日誌を著して幕府に上る。明治二年(一八六九)、北海道の国郡名
を選定、「箱館」を「函館」と当てる。明治二一...