函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第1節 明治初期の海運事情 5 函館商人の海運活動
西洋形帆船の建造ブーム
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
竹田茂兵衛小松善七角谷新七八木六兵衛安藤利助浜野与三郎小林垂吉国領平七水野利兵衛
奥村忠兵衛武田茂兵衛藤野喜兵衛藤野喜兵衛仲栄助朝山半右衛門木村義孝矢本藤五郎藤本
太四郎木村義孝本多貞三郎村田駒吉田中正右衛門大針喜...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第3節 高田屋の没落
没収船舶及び場所処分
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
にされ、福山および箱館の商人が買受けた。その落札者ならびに船名を挙げると次の通り
である。 藤野喜兵衛(松前)重孝丸(九九一石)順通丸(九一七石)広吉丸(八八八石)岩
田金蔵(松前)大黒丸(二四三石)林七...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第4節 北前船の発達と問屋機能の変化
請負人と場所との関係
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
武兵衛十勝福島屋嘉七秋田屋喜左衛門福島屋嘉七秋田屋喜左衛門和賀屋宇右衛門 根室高
田屋金兵衛亀屋武兵衛藤野喜兵衛和賀屋宇右衛門藤野喜兵衛択捉高田屋金兵衛和賀屋宇右
衛門亀屋武兵衛 まず、文政年間各場所の断...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第5節 開拓使官有物払下事件と市民運動 2 函館の対応
北海道運輸会社設立の動き
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
12日「函新」)。最初の事件報道があった8月10日、杉浦嘉七、佐野専左衛門、田中正右衛
門、小林重吉、藤野喜兵衛、常野正義など函館の有力商人36人(表2-56)が三井銀行函館
支店会議室に集まり、資本金50万円を募...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第1節 幕末・明治初期の都市形成 3 都市形態の変容とその構造
運上会所設置と海岸道路普請
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
たと考えられる。ひとつには、安政6(1859)年の「拝借地御用留」にみられるように運上
所普請地の脇の藤野喜兵衛や井口兵右衛門などの有力商人による埋立や、町有地確保のた
めの町内組合による埋立があった。その後、地蔵...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第1節 国内市場と函館 1 商業港としての成長
商取引の実態と商人の諸相
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
相馬哲平3,16016,5001,2,3,6,8金沢弥惣兵衛2,19914,7801,2,3,6,7藤野喜兵衛9,
90554,2151,2,3,4,6,7鹿島万平6,87837,9201,2,6徳田和兵衛798...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第5節 商業機関の整備と米穀塩海産物取引所の成立 1 商業機関の整備
函館商人大懇親会
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
委員氏名業種別泉藤兵衛野田喜十郎松岡幸七金沢弥惣兵衛相馬理三郎田中正右衛門村田駒
吉小川幸兵衛山本和三藤野喜兵衛渡辺熊四郎今井市右衛門菊地次郎右衛門岩船峯次郎常野
正義渡辺儀三郎銀行・会社代表〃物産商代表〃〃漁業産...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第1節 松前家復領と藩政
藩政の実状
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
大した。また藩でもつとめて請負人の機嫌をとり、たとえば天保14(1843)年、高田屋のあ
と択捉場所を藤野喜兵衛に請負わせた時などは、アイヌが「前の金兵衛(高田屋)の事を思
い出し、恋しがらるる様では大きにわるいが...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第2節 復領後の箱館経済の動向
箱館経済の不振
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
半数の10場所に過ぎなかった。しかも天保4(1833)年高田屋の没落後は、根室、択捉の大
場所は福山の藤野喜兵衛の請負となり、天保年間の箱館商人の請負場所は有珠、新冠、三
石、幌泉、十勝の5場所だけとなった。加えて...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第5節 開拓使官有物払下事件と市民運動 4 肩書調査と市民運動
開拓使の廃止と3県設置
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
の所属となった。そこで、最初に汽船と倉庫の払下げを出願した36人の内、杉浦嘉七、小
林重吉、常野正義、藤野喜兵衛、田中正右衛門、佐野専左衛門、村田駒吉、金沢弥惣兵衛
、安浪次郎吉、相馬哲平、泉藤兵衛、脇坂平吉の12...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第3節 地場海運の勃興と二大海運資本の競合 1 北海道運輸会社の設立
発起人会と請願書
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
連名の願書が函館支庁に提出された。6月時点から比べてさらに賛同者が増加しているが
、新たな顔ぶれとして藤野喜兵衛、佐野孫右衛門、小林重吉、佐野専左衛門といった旧場
所請負人や国領平七、大野六兵衛、興村忠兵衛らの旧幕...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第3節 地場海運の勃興と二大海運資本の競合 1 北海道運輸会社の設立
会社組織と株式募集
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
100 100 100 100 100 100 100 100 100堀基園田実徳杉浦嘉七村田駒吉藤野喜兵衛泉藤兵
衛金沢弥惣兵衛大橋角太郎時任為基小林重吉安浪次郎吉常野正義相馬哲平藤野伊兵衛吉田
三郎右衛門岡武...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第3節 地場海運の勃興と二大海運資本の競合 2 三菱・共同の競争激化
共同運輸会社の成立
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
の1人に加わった。株主募集は発起人と政府からは品川が中心となり行われたが、16年4月
の株主の名簿には藤野喜兵衛、高橋七十郎、園田実徳、杉浦嘉七、宮路助三郎、松岡譲と
いった函館の人間の名前がある。彼らはいずれも旧...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第8章 金融界の近代化と整備・発展 第1節 金融機関の創設 4 貸付会所の設置
会所用達
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
左衛門、榎本六兵衛、林留右衛門、渡辺治右衛門、栖原角兵衛、笠野熊吉)および函館の
富商3名(杉浦嘉七、藤野喜兵衛、栖原小右衛門)が用達に任ぜられた(福島屋文書「社中規
則」、「開公」5617)。「貸付所閉鎖御用留」...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第13章 社会・文化諸相の光と影 第2節 マス・メディアと活字文化 1 函館新聞の発刊
印刷所北溟社の誕生
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
六名″となっているが具体的な名前は不明でる。 杉浦嘉七、常野与兵衛、魁文社、
佐野専左衛門、藤野喜兵衛、渡辺熊四郎、今井市右衛門、浜時藏、杉野源次郎、平田文右
衛門、安浪治郎吉、渋田利右衛門、牧田藤五郎、...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第七節 五稜郭の築造と東照宮の建立 二 東照宮の建立
東照宮の建立と焼失・遷座
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
吉、蛯子武兵衛、佐藤佐次兵衛、田中正右衛門、白鳥衡平、五十嵐要助、松代保平、國領
平七、井口兵右衛門、藤野喜兵衛、杉野三次郎其他回船問屋一同其外ノ町人ヨリ御造営ノ
若干献納金アリ。一手水鉢是ハ大坂御影石ニテ其目形七...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第七節 博覧会
水産博覧会
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
覧(内北海道関係分○南茅部町関係)賞所属県出品・受賞者出品内容一等賞勝敗一個並金
五〇円二人内二人根室藤野喜兵衛塩鮭塩鱒鯡搾粕漁具函館栖原小右衛門北海漁業二等賞賞
牌一個並金二〇円一五人内三人根室柳田藤吉塩鮭昆布鯡...