函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 1 大年寄・中年寄制
町と町に準ずるもの
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
上に見られる町名としては、寛政期(1790年代)にはその存在が確認できる弁天町、大町、
内澗町、仲町、神明町、大黒町、山ノ上町、地蔵町の8町と、そのすぐ後に1町となった鰪
澗町、文化11(1814)年からの大工...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第4節 箱館の町行政
町費
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
bsp;内澗町、弁天町、大町一箇年地面一坪銭十文ずつ大黒町、山ノ上町同六文ずつ地蔵町
、鰪澗町、仲町、神明町同上四文ずつ この年徴収したのは400貫251文で、これを金
に換算すると、当時1両は銭6貫...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第5節 当時代の箱館事情
箱館の町勢
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
中にさし出て矢不来岬に対峙している。かたわらに砲台があり、500目1挺、300目1挺を備
えてある。「神明町」高龍寺の西から鰪澗町に至る弁天町の裏町である。縦町1すじ横町1
すじになっている。ここをのぼれば神明...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 2 三大区制
3区の設定
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
鍛冶町三町代地駒止町山背泊町台町 代地竪通浜町大町上通会所町上大工町下大工町尻沢
辺町2区鰪澗町鰭横町神明町仲町弁天町西浜町喜楽町七軒町大黒町大町仲浜町内澗町東浜町
3区地蔵町古築島町蓬莱町亀若町恵比須町蔵前通...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 2 三大区制
渡島国を7大区とする企画
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
、2丁目谷地頭町尻沢辺町住吉町 柳町浦町赤石町蔭町6小区7小区8小区9小区10小区鰪澗町
鰭横町仲町 神明町弁天町西浜町大黒町大町 仲浜町七軒町喜楽町内澗町東浜町11小区12小
区13小区14小区15小区地蔵町...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第1節 幕末・明治初期の都市形成 1 箱館開港と都市化
開港以前の様相
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
時代の市中には名主が9人置かれており、それぞれ地蔵町、山ノ上町、大町、弁天町、大
黒町、内澗町、仲町、神明町、鰪澗町の9町からなっていた(「維新前町村制度考」『函館
市史』史料編第1巻)。享和元(1801)年の...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第2節 市街地の機能構成 1 地価と土地生産性
地券発行と土地の私有化
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
両7両第1区天神町下大工町1~ 2丁目山ノ上町1~ 2丁目坂下2丁目常盤町茶屋町片町1~2
丁目第2区神明町大黒町大町仲町内澗町鰪澗町弁天町西浜町仲浜町第3区鶴岡町1~2 丁目地
蔵町6丁目 (3両2分)地蔵町...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第6節 箱館の産物及び人口
戸口の増加
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
口兵右衛門、村岡清九郎、逸見小右衛門、茅野忠兵衛地蔵町、内澗町、大町、弁天町、裏
町、中町、山ノ上町、神明町右は船問屋、木綿、古手、荒物、小間物の店、裏町、山ノ上
町は借屋住居の者、手間取、職人等あり。弁天町は...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第4節 箱館の町行政
名主
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
享和元年には左の4名とし、その受持は次の通りであった。 大町弁天町鰪澗町名主新
十郎山ノ上町神明町同次兵衛内澗町地蔵町同四郎右衛門大黒町仲町同伝右衛門 また
、特に名主の中から肝煎名主を置い...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第7節 場所請負制の再開と箱館経済 3 間屋株仲間と市中商人の対立
市中商人の成長
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
喜之丞、藤屋与三郎。大町惣代能登屋久太郎、越後屋新五郎。弁天町惣代倉部屋太兵衛、
高橋屋伝之助。仲町・神明町・大工町惣代伊藤屋弥吉、越前屋藤二郎。山上町惣代桝屋定
吉、盛屋武八、高田屋与惣兵衛。大黒町惣代能代屋...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第7節 場所請負制の再開と箱館経済 3 間屋株仲間と市中商人の対立
問屋口銭をめぐる対立
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
兵衛藤七同 大町同久太郎七郎兵衛喜兵衛次兵衛同 弁天町同 伝之助清六与兵衛忠右衛同
仲町同喜惣治同 神明町同鰪澗町万六同 山上町同 八郎右衛門善吉同大黒町同三吉郎清左衛
門箱館御役所(『文化御用留』)&nbs...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第5節 当時代の箱館事情
天保12年の戸口
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
館大町 一二九戸 六四三人内澗町一七六戸 八七〇人地蔵町二一六戸一、一五二人大黒町
一〇六戸 四九七人神明町 九一戸 四五一人仲町八三戸 四一四人弁天町二一三戸一、一八
三人鰪澗町五〇戸二四一人山ノ上町三〇九戸...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第14節 生活・宗教 1 生活
風俗
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
り賄ったりすることを渡世としたもので、荷物売買などには一切行わないことになってい
た。五十集多く鰪澗、神明町、仲町、地蔵町辺に住居し、漁師らが捕ってきた生魚類を、
仲間が集まって差値して落札し、市中で売りさばい...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第16節 戸口及び市街の膨張
五稜郭付近及び山の手方面
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
みられ、また北東に離れて湯川に通ずる開発の地も、安政以来農民が散在した。更に山の
手方面を見れば、主に神明町に続いて新地が開け、山ノ上町の遊廓も安政5年外人の遊興
が許可されたので、体裁を改めて入口に門を構え、...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 1 大年寄・中年寄制
町年寄・名主の廃止
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
3(1856)年注1担当町名五十嵐荘八注6小島又次郎白鳥半十郎定兵衛堺新三郎大町 弁天町内
澗町大工町神明町鰪澗町地蔵町山上町大黒町仲町安政4(1857)年注2 担当町名小島又次郎注
7白鳥半十郎堺新三郎松代伊...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 2 三大区制
戸長、副戸長の任命
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
新田孫右帯門(2.11.27中年寄)新田孫右衛門(?辞任)佐藤庄兵衛(6.7任)50才第2大区1
小区神明町 佐藤庄兵衛佐藤庄兵衛佐藤庄兵衛佐藤庄兵衛佐藤庄兵衛(2.20まで)興村忠兵
衛(3.2任)(7.2等...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第4節 函館区会開設 1 函館区役所の設置
戸長の公選
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
戸長選挙会一覧表投票日7月19日投票日7月20日投票日7月21日1組山ノ上連合2組元町~尻
沢辺町3組神明町~仲浜町投票数氏名投票数氏名投票数氏名※177655富田五三郎佐々市三
郎松浦重吉大橋宇左衛門※137...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第1節 幕末・明治初期の都市形成 1 箱館開港と都市化
開港による市街の二分化
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
25大町 ○○○内澗町○○○大工町○○地蔵町○○○鶴岡町○弁天町○○○大黒町○○○
山ノ上町 ○○○○神明町仲町鰪澗町○○○文久元年「各国書翰留」(北海道立文書館蔵)よ
り作成 また、元治元(1864...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第3節 都市基盤の整備 1 大火と街区改正
明治11、12年の大火による街区改正
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
編より作成 表4-21大火による土蔵の移転明治11年大火明治12年大火弁天町大町 大
黒町 神明町 仲町 西浜町 鍛冶町161173111大町 内澗町 船場町 掘江町 地蔵町 東浜町
会所町 上大工...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第5節 商業機関の整備と米穀塩海産物取引所の成立 1 商業機関の整備
函館商法会議所の設立問題
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
当否且つ今度開設する商法会議所の地所も要用なれば、幸ひ右共有地の内若干坪を其用に
充んと発議し、大町、神明町の惣代は同会議所の事を至極賛成せり(中略)折角思付きの商
法会議所の発議は如何(どう)なるか早くも発議...