函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第3編 行政 第2章 明治・大正時の行政 第3節 北海道1・2級村制の実施
3、北海道1・2級村制の実施
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
制が日の目を見たのは本州の府県が実施以降、9年を経てからである。1888年(明治21年
)4月、政府は村法案を整備、市制を加え「市制村制」として、『府県』に公布、翌
、1889年(明治22年)4月から順...
第2巻 第4編 箱館から近都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の政 第3節 政の展開 2 三大区制
3区の設定
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
の形で、函館市街の区画分けが行われた。当時の函館市街を3区に分け、函館山の裾を巡
る地区を第1区(27)、弁天から内澗までの海岸線とその裏(大黒ほか)の地区を
第2区(13)、地蔵から北東へ拡...
第3編 行政 第6章 人口・戸数の推移 ◇資料編
人選挙法・総人心得 (明治13年7月8日改定)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
人選挙法第一条各村デ総一名若クハ二名ヲ置テ村総人トシ、各郡ニ総人一
名若クハ二名ヲ置テ郡総...
第3編 行政 第3章 昭和の行政(戦前・戦時) 第2節 戦前・戦時の尻岸内村行政 1、第2次村制度(昭和2年)の改正
[第2次村制度(昭和2年)の改正]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
大正期の村行政の充実については先に述べたが、その基本法となる北海道1、2級村制は
府県に比し相当の制約を受けていた(例えば、府県では1・2級の差別はない等)。2級
村制度は明治...
第四編 行政 第四章 昭和時の行政 第二節 新しい行政体制 二 椴法華村の再出発
村合併問題の発生
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
昭和二十五年十二月の『地方行政組織調査会議』の勘告に基づき、昭和二十八年九月一日
法律第二百五十八号『村合併促進法』が制定された。この法律の目的とするところは、
弱小村を合併することにより地方自治の充実...
第3編 行政 第5章 現在の郷土の行政 第2節 現在の郷土の行政 2、民選首長と郷土の行政 (1)前田・三好長時
〈戸井・尻岸内・椴法華3村合併問題〉
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
昭和29年から34年までの6年間、経済状況の厳しい時、尻岸内・戸井・椴法華の3村は、
神戸委員会の村合併構想を受けた北海道知事の合併勧告に大きく揺れた。...
第3編 行政 第5章 現在の郷土の行政 第2節 現在の郷土の行政 2、民選首長と郷土の行政 (2)野呂・湊長時
長・助役・収入役〉
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
第3長野呂桂司(任昭和56年7月6日~退昭和58年2月15日)3長に就任した野呂
桂司の履歴につい...
第2巻 第4編 箱館から近都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の政 第4節 函館区会開設 2 区会開設
山本忠礼の民会開設論
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
明治13年4月8日、政府は郡区村編制法の追加、府県会規則の改正を布告し、同時に区
村会法(太政官布告第18号)を布告した。この区...
第二編 先史 第一章 先史時 引用・参考文献
[引用・参考文献]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
小笠原忠久一九七五年ハマナス野遺跡調査報告書南茅部教育委員会一九七六年北海道著
保内野出土の中空土偶考古学雑誌第六一巻第四号一九七六b ハマナ...
第3編 行政 第5章 現在の郷土の行政 第2節 現在の郷土の行政 2、民選首長と郷土の行政 (4)山田・工藤長時
長・助役・収入役〉
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
第5長山田忠昭(任平成7年4月24日~退14年4月25日)5長に就任した山田忠昭
は昭和14年1月...
第3編 行政 第5章 現在の郷土の行政 第2節 現在の郷土の行政 2、民選首長と郷土の行政 (5)5市村の合併
〈シリーズ市村合併 ~わがの明日を考える~〉
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
『広報えさん』(平成15年4月号~16年11月号)よりシリーズ①昨今の新聞報道などでよ
く目にする「市村合併」、恵山では政懇談会での説明や市村合併特集号などをお
知らせしてきましたが、今月(平成15...
第2巻 第4編 箱館から近都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第5節 商業機関の整備と米穀塩海産物取引所の成立 1 商業機関の整備
運動の再開と函館商業会議所の設立認可
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
小右衛門広谷源治齋藤政七谷津菊右衛門伊藤鋳之助渋田利右衛門新田太平加藤文五郎佐々
木吉兵衛松居定兵衛納東平網塚忠兵衛東出長四郎岩船峯次郎服部半左衛門水産商雑貨荒
物商北海道共同(株)社長呉服太物商(株)函...
第四編 行政 第四章 昭和時の行政 第一節 戦前の行政 一 満州事変以後の道政
決戦体制下の村行政
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
の膠着状態、アメリカ空軍による東京初空襲など、日本は重大な戦局を迎えつつあった。
この時に当たり全国の村は決戦体勢に備えるための行政機構の改革を政府よりせまられ
ている。次に戦時非常時化の行政について全国...
編集後記
[編集後記]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
恵山史は昭和45年(1969)発刊された尻岸内史の改訂とその続刊である。恵山の旧
名は尻岸内で、昭和...
第3編 行政 第2章 明治・大正時の行政 第4節 尻岸内村2級村制を施行
5、部長制度の設置
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
先に、2級村制施行当時(明治期)の尻岸内村三役について記したが、この部長制度の
記述に当たり、北海道2級村制度...
第二編 先史 第一章 先史時 第三節 繩文時
中期
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
。この時期の文化も、土器に象徴されるごとく、安定した経済基盤の中で集落も大型化し
、整然とする。南茅部においては、この時期の集落はまだ確認されていないが、尻岸内
「日の浜遺跡」においては、この時期の幾つ...
第四編 行政 第三章 明治、大正時の行政 第一節 箱館裁判所から開拓使まで 八 大小区画制の改正と亀田郡編入運動
人制度の変革
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
(一)総と副総明治七年五月二十三日の開拓使布達第六号により総、副総の制度が
全道的に敷かれるように計画さ...
第2巻 第4編 箱館から近都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の政 第3節 政の展開 5 市民の共有財産
会所蓄積金
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
会所には会所が管理運用していた会所蓄積金と呼ばれる市民共有の財産があった。
その起源は詳らかでない...
第2巻 第4編 箱館から近都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の政 第3節 政の展開 6 区総人制
人の活動
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
人制は、会議規則等の定めがなかったため具体的な活動の記録があまり残されていな
いが、選出直後の8月18...
第2巻 第4編 箱館から近都市函館へ 第10章 学校教育の発生と展開 第1節 近学校教育のはじまり 3 十二年大火後の小学校再興と私立小学校
私塾・寺子屋から私立小学校へ
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
(89,67)161(98,63)26(14,12)33(28,5)20(20,0)3(1,2)茶屋45鍛冶16花谷105下大工
47会所93南新42南新142尻沢辺137大黒20内澗...