函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
史料 天保九戌正月吉日 御用書留 鍛冶邑 名主所
[四月]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
人別の趣申出候間、態人足差添送り遣し候間、以来当処え相越し不レ申様御申付可レ被レ
成候。以上四月廿一日町役所亀田村より上山村迄右名主中一馬五疋(五之内)石(三)五
郎右の通当廿三日箱館町役所差送申候彦(壱)七趣...
史料 天保九戌正月吉日 御用書留 鍛冶邑 名主所
[六月]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
継送、即刻上山村え順継申候。以上覚一萩野八十吉右は在方掛り被二仰付一候間、此段相
触候。以上戌六月三日町役所上山村鍛次村赤川村大川村七重村峠下村一ノ渡村大野村文月
村濁川村尚々枝郷可レ有レ之処は其元村より相触可...
史料 天保九戌正月吉日 御用書留 鍛冶邑 名主所
[三月]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
出御用状壱封藤山郷九右衛門殿人足壱人右の通上山村継送申候。以上一人足弐人馬五疋右
の通明廿日朝五ッ時、町役所相詰可レ申候。差出し。三月十九日一御用状壱封町役所出藤
山郷九右衛門行右の通継送申候。三月以二廻状一申...
史料 天保九戌正月吉日 御用書留 鍛冶邑 名主所
[五月]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
八代萬九郎平七悴杉松代幸吉権右衛門悴市五郎重五郎代長左衛門悴亀松右は御城下詰人足
の数、村役平蔵附添、町役所ニて同様差立申候。五月廿二日一増川様詰馬御調子御用ニ付
、廿一日夜九ッ時当村御出ニ付、則人足弐人差出し...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第五節 産業の進展 三 亀田と馬
助郷の馬使用
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
送り候間、其心得にて無二間違一明十二日朝五ツ時当処え為二相詰一候様御取斗可レ給候
。以上 戌閏月十一日町役所当番名主鍛冶村名主中○道路修理の例一亀田村内より浜通り
道普請ニ付、人足弐拾人、馬拾壱疋当村より加勢差...
史料 天保九戌正月吉日 御用書留 鍛冶邑 名主所
[閏四月]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
村迄三斗入米附送り候間、其心得ニて無二間違一明十二日朝五ッ時当処え為二相詰一候様
御取斗可レ給候。以上町役所当番名主戌閏月十一日鍛次村名主中一道橋普請人足拾弐人、
名主代六郎差添、亀田村助勢差出し申候。猶又今日...
史料 天保九戌正月吉日 御用書留 鍛冶邑 名主所
[十二月]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
付二日鍛次村三日七重村猶々此先触急々順達被レ下度頼入候。以上三日市太夫次郎名代石
川幸之進一御廻文壱封町役所御用状壱封菊池遠江殿行此壱封急キ御用向申遣候条、早々継
立無レ滞様取斗可レ被レ申候。以上戌十二月十二日...