函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
1、古い記録にみる、郷土のようす
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
1670年頃(寛文10年頃)『津軽一統志』郷土の地名や集落のようすが記されている最も古
い記録は、『津軽一統志』である。津軽一統志は文字通り『...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第2節 元禄から享保のころの郷土
1、津軽一統志にみる郷土の地名・ようす
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
郷土の地名や集落のようすが記されている現存する最も古い記録は、津軽藩史の『津軽一
統志』である。これは、シャクシャインの乱の頃、あるいは、それ以後編纂されたもので
、“シャクシャインの乱”...
[まえがき]
目次
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
……………3591、郷土の起源・集落の形成第2節元禄から享保のころの郷土………………
………3611、津軽一統志にみる郷土の地名・ようす/2、寛永の駒ヶ岳噴火・大津波、『
新羅之記録』より/3、松前島郷帳・松前蝦夷...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第1節 郷土の起源
1、郷土の起源・集落の形成
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
・こふい・ねたない」と呼ばれ、アイヌ集落のあるところ、船入澗がある漁場として和人
に知られていたことは津軽一統志などの資料(後述)からも明らかであり、善次郎ら相当
数の南部の人々は、昆布漁の季節になれば津軽海峡を渡...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第3節 箱館六ケ場所成立のころ
1、商場
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
定めた。この制度を一般に「商場知行制」とよんでいる。「商場」の地名が記録に残る一
番古いものは、前述、津軽一統志、1669年(寛文9年)頃で、のたあい(野田追)の「新
井田権之助・商場」である。六ケ場所の内松前城下...
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
[江戸時代の漁業]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
りつつ、漁業を営んで来たと推察される。寛文9年(1669)のシャクシャインの乱当時の
見聞といわれる『津軽一統志』(後述)には、次のように記述されている。『…ひうら船
澗有、尻岸ない小船澗有・ヤクモタイン持分、ゑき...
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
2、箱館六ケ場所の成立
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
または「場所」といい、アイヌとの交易の場所であり、この制度を一般に「商場知行制」
とよんでいる。前述『津軽一統志』によれば1669年(寛文9)頃、野田追が「商場」と記
されており、また、1695年(元禄8)茅部場所...
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
5、江戸時代の鱈漁
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
り捕獲されなかったと見え、中世末期の公卿日記にその名称が見られる程度である。恵山
沖の鱈漁の記録は、『津軽一統志』寛文9年(1669)の条に、松前下口(東蝦夷地)の産
物、干鮭(からさけ)・昆布などとともに「干鱈(...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第4節 前期幕府直轄下の交通 5、蝦夷地の馬
[蝦夷地の馬]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
飼育されていたものと推察される。・寛文9年(1669年)のシャクシャインの乱を、津軽
藩主に報告した『津軽一統志』の記録に、蝦夷地には津軽から多数の馬が連れてこられて
いることが記されている。・元禄4年(1691年...
第7編 宗教 第3章 現在の郷土の宗教 第1節 郷土の神社
4、(恵山)厳島神社
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
神と推察されるが、この函館厳島神社は江戸時代「弁財天社・弁天社」と呼ばれていた。
この弁才天の初見は『津軽一統志・寛文九年』(1669)頃である。弁財天社は明治初年(
明治政府の神道国教策によるものと推察する)に市...
編集後記
[編集後記]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
る。尻岸内の初見は、寛文9~12年(1969~72)頃か、その後、編纂されたといわれてい
る津軽藩史『津軽一統志』に「ひゝら−尻岸ない−ゑきしない−こふい−ねたない」と見る。
また、この地は「ヤクモタイン・狄乙名ア...