函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 位置と自然環境 第六節 戸井の地名考
[戸井の地名考]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
の有無を調べて見る必要があると思う。原木川附近の地名ハラキ(原木)寛文10年(1670
)に書かれた「津軽一統志」に「にともない」とある地名は原木らしい。「津軽一統志
には「にともない、家五軒、乙名(おとな)(ア...
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
1、古い記録にみる、郷土のようす
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
1670年頃(寛文10年頃)『津軽一統志』郷土の地名や集落のようすが記されている最も古
い記録は、『津軽一統志』である。津軽一統志は文字通り『...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第2節 元禄から享保のころの郷土
1、津軽一統志にみる郷土の地名・ようす
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
郷土の地名や集落のようすが記されている現存する最も古い記録は、津軽藩史の『津軽一
統志』である。これは、シャクシャインの乱の頃、あるいは、それ以後編纂されたもので
、“シャクシャインの乱”...
第二章 戸井町の沿革 第四節 戸井と近隣の変遷
[戸井と近隣の変遷]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
ために貴重である。又古書にあって、現在死滅し古老すら知っていない地名もある。①寛
文十年(一六七〇)『津軽一統志』津軽一志は、寛文九年六月シブチャリの酋長シャクシ
ャインが蜂起し、松前から派遣された鷹匠(たかしょう...
第三編 郷土への渡海 第一章 蝦夷地 第二節 史書に記された郷土(その一) 津軽一統志
[津軽一統志]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
の事情を把握するため、津軽藩独自に蝦夷地の調査をして記録した。この記録を、のちに
津軽藩史といわれる「津軽一統志」の巻第十に編述した。津軽一統志は、蝦夷地とくに郷
土の沿岸の地名を記した最古の記録である。同書の記録...
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第一節 亀田の大地 一 位置と地勢
亀田
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
日本の歴史が江戸時代を迎えると、『福山秘府』、『津軽一統志』などそのころの記録文
書の中に亀田邑(むら)、亀田村という地名が出てくるようになる。長禄元(一四五七...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第一節 亀田のはじめ 三 亀田の館
館の存在
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
津軽一統志の地図弘前市立図書館蔵(岩見文庫)亀田に館(城)が存在していたことは『
津軽一統志』寛文十(一六七〇)...
第二章 戸井町の沿革 第七節 戸数と人口の変遷
一、明治以前
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
○寛文十年(一六七〇)『津軽一統志』石崎(十軒)やちまき(あき家十三軒)、たか屋
敷(あき家六軒)、おやす(十五軒)、塩くび崎(六軒)、...
第四編 行政 第二章 江戸時代の行政 第一節 前松前藩時代 三 和人勢力の進出
津軽一統志とアイヌ人
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
次に『津軽一統志』の寛文十年(一六七〇)の記録から、和人とアイヌ人の関係について記
すことにする。一もへつ川有、狄おと...
第九編 宗教 第二章 神道 第一節 神社
恵山八幡宮(椴法華八幡神社)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
社地五間二拾間、起元不分明なお八幡神社のことを示すものかどうかは明確ではないが、
参考として記すと、『津軽一統志』の寛文十年(一六七〇)の記述の部分に、(写本によっ
ては、やじり浜と記されたものもあるが)「やしろば...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第2節 松前藩の再生産構造と箱館港
寛文の蝦夷乱と亀田・箱館
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
間、隠密牧只右衛門、秋元六左衛門の2人に命じて各地に派遣し、蝦夷地の実情を探索し
て書きつづったのが『津軽一統志』である。それによって当時の亀田、箱館の状況を挙げ
れば、次の通りである。 一亀田川有澗あり...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第7節 宗教・文化・生活 1 宗教
神社
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
る。 弁財天社(現厳島神社)亀田八幡宮の神職が漁期に来て豊漁祈願したのが始まり
といわれ、『津軽一統志』にも「弁才天」と記しているから、寛文10(1670)年ころには存
在していたと思われる。また『福山秘...
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第一節 亀田の大地 一 位置と地勢
位置と地勢
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
。この川は安政年間まで函館湾に注いでいたが、函館とかかわりをもち、後になってその
流路を変えている。『津軽一統志』に書かれたころから川口や流域に戸数が増えて、亀田
の発展に大きな役割を果してきた。また、函館とのかか...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第二節 蝦夷の戦いと亀田 二 シャクシャインとの戦い以前の亀田
亀田港の発展
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
順調に発展をとげ、寛文十(一六七〇)年シャクシャインとの戦いの時には箱館はわずか
に「から屋あり」と『津軽一統志』に記されているが、亀田村は「家二百軒余」と記され
るほどの状況であった。亀田港の当時の様子について直...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第三節 村々の誕生と移り変り 一 亀田の地名由来
シコツと亀田
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
を付け、亀田としたといわれるようになった。亀田の地名が最初に見られる文献は、寛文
十(一六七〇)年の『津軽一統志』の記事で、前記したように「一亀田川有澗あり古城有
一重塀(堀)あり家二百軒余」と記され、このほかにも...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第五節 産業の進展 四 林業とその育成
はじめのころの林業
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
うになった。内地からの杣人(そまびと)がいつころから蝦夷地南部に入って来たかつま
びらかではないが、『津軽一統志』寛文九年の条に、「松前檜山当年三、四万杣取仕候由
」と記されていることから、このころにはすでに伐採が...
第一章 歴史的概要とその特性 第一節 銭亀沢の歴史的概要 一 近世期の銭亀沢
銭亀沢周辺の地名
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
銭亀沢周辺の地名が初めて見聞記録として登場するのは江戸時代になってからで、「津軽
一統志」(『新北海道史』第七巻史料一)に収録された津軽藩士による蝦夷地調査の記録が
最初である。同書は享保十...
第一章 歴史的概要とその特性 第四節 海産干場からみた銭亀沢の産業と階層性 五 「和人地」の形成とアイヌ
アイヌの存在形態
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
森進『北海道近世史の研究』)。この時期には、「一、塩泊川有、狄おとなコトニ、但ち
ゃし有、家十軒」(『津軽一統志』巻第十所収「松前より上蝦夷地迄所付」「松前より下
狄地所付」、津軽藩士則田安右衛門『寛文拾年狄蜂起集...
[まえがき]
目次
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
……………3591、郷土の起源・集落の形成第2節元禄から享保のころの郷土………………
………3611、津軽一統志にみる郷土の地名・ようす/2、寛永の駒ヶ岳噴火・大津波、『
新羅之記録』より/3、松前島郷帳・松前蝦夷...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第1節 郷土の起源
1、郷土の起源・集落の形成
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
・こふい・ねたない」と呼ばれ、アイヌ集落のあるところ、船入澗がある漁場として和人
に知られていたことは津軽一統志などの資料(後述)からも明らかであり、善次郎ら相当
数の南部の人々は、昆布漁の季節になれば津軽海峡を渡...