函館市 函館市地域史料アーカイブ

キーワード検索結果

 
No 本文 刊本 見出し

1

これら山地を切って松倉(まつくら)川や汐(しおどまり)川の本・支流が流れるが、上

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第2節 函館市の地形
山岳地

2

を馬込牧場付近で見ると、基盤の凝灰岩(汐川層)の上に基盤岩に由来した凝灰岩や泥岩

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第2節 函館市の地形 鱒(ます)川面について
[鱒(ます)川面について]

3

があり、亀田川左岸では170メートル、汐川左岸では100メートル前後の高度を示し

函館市史 通説編1

赤川段丘(鈴蘭(らん)丘面と中野町面)について
[赤川段丘(鈴蘭(らん)丘面と中野町面)について]

4

では非常に異なっている。松倉川の西では汐川層を切って礫層・砂層・シルト層・粘土層

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第2節 函館市の地形 日吉町段丘について
[日吉町段丘について]

5

。また、この堆積物が一般的には松倉川と汐川にはさまれた地域に厚く、松倉川以西では

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 1 函館付近の第4紀層
洪積世

6

(1963)によると、下部から川汲層、汐川層、寒川火山噴出物層、松倉集塊岩層が堆

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 2 新第3紀層
新第3紀中新世地層

7

ると青味がかった淡緑色の凝灰岩であり、汐川層の下部にあるものと考えられたが、その

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 中新世の地層について
川汲層

8

川層は長谷川鈴木(1964)、及び鈴木長

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 中新世の地層について
川層

9

いている。松倉川下流の松倉集塊岩層は、汐川層の向斜構造の上に乗り、整合関係を示し

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 中新世の地層について
松倉集魂岩層

10

を不規則に貫いているが、亀田川のものは汐川層中に迸入しており、全般に著しく鉱化変

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 中新世の地層について
プロピライト

11

石による置換が著しくなる。粗粒玄武岩は汐川層、特に硬質頁岩・頁岩部層を貫いている

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 中新世の地層について
粗粒玄武岩

12

松倉川中流右岸の楢(なら)の木岱付近や汐川支流の温川上流左岸の丸山付近にも分布す

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 中新世の地層について
石英斑岩

13

N60°Eの方向を持ち、小岩体を成して汐川層や粗粒玄武岩を貫いている。この岩体は

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 中新世の地層について
石英粗面岩

14

ほか黒岩岬から志海苔町にかけての海岸、汐川下流右岸、黒岩岬付近から北西方向に、ト

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 中新世の地層について
黒岩安山岩

15

岩は鈴木・長谷川(1963)によると、汐川流域の亀尾町付近で汐川層を貫いている

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 中新世の地層について
かんらん石玄武岩

16

の山麓に広く分布しているもので、下位の汐川層と不整合を成している。この火山砕屑岩

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 中新世-鮮新世の地層について
峠下火山砕屑岩類

17

函館付近において最も古い地層は、汐川層と不整合を成してその下部に存在する地

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 3 中生層について
戸井層

18

、城岱沼などの湿原を含む広大な地域で、汐川の冷水川、温川の両支流および松倉川の水

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第3章 生物の分布 第2節 植物 1 森林と林床
亀田山脈南西斜面

19

1879(明治12年8月9日)大雨、山背町山くずれ、圧死3。鶴岡町水あふれ、洪水

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第4章 気象 第3節 函館の気象災害
明治以後の気象災害

20

田、尻沢辺、紫海苔(志海苔)、銭亀沢、潮(汐)、石崎の各村を含めると、戸数約7

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第5章 人口・世帯数の推移 第2節 維新前の人口・戸数の推移
古記録