函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第3節 商品流通の発達と藩政改革 3 問屋・小宿の機能
問屋の機能
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
すなわち、第1の船宿的機能とは、決して船頭の宿泊所というような単純な機能だけを指
しているのではなく、沖ノ口番所改と沖ノ口口銭の徴収および船の売買・譲渡・海難事故
・訴訟に際し、代理人・保証人となるというような機能...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第1節 安政2年の開港と異国とのつきあい 3 開港前後の諸問題と幕府の対応
箱館開港への対処
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
なるところ傍注()で示す。 掟(沖之口番所前波止場之外出入ヲ許サヽル事)一此港ニ
入船々ハ、沖の口番所前并亀田川尻波戸場の外出入を許さざる事。一所用あらハ、沖の口
番所ニ至リ申出へき事。一船中欠乏之品役人...
第五編 産業 第一章 水産業 第二節 鱈(たら)漁業 一 江戸時代の鱈漁業 (二) 椴法華の鱈漁業
椴法華産鱈の内地直送
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
て積み荷の検査を受け税を徴収されたが、漁獲地である椴法華から直接に内地へ送る場合
、箱館の問屋を通じ「沖の口番所」へ直帆願を提出し沖の口番所の許可を得て直送地への
出航を許される仕組みであった。椴法華から内地へ向け...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第7節 場所請負制の再開と箱館経済 1 場所請負制の復活
直捌制廃止の理由
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
に御座候。一当夏中御雇村上島之丞荷物のよしに陸附に相廻候処、島之丞江戸詰にもこれ
有り疑敷も相見候哉、沖ノ口番所に相改候処、右は町年寄にて御収納方元締相勤候桜庭丈
左衛門其外問屋共商い荷物反物にこれ有り候由。余程金...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第4節 箱館開港とその影響 1 欠乏物資供給の開港
取締港則
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
その案を作成して幕府に伺い、安政元年12月、次の通り決定した。 箱館港掟一此港
に入船には、沖の口番所前波止場の外、出入を許さざる事。一所用あらば、沖の口番所
至り申出ずべき事。一船中欠乏の品、役人へ申...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第2節 箱館奉行の再置と箱館 2 五稜郭と弁天台場の築造
役所・役宅の新築・移転と防備
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
する初期の方針は、従来の松前藩の箱館御役所(松前藩の箱館奉行詰役所で、箱館及び箱
館付在々の支配と箱館沖の口番所支配の拠点)、及び旧家臣役宅を増改築してそのまま利
用しようとするものであった(当時竹内は未だ在府中)...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第2節 松前藩の再生産構造と箱館港
松前三港
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
な役割を果たしていくことになった。そしてこの三港には、船舶・積荷・旅人を検断して
、規定の税を徴収する沖ノ口番所が設置された。...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第2節 松前藩の再生産構造と箱館港
沖ノ口取締
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
だけで、その他の沖改めなどは行われなかった。そのため箱館から他国に赴く船舶は、す
べて城下松前に至り、沖ノ口番所の許可を得なければならなかった。この沖改めを亀田番
所で取扱うようになったのは、享保15(1730)年...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第4節 箱館の町行政
町役所の事務
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
願する場合、並びにその代価を返納する場合は、共に皆町役所の手を経るものとする。一
租税の事務租税は大体沖ノ口番所及び地方収納役所において取立てるが、家役(1戸につき
昆布1駄から13駄半迄)四半敷(薪税で1戸につき...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第8節 ゴロウニン問題と高田屋嘉兵衛
ディアナ号箱館入港
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
ったから、予知されていたこととはいえ大変なことであった。南部藩は備頭下田将監以下
180余人をもって、沖ノ口番所・弁天倉庫地・山背泊台場・立待台場を守り、津軽藩は物
頭牧野徳一以下150余人で、当別および矢不来の台...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第8節 ゴロウニン問題と高田屋嘉兵衛
ゴロウニンの釈放
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
以上にして松前奉行は、ロシア側の謝罪を諒とし、文化10年9月26日、リコルドを沖ノ口
番所に招き、ゴロウニンら一同を引渡すとともに、通商は国法で厳しく禁じている旨をさ
とし、左記の諭書を渡し、...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第4節 箱館開港とその影響 2 貿易港としての箱館
箱館港則と港湾施設
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
事館は文久元(1861)年3月、おのおの自国居留民ならびに渡来船に対して港則を公布した
。箱館には従来沖ノ口番所があって、出入する旅人、貨物を検査し、税金を徴収していた
が、これに外国貿易事務を兼ねさせると、混雑し...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第16節 戸口及び市街の膨張
旅人役銭
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
ている。従来蝦夷地においては特別の場合を除く外は、他国からの移住を許さず、その来
るものは、ことごとく沖ノ口番所で検問し、衆人としてこれを取扱い、旅人入役銭として
、男は1貫200文、女は600文、11歳以上15歳...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第2節 箱館奉行の再置と箱館 1 箱館奉行の「預所」と諸任務
幕領初期に直面した問題
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
、彼の認識も変わり、12月9日には堀と連名で、箱館周辺の矢不来、押付、山背泊、弁天
岬、立待岬、築島、沖の口番所の各台場の増強をはじめ、役所へ車台筒数挺を備え、箱館
山上に烽火台場、遠見番所を設けることなどを老中に...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第5章 近代港湾の生成と陸上交通の整備 第1節 函館港の変遷 1 明治初年の函館港
東浜上陸所
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
がずっと強い。安政4(1857)年4月、幕府は箱館並びに箱館付近諸村から蝦夷地に赴く行商
人については沖の口番所の改めを廃止、ただ商人書付に村役人の奥印を押してもらって山
越内番所に提出することとし、また砂原、鷲木...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第四節 村々の行政 四 後松前氏時代の村役人とその職務
村役人
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
(一八二二)年松前藩は蝦夷地へ復領し、福山に町奉行所と沖の口役所、箱館および江差
にそれぞれ奉行役所と沖の口番所を設置したが、亀田諸村はこの時箱館奉行所の管轄下に
入り、主として在方掛より行政指導を受けることになっ...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第四節 村々の行政 四 後松前氏時代の村役人とその職務
名主の仕事
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
名主は村の長として箱館奉行所、沖の口番所の命令に基づいた諸検査、書類整備、書類確
認、布達の継ぎ送りなどの事務及び村人に対する法令の厳守、諸役...