函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第四節 鰮・鰊漁業 鰊漁業
鰊漁場経営
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
は森・野田追・豊浦漁場を経営した。明治中期から大正にかけて、落部・八雲地方ばかり
でなく、利尻・礼文・樺太への鰊漁場の経営に積極的に進出していった郷土の漁家が多か
った。(一)飯田屋の樺太進出明治二〇年代、樺...
第一章 歴史的概要とその特性 第五節 銭亀沢とサハリン・樺太との結び付き 二 日本領樺太における銭亀沢村出身者の活躍
中宮家の樺太進出
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
天保十二年生まれ)が行商の傍ら呉服店を開き基礎を築いた。明治二十三年から漁業にも
着手したが、ここでは樺太とのかかわりを述べる。日露戦争後、樺太の優先漁場以外は競
売にかけられたことは前にふれたが、これを機に...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第一節 昆布漁業 漁家の経済と海産商
海産商
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
金の指輪を記章としていた。海産商の店舗は、東浜町・船場町・豊川町・汐留町に多かっ
た。道内一円・千島・樺太の海産が函館港に集散し船の出入に賑わった。太平洋戦争前、
昭和一一年、函館の海産商業界案内(函館日日新...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第八節 出稼ぎ 北へ進む出稼ぎ
鰊場の歩方(ぶかた)(川汲・小板与三郎談・明治二八年生)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
。九一(くいち)を五円もらった。大金だった。出稼者昭和元二四七八尾札部村二六六二四
七九八三一五三七一樺太六六六二二三カムチャッカ一九二〇六二道内各地一八一一六五一
三臼尻村一七三管内出稼漁夫(昭和八年「北海...
[まえがき]
目次
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
…………………………74和人集落の拡大/アイヌの存在形態/海産干場利用の調整第五節
銭亀沢とサハリン・樺太との結び付き(清水恵)一明治期のサハリン島への出稼ぎ…………
…………………77ロシア人に雇われた工藤...
第一章 歴史的概要とその特性 第五節 銭亀沢とサハリン・樺太との結び付き 二 日本領樺太における銭亀沢村出身者の活躍
工藤福松と樺太
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
工藤の氏名はみあたらないが、しかし日露戦争後も積極的に漁業に参画した様子がうかが
える。明治四十年に「樺太西海岸特許漁業者大会」が真岡で開かれたが、二九名の来会者
のなかに工藤福松の名前があがっているのである...
第一章 歴史的概要とその特性 第五節 銭亀沢とサハリン・樺太との結び付き 二 日本領樺太における銭亀沢村出身者の活躍
松田家と樺太
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
先にふれた松田作蔵の子孫たちは、樺太への出稼ぎを続けていた。作蔵の息子の作太郎は
樺太西海岸で畑木仁三吉が所有する漁場で長く大船頭として...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第一節 昆布漁業 大正・昭和初期の昆布採取
昆布市場視察
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
くなると思料する。尾札部産を主とし第一に三等品を加工する。次いで二等品を用い、品
切れのところを利尻、樺太湾内、臼尻産を代用する。一等品元揃・板・昆布茶二・三等品
とろろ・おぼろ・塩・酢昆布昆布茶、塩昆布は元...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第1節 開拓使の設置 1 長官赴任
開拓使の誕生
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
官らを箱館へ派遣し、同港の貿易事務を担当させること、丸山外務大丞、岡本開拓判官、
谷本外務権大丞ほかを樺太へ赴かせることを通知している(同前)。箱館への赴任が決定し
た開拓使首脳は、8月末、開拓に関する施政方...
第一章 歴史的概要とその特性 第五節 銭亀沢とサハリン・樺太との結び付き 三 「団助沢」に住み着いたロシア人旧教徒たち
樺太のミケタ一家のこと
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
しかしこの団助沢での結婚生活もつかのまであった。というのは、ナスちゃん夫婦とその
家族が、樺太へ移住することになったからである。「聟さんの土地の樺太で暮らした方が
、シベリヤ気分がするだらう」(大...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第2節 港湾商業都市としての成長 2 明治2、30年代の商取引と有力商人の系譜
移出海産物の取引
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
05石、35万3922円、その他粕類7192石、11万1189円などである。鰊肥料の函館への移入は
樺太産が圧倒的に多い。鰊締粕では、樺太からの移入が159万円にのぼり、函館近海、
江差、稚内および網走が各...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第2節 箱館奉行及び松前奉行
ロシアの樺太・択捉侵寇
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
ロシア船が樺太を襲撃した知らせを箱館奉行が受けたのは、あたかも幕府が西蝦夷地を直
轄して間もない4月7日であった。す...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第1節 明治初期の海運事情 1 外国商船の活動
維新前後の外国船の状況
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
浜 上海 香港 長崎 横浜 横浜 長崎 横浜 香港 横浜 横浜 横浜 長崎 横浜 横浜 上海 横
樺太 長崎 アムール 北方 長崎 アムール アムール 横浜 ニコラエフスク 横浜 横浜
樺太 上海 長崎...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立 第4節 露領漁業の進展 3 漁業組織と函館資本
販売市場と経営収支
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
bsp;6厘露国納入税金530円10銭総差引不足金損失342円62銭 4厘明治35年当時『樺太
と漁業』(樺太定置漁業水産組合)より引用 表9-67では、漁船、漁具等の固定資産
を5か年間...
第三章 産業と社会そして人・地域 第五節 銭亀沢の女性 [銭亀沢の女性]
コラム(女の仕事4)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
って來る鰊を獲る爲岩内増毛一帯の地に稼ぎに出る。二三月頃になれば行李を背負った若
い人達が續々と通る。樺太方面の出稼人である。其の方面を圖で示せば次頁の通りで、凾
館から先づ大泊に着き此處から亜庭湾を二つに分...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第5節 村並から『尻岸内村』に
2、開国・蝦夷地の再直轄
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
チンがパルラダ以下四隻の軍艦を率いて長崎に来航。同年八月、長崎奉行へ国書を手渡し
、国交を求める事と、樺太、千島列島の境界画定(国境の取決め)についての交渉を幕府
へ強く要望する。さらに、同年、十月、幕府老中...
第3編 行政 第5章 現在の郷土の行政 第1節 平和条約 4、サンフランシスコ平和条約と日米安全保障条約
(2)サンフランシスコ講和会議
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
わる吉田首席全権の演説について記述したい。ソ連は北方領土問題について、日本の侵略
主義を非難攻撃し、南樺太や千島列島までが、日本の侵略を被ったごとき意味を含めて「
これらの領域に対し、我が国(ソ連)が領土権を...
第九編 通信・電力 第一章 通信 第一節 駅逓・郵便局 駅逓・郵便局の沿革
【資料三】 逓信省発行 記念絵葉書
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 下
書を、局長飯田清次郎が二四便、家族へあてて投函している。戦争が終わったとはいえ硝
煙未(いま)だ消えぬ樺太の地へ出かけた気概を知らせる証である。飯田家は沿岸屈指の漁
場主であり、このとき飯田局長は、戦後の樺太...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第1節 明治初期の海運事情 5 函館商人の海運活動
西洋形帆船の建造ブーム
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
高丸広永丸東珋丸幸甚丸喜悦丸金剛丸石川丸末広丸豊永丸地蔵丸受祐丸北瀛丸根室九大栄
丸清浄丸翁栄丸慶喜丸樺太丸浄丸日吉丸幸丸長運丸栄勢丸環運丸敦賀丸新日高丸昌盛丸亀
子丸栄昇丸文明丸様似丸明栄丸讃岐丸福栄丸釧路...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立 第4節 露領漁業の進展 1 樺太漁業とロシア政府の対応
雑領期
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
明治初年から明治8年に千島樺太交換条約が締結される時期までは、樺太は日本とロシア
両国の雑領地であった。ロシアは流刑人と軍隊を移して...