函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第5節 当時代の箱館事情
箱館の町勢
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
)年5月に再建されたといい、日々目付1人、下代3人(徒士格御先手席の者)、足軽4人が勤
務していた。「横町」沖ノ口門の四つ角から南に入る。この町は家数およそ20軒ばかりで
、髪結床、風呂屋ならびに小宿などがあ...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 2 三大区制
3区の設定
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
表1区寺町 常盤町花谷町芝居町天神町梅枝町茶屋町上新町坂町 下新町片町 弁天町代地山
上町新天神町神明横町鍛冶町三町代地駒止町山背泊町台町 代地竪通浜町大町上通会所町
上大工町下大工町尻沢辺町2区鰪澗町鰭横町...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 2 三大区制
渡島国を7大区とする企画
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
常盤町西側坂町片町船見町東側天神町2~4丁目仲新町2丁目山上町1~4丁目上新町1丁目下
新町1丁目神明横町鍛冶町元新町駒止町山背泊町台町 船見町西側天神町5、6丁目仲新町3
丁目山上町5丁目下新町2丁目会所町...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第1節 安政2年の開港と異国とのつきあい 2 黒船渡来
街の目隠し
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
様子がわかるなおこの間松前藩は、山背泊から町端の桝形に至る海岸に板塀をはりめぐら
す作業と市中町境及び横町入口に新たに塀門(木戸)を設ける作業を行っていた。これにつ
いて「箱館表風説書」(『松前箱館雑記』1、...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 1 大年寄・中年寄制
町と町に準ずるもの
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
さえも確認できないものも含まれている。 表2-21『函館区史』の「明治二年の町
」表寺町神明横町駒止町下大工町喜楽町古築島町龍神町花谷町新天神町鍛冶町尻沢辺町七
軒町地蔵町大森町梅枝町茶屋町浜町鰪澗...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第2節 市街地の機能構成 1 地価と土地生産性
地券発行と土地の私有化
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
第1区谷地頭町花谷町尻沢辺町相生町1~2 丁目山背泊町南新町赤石町駒止町青柳町相生町
3丁目芝居町神明横町台町春日町1~2丁目第2区第3区東川町鶴岡町3丁目西川町音羽町一本
木町1丁目龍神町亀若町2両3両4両...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第3節 都市基盤の整備 1 大火と街区改正
明治11、12年の大火による街区改正
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
山ノ手ヨリ大通ヲ横断シ海岸ニ至ル通路ハ幅十間以上トシ、適宜ノ場所ヲ撰ヒ二町或ハ三
町毎ニ開通シ裏通リ及横町等ハ幅六間以上トシ倶ニ直線ヲ要ス一、大通リ及山ノ手ヨリ海
岸ニ出ル両傍ノ家屋ハ石造煉化石土蔵等不燃質ノ...