函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第1節 明治初期の海運事情 5 函館商人の海運活動
西洋形帆船の建造ブーム
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
大栄丸清浄丸翁栄丸慶喜丸樺太丸浄丸日吉丸幸丸長運丸栄勢丸環運丸敦賀丸新日高丸昌盛
丸亀子丸栄昇丸文明丸様似丸明栄丸讃岐丸福栄丸釧路丸三石丸妙幸丸富内丸北開丸末広丸
天静丸新雄阿寒丸長神丸日光丸広島丸叶丸八雲丸...
第八編 交通運輸 第二章 海上運輸 第二節 定期航路 大正の海運
大正四年 函館港海運・回漕店
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 下
太・沙流・厚別・下下方・新冠行電話七一〇番・二七〇番第一日高丸門別・春立・三石・
後辺戸・ロ舞・浦河・様似行天京丸幌満・幌泉・小越・庶野・口留・廣尾・厚岸・霧多布
行第五日高丸酒田行第二高運丸樺太西海岸・宇仁...
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
6、郷土と高田屋嘉兵衛
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
歿後、天保2年(1831)5月、高田屋雇船(大阪大津屋持船といわれているが)栄徳新造(
船名)が日高の様似沖合で2隻のロシア船に遭遇、取決め通り「旗合わせ」をして通過し
たが、この事実が問題となり、密約と密貿...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第4節 前期幕府直轄下の交通 2、陸路の充実
[陸路の充実]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
た。主な道路の開削では、寛政・享和年間(1789~1803年)東蝦夷地の礼文華山道(長万
部~虻田)、様似山道(様似~幌泉)、猿留(さるる)山道(幌泉~猿留(さるる))等
の道路を開削、文化年間(1804~1...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第4節 前期幕府直轄下の交通 5、蝦夷地の馬
[蝦夷地の馬]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
)までの間に軍馬として20頭の馬を送り、その内何頭かはウス(伊達市有珠)で飼育され
、ウス、シャマニ(様似)間の駄送に使役されたという。菅江真澄の紀行文『ひろめかり
』は、銭亀沢村での昆布採りなど、この年、寛...
附録 二、戸井町史年表
三、幕領時代前期の概観
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
とし、松前藩に命じて、ロシヤの侵略に備えるための道路を開削させた。この時長万部、
礼文華(れぶんげ)、様似、猿留、釧路、厚岸等の山道が開かれたのである。道路の開削
に伴って沿道の要所々に旅人の宿泊所が設けられ...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 昆布漁業 四 大正時代の昆布漁業 (一) 昆布漁の実態
「まこんぶ」「みついしこんぶ」
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
チ簪ハ長一尺八九寸幅二寸厚五分ノ板片ニシテ一端ハ稍々細ク抜キ挿シニ便ナラシム用材
ハいたやトス投まつけ様似郡地方ニテ多ク使用ス其構造ハ略ホ四爪ノ錨ニ似テ全部鉄製ナ
リ或ハ中軸ヲ木ニテ作リ之レニ鉄製ノ爪ヲ図ノ如...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第2節 円筒式土器文化の繁栄
円筒土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
遺跡数も増加し、B式が石狩地方や勇払地方まで分布し、更に地方化して焼尻島、礼文島
、旭川、名寄、日高の様似まで広がって行く。道東北部では円筒土器に似た大形の土器が
分布しているが、これは円筒上層式の影響によっ...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第1節 東蝦夷地直轄の経緯
幕府の蝦夷地調査
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
乗り出したのである。一行は5月福山に到着すると、渡辺胤はここに留まり、大河内政寿
は東蝦夷地を巡回して様似に至り、その別動隊として配下の近藤重蔵は最上徳内を案内と
して国後・択捉までを踏査し、三橋成方は西蝦夷...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第5節 幕府の生産・流通統制
江戸交易と東回り航路の発達
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
のため幕府は早くも寛政11年、蝦夷地御用として政徳丸を交付し、凌風丸を買上げ、次い
で浦賀、大畑および様似などにおいて造船、その他高田屋嘉兵衛に命じて大坂で官船5艘
を建造、箱館にも造船所を設けて兵庫・大坂か...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第6節 高田屋嘉兵衛の勃興
択捉場所開発
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
ため兵庫に帰った嘉兵衛は、明けて寛政12年弟金兵衛とともに辰悦丸に乗り、図合船2艘
、鯨船4艘を率いて様似に来り、この地に越年中の近藤重蔵らを乗せて択捉島に向かい、
ついに択捉島に17か所の漁場を開き、原住民...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第7節 場所請負制の再開と箱館経済 1 場所請負制の復活
箱館の場所請負人
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
金六七三両永五〇文福山阿部屋伝六三石金六八一両一分箱館若狭屋庄兵衛浦河金八三〇両
二分福山万屋羽右衛門様似金四三二両一分福山万屋嘉右衛門幌泉金九八五両箱館島屋佐次
兵衛十勝金三五五両二分福山近江屋三郎次釧路金...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第7節 場所請負制の再開と箱館経済 1 場所請負制の復活
場所請負人の交替
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
六両一分永一九〇文松前阿部屋伝六三石三〇〇両箱館栖原屋寅之助浦河六六四両一分永五
〇文松前萬屋宇右衛門様似三〇四両松前萬屋嘉左衛門幌泉八〇八両箱館高田屋金兵衛十勝
一四九両箱館大坂屋卯助釧路八五〇両松前米屋孫...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第3節 高田屋の没落
ロシア船との遭遇
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
塩を送るため、大坂の伊丹屋平兵衛所有の栄徳丸という船を雇い、船頭重蔵が乗ってきた
が、たまたま風がなく様似沖で漂っていたところ、2艘のロシア船に遭い、その船から異
人がボートを出して栄徳丸に乗組み、若干の米酒...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第2節 蝦夷地再直轄と箱館奉行
箱館及び蝦夷地の警衛
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
は箱館の繁栄に大きな関係を持った。一方、蝦夷地全域の取締り、警備については、安政
3年東蝦夷地は室蘭、様似、厚岸、国後、択捉の5か所、西蝦夷地は寿都、石狩、留萌、北
蝦夷地(樺太)の4か所に、幕吏が詰合い、そ...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第14節 生活・宗教 2 宗教
神社
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
宮の拝殿を改築した。豊川稲荷社(函館八幡宮の摂社)は文久2年(一説に3年)に創立された
。東照宮は日高様似の等澍院(文化年間建立、蝦夷三官寺の1つ)に勧請されていた東照大権
現を元治元(1864)年五後郭が築...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 2 三大区制
渡島国を7大区とする企画
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
郡)1~6小区30村第22大区(日高国沙流新冠静内三石の4郡)1~7小区53村第23大区(日高国
浦河様似幌泉の3郡と十勝国広尾当縁最十勝中川河西河東上川の7郡)1~6小区51村第24大
区(釧路国白糠釧路厚...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第3章 北海道庁設立と自治制への歩み 第1節 北海道庁設置に伴う行政機構 2 函館を所管する役所
函館支庁の設置
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
虻田郡、幌別郡、勇払郡白老郡北海道庁浦河支庁日高国浦河郡浦河村浦河郡、沙流郡、新
冠郡、静内郡、三石郡様似郡、幌泉郡北海道庁釧路支庁釧路国釧路郡真砂町釧路郡、白糠
郡、足寄郡、阿寒郡、川上郡厚岸郡北海道庁河西...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第1節 国内市場と函館 1 商業港としての成長
旧制度の改廃と開拓使の流通政策
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
地諸郡には、漁場持の設定がなされず、函館と関係の深い旧東蝦夷地では、小林重吉が三
石、杉浦嘉七が浦河、様似、幌泉、伊達藤五郎が虻田、藤野猪(伊)兵衛が標津、目梨、国
後、栖原半六と伊達林右衛門が択捉、振別、紗...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第2節 港湾商業都市としての成長 2 明治2、30年代の商取引と有力商人の系譜
函館商人の系譜
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
佐野、栖原が場所請負人、井口、田中が沖の口問屋と、いずれも旧特権商人の系譜をひい
ている。杉浦が浦河、様似など、藤野が網走、斜里など、栖原が増毛、宗谷などの諸郡の
漁場持に任じられ、場所請負制期とは比較になら...