函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第1節 尖底土器の時代
貝殻文のない尖底土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
椴法華村出土の尖底土器(市立函館博物館蔵)縄文早期の後半になると貝殻文でない尖底土
器が現われる。中でも原始...
通説編第1巻 第1編 風土と自然 第3章 生物の分布 第3節 動物 1 哺乳類
エゾヒグマ
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
上磯町35213216大野町114118七飯町4312212亀田市123函館市戸井町尻岸内町2215椴法華
3115南芽部町1113511鹿部村1131212112砂原町森町82264533235八雲町30...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第1章 研究史の展望 第4節 函館考古会と同好者
函館考古会の活動
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
の資料は一括市立函館博物館に寄贈され、能登川コレクションといわれて市の文化財に指
定されたが、このうち椴法華式尖底土器は北海道指定有形文化財となり、考古学や美術関
係の図書にも紹介されるようになった。昭和7年の...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第2節 箱館奉行及び松前奉行
異国船津軽海峡に現わる
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
ところが一方、同月6日箱館の商人和賀屋宇兵衛の手船が、矢尻浜(椴法華村の内)の沖合3
、4里のところで怪しい船を見かけたとの報が15日に届けられた。こうして各地に種々の
風...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第6節 箱館近海の外国船出没
箱館近海の出没
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
その他、箱館近海から噴火湾だけにみても、天保3年7月21日、椴法華沖に現われたのをは
じめとし、同5年6月2日には津軽海峡の西に現われ、龍飛岬砲台がこれを撃退、船がそれ...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第12節 鉱業及び工業
諸鉱山の調査
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
夫ら8名を箱館に派遣し、勝右衛門らは付近の諸鉱山を調査した結果、川汲金銅山、市渡
銅鉛鉱を見込みあり、椴法華、精進川字鶴ケ沢、古部山を見込みなしとし、山相絵図およ
び分間図を添えて復命したので、川汲、市渡の2鉱...