函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
まえがき
目次
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
口絵序椴法華村長鎌田作郎村史発刊に寄せて椴法華村議会議長川口正例言第一編自然と環
境第一章地誌…………………………...
第七編 教育 第一章 学校教育 第一節 椴法華小学校の歩み 四 椴法華小学校沿革史
椴法華小学校沿革史〕
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
れる。『不学の戸なく、家に不学の人なからしめん事を期す。」明治八年十一月函館に小
学校教科伝習所開設、椴法華村辻藤藏入所する。明治十二年八月椴法華村明治十三年四月
開校の椴法華学校の教師派遣を開拓使函館支庁に請...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第10節 海上交通 4、盛況を極める海運業
[盛況を極める海運業]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
〇五〉林回漕店(函亀汽船合資会社)有川丸・汐首−瀬田来−戸井−尻岸内−根田内福嶋丸・
尻岸内−根田内−椴法華−木直−尾札部樋口回漕店新古宇丸・戸井−日浦−尻岸内−根田内−椴法
宮本回漕店観音丸・戸井−尻岸内−...
第二編 先史時代 第二章 椴法華村の遺跡と遺物 第一節 椴法華村の遺跡分布
椴法華村の遺跡分布〕
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
と存在する河川の平地部があって、平野の乏しい地域といえよう。なかでも地図を広げて
みるとわかるように、椴法華村は孤立的で、南の恵山火山が丸山(標高六九一メートル)、
海向山(標高五七〇メートル)と並んで屛風のよ...
第5編 交通・通信 第2章 郵便・電信 第4節 電信(電報・電話)の沿革 2、電話
[電話]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
“尻岸内の電話開通”の見出しで、次のような記事が載っている。かねてから架設中にあ
りし尻岸内・古武井・椴法華の三局は、いよいよ明後二十六日より通話することとなりた
るが、料金は前記三局より函館・上磯・大野・七飯...
第二章 戸井町の沿革 第六節 松浦武四郎の『蝦夷日誌』(嘉永三年)
[松浦武四郎の『蝦夷日記』(嘉永三年)]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
弘化二年八月、松浦武四郎が森村を出発して砂原、臼尻、尾札部の村々を経て、椴法華
越え、下海岸の諸村を巡視して箱館に達した時のことを『蝦夷日誌巻の五』にくわしく書
いている。この日誌...
第1編 自然 第3章 自然災害 第5節 土地災害
[土地災害]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
低地の海岸堤および恵山南東麓に沿って形成され、主に海岸道路沿いに人家が密集してい
る。活火山を共有する椴法華村と同様に、恵山火山の中腹ともいえる傾斜地に集落があり
、集中豪雨などを引き金にした泥流・土石流(どせ...
第十一編 公安 第二章 消防 第二節 戦後の消防 一 椴法華消防団
消防団と海上保安部の協定
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
昭和四十四年一月の函館海上保安部・椴法華分室長と椴法華村消防長との間に、取り交わ
された船舶消防に関する業務協定書(要約)により、消防団と海上...
第三編 椴法華発達史(明治元年から昭和30年まで) 第一章 明治時代 第三節 北海道庁設置頃の椴法華 一 伝染病の流行・水産税則
明治十九年
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
・一月十八日鱈釣船の遭難椴法華村・尻岸内村漁民合計十四名(船数不明)鱈釣のため椴法
沖へ出漁中行方不明となる。その後一月二十四日十...
第七編 教育 第一章 学校教育 第二節 椴法華中学校の歩み 二 椴法華中学校沿革史
椴法華中学校沿革史〕
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
年月日事項昭和二十二年四月一日椴法華村立椴法華中学校の設立が認可される。昭和二十
二年六月一日椴法華中学校が椴法華村立椴法華小学校に小中併...
まえがき
口絵
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
椴法華村史椴法華村民憲章(昭和五一年八月三〇日制定)わたくしたちは、世界の海をつな
ぐ太平洋と雄大なる鐘状火...
第四編 行政 第三章 明治、大正時代の行政 第二節 三県と北海道庁 四 椴法華村の二級町村制
まぼろしの恵山村
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
大正八年四月一日から椴法華村は二級町村制を施行されることになったのであるが、これ
に先だって函館支庁では、大正七年十二月には尾札...
第六編 交通・通信・灯台 第一章 陸上交通 第三節 昭和時代の交通状況 三 戦後の陸上交通
椴法華・尾札部間道路の開削
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
・戦前の開削運動椴法華村と尾札部村字木直間の海岸線道路の開削は明治以来地域住民の
悲願であったが、両村間には切り立った断崖絶...
第六編 交通・通信・灯台 第三章 港湾 第一節 江戸時代から現在まで 二 明治以後の椴法華
椴法華港着工とその後
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
こうして村民からの陳情は道庁の認めるところとなり、昭和七年実地調査のうえ元椴法華
(現在の元村)に船入澗が建設されることになった。当時の新聞はこの時の様子を次のよう
に報じている。昭和...
第3編 行政 第2章 明治・大正時代の行政 第1節 箱館裁判所から開拓使まで 4、戸籍法と大小区画制の施行
[戸籍法と大小区画制の施行]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
木古内村・瓜谷村(以上、1大区3小区17村)茅部郡6大区1小区小安村・戸井村・尻岸内村
・尾札部村支郷椴法華 2小区尾札部村・臼尻村・熊泊村・鹿部村・砂原村・掛澗村&
nbsp;3小区尾白内村・森村・...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第7節 明治・大正期の交通 4、明治初期の尻岸内村から近村への道
戸籍編成法施行(明治6年9月)による道路開削
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
拓使事業報告・第二編』には、その法施行後、初の道路行政の記録が記されている。「明
治八年三月、尻岸内、椴法華両村、人民醵金ヲ以テ両村間三里二十三町三十間ノ山道ヲ修
理ス」この工事の、〈費用〉は全額尻岸内・椴法華...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第8節 昭和前期の交通状況 1、下海岸道路の状況
古武井・椴法華間開通(昭和8年3月)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
大正10年2月16日「湯川・椴法華間道路開削改修期成同盟」の結成・発会式、以降の住民
代表・議員・首長らの請願活動、とりわけ厳しい財政か...
第三編 椴法華発達史(明治元年から昭和30年まで) 第一章 明治時代 第一節 文明開化の椴法華村 三 村の独立・郡村組替要求
明治十三年
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
・一月一日亀田・上磯・郡役所亀田村開設茅部・山越・郡役所森村開設・一月一日椴法華
村戸長役場開設。明治十二年十二月三十一日大小区画制が廃止され、代わって十三年一月
一日より北海道各地に...
第四編 行政 第四章 昭和時代の行政 第二節 新しい行政体制 二 椴法華村の再出発
町村合併問題の発生
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
分の一に減少させることを目的としていたのである。このような政府の方針に基き昭和二
十九年一月ころより、椴法華・尻岸内・戸井の三村合併の方針が道庁から打ち出され、本
村においてもこれ以後合併問題が熱心に論議される...
第二編 先史時代 第二章 椴法華村の遺跡と遺物 第七節 山間地帯の遺跡
オンコの木沢遺跡
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
遺跡が埋蔵していることも考えられるが、植林、雑木林、原野であることから調査ができ
なかった。記録にない椴法華村の歴史は、海岸から山地と他地域ではあまり類例がない遺
跡分布と各時代にわたっている。弥生時代に相当す...