函館市 函館市地域史料アーカイブ

キーワード検索結果

 
No 本文 刊本 見出し

1

亀田市123函館市戸井町尻岸内町2215椴法華村3115南芽部町1113511鹿部村1

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第1編 風土と自然 第3章 生物の分布 第3節 動物 1 哺乳類
エゾヒグマ

2

われて市の文化財に指定されたが、このうち椴法華式尖底土器は北海道指定有形文化財となり、

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第2編 先史時代 第1章 研究史の展望 第4節 函館考古会と同好者
函館考古会の活動

3

椴法華村出土の尖底土器(市立函館博物館蔵)縄文

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第1節 尖底土器の時代
貝殻文のない尖底土器

4

箱館の商人和賀屋宇兵衛の手船が、矢尻浜(椴法華村の内)の沖合3、4里のところで怪しい船

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第2節 箱館奉行及び松前奉行
異国船津軽海峡に現わる

5

噴火湾だけにみても、天保3年7月21日、椴法華沖に現われたのをはじめとし、同5年6月2

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第6節 箱館近海の外国船出没
箱館近海の出没

6

果、川汲金銅山、市渡銅鉛鉱を見込みあり、椴法華、精進川字鶴ケ沢、古部山を見込みなしとし

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第12節 鉱業及び工業
諸鉱山の調査

7

函館警察署尻岸内分署亀田郡尻岸内村尻岸内椴法華戸井小安18.9.28江差警察署奥尻分署

函館市史 通説編2

第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第2節 統治機関の創設と通信網の近代化 1 警察
函館県警察の発足

8

1小区2小区3小区小安村 戸井村尻岸内村椴法華村熊泊村尾礼辺村臼尻村鹿部村砂原村掛澗村

函館市史 通説編2

第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 2 三大区制
渡島国を7大区とする企画

9

に亀田郡に編入される子安、戸井、尻岸内、椴法華の4村が茅部郡に属して、この郡役所所管と

函館市史 通説編2

第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第4節 函館区会開設 1 函館区役所の設置
戸長役場の設置

10

3号をもって亀田警察署内に銭亀沢、戸井、椴法華、七飯、茂辺地、知内の分署が増設され、函

函館市史 通説編2

第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第3章 北海道庁設立と自治制への歩み 第1節 北海道庁設置に伴う行政機構 3 警察事務の所管
郡区長兼警察署長

11

川上湯川根崎銭亀沢志苔石崎小安戸井尻岸内椴法華戸数9,4076431,0125 5

函館市史 通説編2

第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立 第3節 函館における明治期の漁業 1 漁業生産の推移と漁業組合の結成
漁業生産の推移

12

志苔村銭亀沢村石崎村小安村戸井村尻岸内村椴法華村亀尾村鍛冶村神山村赤川村石川村桔梗村大

函館市史 亀田市編

[亀田市編] 第三章 明治の新風 第七節 諸機関と社会事業の発展 一 警察の設置と巡査派出所
亀田巡査派出所の設置

13

の一部および銭亀沢村、戸井村、尻岸内村、椴法華村の六か市村計四八二平方キロメートルであ

函館市史 亀田市編

[亀田市編] 第四章 都市近郊農村の歩み 第九節 戦争の影響 二 戸井線
線路図

14

た。被害町村も前記二村のほかに尻岸内村、椴法華村、尾札部村、七飯村、森町、砂原村などに

函館市史 亀田市編

[亀田市編] 第四章 都市近郊農村の歩み 第一一節 消防 一 消防の沿革
駒ケ岳噴火救援

15

孝天理教香稜分教会所在地桔梗町三一六番地椴法華村から四十三年十月移転開設代表者高橋保天

函館市史 亀田市編

[亀田市編] 第五章 農地解放と農村の変容 第一二節 宗教 四 教会
教派神道

16

七日鹿部泊り、八日臼尻休、尾札部泊、九日椴法華休、同日尻岸内泊り、十日戸井休、石崎村泊

函館市史 亀田市編

史料 天保九戌正月吉日 御用書留 鍛冶邑 名主所
[六月]

17

(以上現戸井町)、尻岸内村(現恵山町)、椴法華(現椴法華村)2熊泊村、尾札部村、臼尻村

函館市史 銭亀沢編

第一章 歴史的概要とその特性 第一節 銭亀沢の歴史的概要 二 近代以降の銭亀沢
大小区画割制から郡区町村制

18

東海岸においても、北海道庁により函館から椴法華までを三期に分けて開削する計画がなされ、

函館市史 銭亀沢編

第一章 歴史的概要とその特性 第六節 未完の戸井線と下海岸の陸上交通 二 大正期の道路事情と自動車交通の発達
明治末から大正初めの道路事情

19

目的として、湯川、銭亀沢、戸井、尻岸内、椴法華五村有志による亀田郡道路改修期成同盟会が

函館市史 銭亀沢編

第一章 歴史的概要とその特性 第六節 未完の戸井線と下海岸の陸上交通 二 大正期の道路事情と自動車交通の発達
黎明期の自動車

20

昭和九年七月一日、湯川、銭亀沢、尻岸内、椴法華、戸井の五村長主催により戸井村日進小学校

函館市史 銭亀沢編

第一章 歴史的概要とその特性 第六節 未完の戸井線と下海岸の陸上交通 四 昭和初期における地方鉄道敷設計画と釜谷鉄道
釜谷鉄道をめぐる動き