函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 産業と社会そして人・地域 第一節 銭亀沢の漁業・漁村構造の変容過程 一 明治期の漁業生産と経済構造
昆布採取業者
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
は次のように書いている。「昆布採収ヲ業トスルモノニ二種アリ一ヲ専業者トシ一ヲ兼業
者トス専業者ハ重モニ根室、釧路、日高地方ノ小営業者ニシテ…兼業者ニ二種アリ則一ヲ
鰊鮭鰛等ノ大漁民トシテ一ヲ雑漁業ヲ営ミ若クハ...
第二章 自然環境と地域との相互連関 第一節 銭亀沢をめぐる函館周辺の地形環境 四 「銭亀沢火砕流」の噴出とその前後(氷期)の気候環境
銭亀沢の化石周氷河現象
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
を毎年繰り返すと、波打ちは一層大きくなって、巻き波のような現象が生ずることもある
。氷期最盛期の道北や根室地方のようにもっと厳しい環境、すなわち年平均気温がマイナ
ス三度以下で、不連続的な永久凍土が作られる場...
第二章 自然環境と地域との相互連関 第二節 銭亀沢の気象 二 銭亀沢の気象災害
〈昭和四十年一月八、九日の暴風雨雪・高波〉
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
本州を挟む形で進んだ低気圧が根室沖で一つにまとまり、九六二ヘクトパスカルまで発達
した(図2・2・16)。北海道各地は八日朝から十日に...
第三章 産業と社会そして人・地域 第一節 銭亀沢の漁業・漁村構造の変容過程 二 大正・昭和期の漁業生産と経済構造
[大正・昭和期の漁業生産と経済構造]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
力漁船は急速に増加して、大正七年の増加率は全国水準を凌駕するようになった。道内の
漁船の動力化は、まず根室地区の蟹(かに)刺網漁業に始まり、次いで後志地区(小樽、高
島)、渡島地区(函館)の手繰網漁業に波及し...
第三章 産業と社会そして人・地域 第一節 銭亀沢の漁業・漁村構造の変容過程 四 銭亀沢地区の出稼ぎ
戦後の出稼ぎ
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
水産加工の出稼ぎが三五七件に増加していることである。この水産加工の出稼ぎは、主に
婦女子によるもので、根室、釧路、網走地方の水産缶詰、その他水産加工場への出稼ぎで
、その期間は三月から十月であった。表示したそ...
第三章 産業と社会そして人・地域 第五節 銭亀沢の女性 [銭亀沢の女性]
出稼ぎ家庭を守る
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
シン漁、五月から七月は北洋漁業へ、八月から十二月には前浜でのイカつりのため家に戻
ることも多かったが、根室の北洋船団に乗ると、十二月までは戻ってこないこともあった
という。また一月から三月までは船をおりるが、...