函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
[亀田市編] 第三章 明治の新風 第二節 行政の発達 一 明治初期行政の変革
相次ぐ改廃
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
れ東京出張所と改称され、函館出張所が本庁となった。翌明治四年五月、札幌に開拓使本
庁が設置され、函館、根室には出張開拓使庁が置かれることになった。更に明治五年札幌
開拓使庁は札幌本庁と改められ、函館以下一五支...
[亀田市編] 第三章 明治の新風 第三節 農業・牧畜・林業の発達 五 桔梗野牧羊場
牧羊場開設と飼養状況
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
受入れの場として七重試験場および札幌官園を充て、明治九年には専門の桔梗野牧羊場、
札幌牧羊場を設置し、根室勧業場でも牧羊を行う計画であった。このような経過の中で、
桔梗野牧羊場を開設するに当り、明治八年亀田郡...
[亀田市編] 第三章 明治の新風 第七節 諸機関と社会事業の発展 一 警察の設置と巡査派出所
亀田巡査派出所の設置
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
明治十五年二月八日開拓使が廃止となり、函館・札幌・根室の三県が置かれ、これに伴い
同年三月十一日函館県警察本部が開設された。一方、亀田地区においては明治十四...
[亀田市編] 第三章 明治の新風 第七節 諸機関と社会事業の発展 二 消防組の設置
明治初期の消防制度
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
度がどのような変革をして行ったかは明らかではないが、明治十五年二月八日開拓使が廃
止され、札幌・函館・根室の三県が置かれることになり、三月函館県が開庁されると同時
に函館県警察本部が設置され、従来開拓使の機構...
[亀田市編] 第四章 都市近郊農村の歩み 第二節 農業 一〇 亀田のいも
全道栽培の品種
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
まり、北海道農事試験場支場長及び農事試作場主任協議会で、男爵薯は渡島地方に、メー
クインは渡島、釧路、根室地方に奨励栽培すると決定したわけである。奨励以後、男爵薯
は渡島地方から後志、桧山、釧路地方へと全道に...
[亀田市編] 第四章 都市近郊農村の歩み 第四節 林業 二 桔梗奨励苗圃(現北海道立林業試験場道南支場)
造林奨励策
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
道各支庁毎に林務係を置き、専門技術者を配置して本格的に林業の指導奨励に当らしめる
事となり、各支庁に(根室、宗谷の両支庁を除く)苗圃五町歩を設け、本道の特有樹種(
トドマツ、エゾマツ、カバ、カツラ、ホウノキ、...