函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第11章 函館における宗教世界の諸相 第2節 北海道開拓と寺社 1 寺院にみる北海道開拓=開教の論理
北海道における近代寺院の造立と函館
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
している。しかも特徴的なことは、この先発地の函館・松前の寺院が本寺となって末寺を
造立する地域が釧路や根室という沿岸部に集中している点である。これに、小樽・有珠の
寺院の末寺形成先をつけ加えるなら、近代寺院の...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第七節 博覧会
水産博覧会
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
名一覧(内北海道関係分○南茅部町関係)賞所属県出品・受賞者出品内容一等賞勝敗一個
並金五〇円二人内二人根室藤野喜兵衛塩鮭塩鱒鯡搾粕漁具函館栖原小右衛門北海漁業二等
賞賞牌一個並金二〇円一五人内三人根室柳田藤吉...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第5節 北方情勢とロシア使節の来航
ロシア使節の来航
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
エカテリーナ二世の命を受け、シベリア総督の書簡を携え、わが国の漂流民光太夫・磯吉
・小市の3人を連れて根室へ来たのは、寛政4年9月であった。ラックスマンは、当時運上
屋に駐在した藩吏熊谷留太郎を訪問し、来航の...
第3編 行政 第2章 明治・大正時代の行政 第2節 3県と北海道庁の開設 4、北海道庁の設置
新たに設けられた19の支庁 明治30年(1897年)10月
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
路・白糠・足寄・阿寒・川上・厚岸河西支庁十勝国河西郡下帯広村河西・河東・上川・十
勝・中川・広尾・当縁根室支庁根室根室郡常盤町根室・花咲・野付・標津・目梨・国後
・色丹・得撫・新知占守紗那支庁千島国紗那郡紗...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第3節 地場海運の勃興と二大海運資本の競合 2 三菱・共同の競争激化
北海道関係の航路
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
を務めた回漕問屋の宮路助三郎が副支配人(同人は7月に東京支社に転任)となった。北海
道運輸会社の小樽、根室支店は函館と同様に共同運輸会社の支店へと移行した。なお、2
月20日に旧北海道運輸会社の株主配当を主と...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第3章 北海道庁設立と自治制への歩み 第1節 北海道庁設置に伴う行政機構 2 函館を所管する役所
函館支庁の設置
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
海道庁河西支庁十勝国河西郡下帯広村河西郡、河東郡、十勝国上川郡、中川郡十勝郡、当
縁郡、広尾郡北海道庁根室支庁根室根室郡常盤町根室郡、花咲郡、野付郡、標津郡、目
梨郡国後郡、色丹郡、得撫郡、新知郡、占守郡北...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第1節 国内市場と函館 2 デフレ下の函館経済界
北海道共同商会の設立
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
にふさわしい分散性を示していた。株主の所在地は、函館が圧倒的に多いが、道内の福山
、江差、小樽、厚岸、根室などから、道外の四日市、東京、青森や北前船の古里である加
賀国江沼郡の諸村、等々におよんでいる。明治1...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第4節 汽船主導の海運界 1 日本郵船による海運網の拡充
政府命令航路の道庁移管
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
処理することに閣議で決定され、予算外国庫の負担(航路補助費の支出)により33年10月か
ら5か年函館・根室線、根室・紗那線、根室・網走線、小樽・稚内線の4路線を日本郵船に
命令した。これで道内の航路は北海道庁...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第10節 海上交通 3、開拓使・明治政府の海運政策
開拓使の北海道経営と海運
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
、明治10年(1877)の西南の役では独力で軍事輸送を行い政府の信頼を厚くし、翌11年9
月には函館・根室間に定期航路を開き実績を上げる。そして、明治12年(1879)7月には
、官営の『函館・青森航路』の運...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第3章 北海道庁設立と自治制への歩み 第1節 北海道庁設置に伴う行政機構 1 3県から1庁制へ
北海道庁の設置
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
制は、近代的官僚制度確立への第一歩であった。明治15年2月に開拓使が廃止され、地方
行政は函館、札幌、根室の3県が分担し、主な開拓事業は農商務省所管の北海道事業管理
局が統括する体制に移行していた北海道も、こ...
第3編 行政 第2章 明治・大正時代の行政 第2節 3県と北海道庁の開設 2、3県(札幌・函館・根室)の設置
[3県(札幌・函館・根室)の設置]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
政府は、明治15年(1882年)2月8日「…開拓使ヲ廃止シテ函館、札幌、根室ノ三県ヲ設置
…」の太政官布告8号により、開拓使管轄の北海道を分割し、函館・札幌・根室の3つの県
を設置...
第五編 行政 第一章 村政のはじめ 第三節 戸長役場 戸長役場設置
町村制度の沿革
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
東京出張所と改称四年四月亀田郡上磯郡・茅部郡三郡所属の村落五七を定める五月札幌に
関拓使庁をおき、函館根室の各開拓使出張所をそれぞれ出張開拓使庁と改称五年三月二八
日函館出張開拓使庁、大年寄・中年寄・町代を廃...
第3編 行政 第2章 明治・大正時代の行政 第2節 3県と北海道庁の開設 4、北海道庁の設置
[北海道庁の設置]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
挙グルガ為ニ、従前置ク所ノ各庁分治ノ制ヲ改ムルノ必要ヲ見ル。因ッテ左ノ如ク制定ス
ル。第一函館・札幌・根室三県並北海道事業監理局ヲ廃シ、更ニ北海道庁ヲ置キ、全道ノ
施設並集治監及屯田兵開墾授産ノ事務ヲ統理セシ...
第七編 産業 第四章 商工業 第二節 鱈肝油製造 官業工場
〔官業工場〕
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 下
具製造所・製革場・製綱所・製糸所 9年札幌度量衡三器・鉄物製造所・葡萄酒醸造
所・麦酒醸造所根室鮭燻製所10年札幌醬油醸造所・味噌製造所・罐詰製造所(石狩)・機織
場函館水車場・鱈肝油製造所根室昆布...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第1節 国内市場と函館 1 商業港としての成長
移出入品の内容
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
は東海岸茅部、静内で多く産出した。昆布は、東海岸各地に産出するが、好品位の昆布は
、日高、十勝、釧路、根室産である。鮭は全道各地で産出をみ、最良品は根室の西別、お
よびその付近で産出した。鮑は西海岸の渡島、後...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第2節 三菱会社の北方進出 2 海運独占への道
道内航路への進出
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
は、北海道内航路の貨客運賃を定め、本格的に道内航路へも進出することになった。この
時点での航路は函館-根室、函館-厚岸、函館-寿都、函館-江差、函館-小樽、厚岸-
根室、江差-寿都の7路線であった。11年の「...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第3節 地場海運の勃興と二大海運資本の競合 2 三菱・共同の競争激化
共同運輸の体制が整う
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
関係が生じてきた。今17年中の共同運輸の北海道関係の路線をみると次のとおりである。
横浜~函館~小樽~根室、横浜~函館~青森~舟川~土崎~新潟、横浜~函館~小樽~舟
川~酒田、横浜~函館~寿都~小樽、横浜~紋...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第4節 汽船主導の海運界 1 日本郵船による海運網の拡充
日本郵船の創業と命令航路の開始
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
由の神戸便は後に小樽が地位上昇した要因のひとつとなっていった。つぎに函館と道内各
地との路線は・函館-根室線松前丸(604トン)汽船1艘を配置。航海回数は不定、この路線
は浜中、厚岸、釧路に寄港する場合もあっ...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第8章 金融界の近代化と整備・発展 第1節 金融機関の創設 7 インフレ・デフレ下の諸銀行
山田銀行の進出
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
商タイプの企業家として活躍した。金融機関に関係したのは、東京第四十四国立銀行(支
店函館・札幌・小樽・根室)の支配人となってからである。頭取は岩橋轍輔で、山田は営
業を一任され、同行の資金を自身および北海道の...
第3編 行政 第2章 明治・大正時代の行政 第1節 箱館裁判所から開拓使まで 3、開拓使の設置
[開拓使の設置]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
1869年、明治2年6月、政府は、鍋島直正中納言(鍋島は佐賀藩主時代から蝦夷地には特別
な関心を持ち、根室・釧路の物産を扱ったり、家臣島義勇を蝦夷地に派遣し調査をさせて
いた)を、開拓督務に任命、太政官(内閣...