函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第13節 教育・学芸・衛生 3 衛生
箱館医学所(兼病院)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
とか「医学所兼病院」とするものもある。匏庵の案で5人の頭取(下山仙庵・田沢春堂・深
瀬洋春・永井玄栄・柏倉忠粛)が選ばれ、その下に7人の世話役(高木敬策・米内栄健その
他)が置かれた。施療の方は輪番で日直を定め、...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第13節 教育・学芸・衛生 3 衛生
医師
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
仕方人別帳』には、7戸の医師がいたことが記録されているが、その氏名はわからない。
そのほか弘化年中には柏倉忠粛も箱館に来て開業している。町医師に対して官雇医師もい
たが、文化年間にはその1人として、下総銚子の人で...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第13節 教育・学芸・衛生 3 衛生
御雇医師
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
幕府再直轄時代の御雇医師としては、田沢春堂、塩田順庵、下山仙庵、柏倉忠粛などの名
が見られる。春堂は南部佐井の人で、江戸の吉田長淑の門に入って西洋医術を修め、高野
長英と同門で...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第12章 医療機関の設置と衛生 第1節 病院の開設とその機能 1 函館病院の開設と役割
ロシア病院と医学所の設立
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
200坪以上の建物であった。組織としては「頭取」という名称で下山仙庵、田沢春堂、深
瀬洋春、永井玄栄、柏倉忠粛を代表者として擁し、その下に準世話役として7名の者を配
した。そして順番に交代で患者の診療にあたったの...