函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第5節 村並から『尻岸内村』に
2、開国・蝦夷地の再直轄
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
周囲5乃至6里(20~24キロメートル)を返上させ、再び箱館奉行を設置。同年9月には、
目付の堀利煕、村垣範正に蝦夷地視察(樺太を含むロシアの進出状況)を命じた。幕府は
、堀・村垣の復命書(蝦夷地処分に関する上申...
第4編 産業 第3章 鉱業 ◇第3章 鉱業 資料(左横) <鉱業資料>
①松前地古武井熔鉱炉の研究並びに考証年表
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
594両1分ヨこれは、安政3、4年両年分で、安政5年(1858)3月14日現在高であり、8月26
日の村垣範正らが4か月余りの廻浦を終わって、箱館へ帰ってから3日目までの公務日記に
よれば、安政5年度分の支出は3...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第2節 蝦夷地再直轄と箱館奉行
奉行の増員
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
行は前述のごとく当初は2人で、江戸と箱館とに交互に在勤したが、安政3年7月28日、更
に1名を増員し、村垣範正をこれに補し、淡路守に任じそして1人は江戸にあり、1人は箱
館に在勤、1人は蝦夷地を巡回させることにし...
第4編 産業 第3章 鉱業 第2節 鉱業のあゆみ−砂鉄 2、古武井溶鉱炉と女那川煉瓦製造所
(1)箱館奉行所とその陣容
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
堀利煕(ほりとしひろ)の2人が江戸と箱館に交互在勤したが、安政3年(1856年)7月に
は1名を増員し村垣範正を任命、1人は江戸に1人は箱館に在勤、他の1人は蝦夷地を巡回指
導監督に当たることとなった。これが、2...
第4編 産業 第3章 鉱業 ◇第3章 鉱業 資料(左横) <鉱業資料>
②古武井熔鉱炉に関する研究 幕末期蝦夷地開拓と外国技術
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
地方は元来砂鉄が豊富で、古くから砂鉄の精錬が行われていた(1)。安政元年蝦夷地の
調査に赴いた堀利煕・村垣範正等がこの豊富な砂鉄に着目し、これを蝦夷地の経営と開拓
の用に資すべく、熔鉱炉・反射炉の建設を提唱してい...
第三編 郷土への渡海 第一章 蝦夷地 第四節 史書に記された郷土(その二) 入北記
[入北記]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
助織部号有梅・梅花山人。嘉永六(一八五三)年、目付となり、北辺防衛に参画した。安政
元(一八五五)年、村垣範正とともに蝦夷地を巡検した。このとき蝦夷地警衛と夷人撫育の
要をしたためた復命書を幕府に提出した。この説...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第1節 箱館開港の経緯 2 ペリーの箱館来航
旗艦ポーハタン号の入港
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
来るだけ回避する意図から出たものであろう。なお、蝦夷地検分のため北上中であった目
付堀利熙、勘定吟味役村垣範正が、松前藩の依頼によりペリー応接のため、属僚安間純之
進、平山謙次郎らを派遣し、安間らが箱館に着いたの...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第1節 箱館開港の経緯 2 ペリーの箱館来航
幕吏の来箱
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
」(『亜国来使記』)と、その苦心の程をしたためている。折から、前述したように、目付
掘利熙、勘定吟味役村垣範正が、蝦夷地検分のため対岸の三厩まで来ていたので、松前藩
では使を遣わして事情を訴えた。堀らの任務は蝦夷...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第2節 蝦夷地再直轄と箱館奉行
箱館付近の上知
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
た。そこで幕府は当然起こる国境談判を有利に実地で決めるため(前述蝦夷地見分)、目付
堀利煕、勘定吟味役村垣範正を派遣したが、両者が着いた時はロシア兵がすでに退去した
後なので、その実情並びに松前、蝦夷地を調査して...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第6節 開港と流通構造の変化 2 貿易商人の成長と沖ノ口の対応
貿易船の海外派遣
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
の航海の訓練をも行わせようと計画したことである。安政6年2月次の案を議定し、6月、
時の奉行、堀利熙、村垣範正、竹内保徳、津田正路が連署して幕府に申請した。 支
配向き外国へ差遣し候儀相伺(前略)居交易...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第12節 鉱業及び工業
造船
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
堅牢で速力もまた早く、「暴風雨等も乗廻し候処、堅牢の造船、別して心得方にも相成り
申し候」と、堀利熙は村垣範正に書き送っている。同5年また同型の船を造り、6年10月に
出来あがり亀田丸と名付け、竹内保徳がこれに乗...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第3節 開港と箱館の産業・経済 1 箱館奉行の経済政策-旧制との相剋
場所請負制、沖之口制の継続
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
なことであった。安政元(1854)年5月から閏7月にかけて蝦夷地、北蝦夷地をまわって調査
した堀利煕、村垣範正の報告などを通して具体的な扱いが決まってくるが、問題を指摘し
つつも旧制を維持、継続して行くことになっ...
第4編 産業 第3章 鉱業 第2節 鉱業のあゆみ−砂鉄 [鉱業のあゆみ−砂鉄]
[鉱業のあゆみ−砂鉄]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
て、実際に「タタラ吹き」を着業した人がいた。1854年(安政元)か1855年(安政2)頃
か(箱館奉行村垣範正の公務日記、安政4年3月21日にその存在が記録されている)箱館の
大町の職人(山カセ印)松右衛門という...
第4編 産業 第3章 鉱業 第2節 鉱業のあゆみ−砂鉄 1、五稜郭と古武井溶鉱炉
[五稜郭と古武井熔鉱炉]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
同じ、1854年(安政元)には、蝦夷地巡視(後の箱館奉行)を命ぜられた堀利煕(ほりと
しひろ)、村垣範正(むらがきのりまさ)がこの豊富な砂鉄に目を着け、「熔鉱炉・反射
炉」の建設を提唱している。これは、洋式...
第4編 産業 第3章 鉱業 第2節 鉱業のあゆみ−砂鉄 2、古武井溶鉱炉と女那川煉瓦製造所
(4)古武井高炉と一連の施設
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
場所の実情を論評したもので、当時を知る重要な文献である。万延元年(1860)に新見豊
前守(外国奉行)村垣範正ら遣米使節に随行しアメリカに渡り『航米目録』を残している
。戊辰戦争では、奥羽列藩同盟の軍事局副頭取と...
第4編 産業 第3章 鉱業 ◇第3章 鉱業 資料(左横) <鉱業資料>
③幕末蝦夷地の洋式製鉄(金属・1968年9月1日号) 技術のふるさと:古武井の高炉
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
ことも見逃せない。第1の点は、安政元年3月(1854)、命を受けて蝦夷地、樺太の調査に
赴いた堀利煕、村垣範正の両幕臣による報告の中に、すでに次ぎのような建議になってあ
らわれている。それは、溶鉱炉・反射炉を設け...
第四編 行政 第二章 江戸時代の行政 第四節 後幕領時代 一 箱館の開港
幕府の再支配
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
箱館奉行、のち外国奉行兼務、万延元年(一八六〇)プロシヤ条約問題で老中安藤対馬守と
対立し切腹する。・村垣範正安政元年勘定吟味役、安政三年(一八五六)箱館奉行、同四年
から外国奉行を兼任、更に同六年から勘定奉行を...