函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
4、江戸時代の
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
かにおいて、収獲量の多いこと、あるいは価格の高いことから、六ケ場所・郷土の漁業の
主体はなんといってもにあった。また、六ケ場所のは常に高い品質をほこっても
きた。そして、それは現在でも変わりはない。...
第八章 産業 第一節 水産業 一、
[漁]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
1、戸井と戸井は開村以来、水産業をもって発展して来た地域であるがブリ、マグロ
、タラ、イワシ、イカ等は、豊凶盛...
第4編 産業 第2章 漁業 第2節 明治・大正時代の漁業
3、明治前期の漁について
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
はいうまでもなく郷土の最も重要な収獲物である。しかも、鰯漁のように大豊漁であ
っても投機的な網漁にた...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第一節 漁業 天保の元揃
徳田屋和兵衛と小板屋久兵衛
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
政四年(一八二一)、内澗町の八幡坂下に徳田屋を開業したと二代目の略伝に記している。
文化文政の頃、元揃の粗製が繰り返されたので、大坂へ向かう船頭の不信をかい、価
格が暴落した。天保五年(一八三四)、和兵...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第一節 漁業 史書と
松前
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
延宝年間(一六七三)、長崎会所は、清国向の輸出品目にを加えたという。以来、
は重要な輸出品となり、六箇場所の出稼ぎが増加してくる。元禄年間に、...
第六編 漁業 第二章 漁業組合 第六節 新しい漁業協同組合
漁業協同組合のあゆみ
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
昭和24・ 2水産業協同組合法の公施行にともない臼尻村漁業会が改組されて大船
・臼尻・安浦の三漁業協同組合がそれぞれ設立され、新しい漁業...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 漁業 三 明治時代の漁業 (一) 漁業のあらまし
明治二十年代の漁業
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
北海道水産全書全高雄北軒(明治二十六年刊)を要約して当時の漁業について記す。・
主なと形狀元多少厚薄長短ニ差アリト雖モ槪ネ巾三四寸ヨリ尺餘ニ至リ長サ六...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第4節 貿易通商圏の拡大 2 日本会社の設立
日本会社開業後の取引
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
明治22年5月、前述した会社と連合組合との契約要領に基づき、最初の値決め協議が
行われた。例年、が収穫され、現物が函館市...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 漁業 四 大正時代の漁業 (一) 漁の実態
「まこんぶ」「みついしこんぶ」
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
森濱ヨリ亀田郡小安村ニ至ルノ間最モ多ク海深三四尋乃至二十四五尋ニ達スル岩盤又は石
礫ノ地ニ繁生ス左ニ眞場各地ノ状況概要ヲ叙述セン。亀田水産組合部内椴法華ヨリ西
汐首岬ニ至ルノ間ハ槪ネ岩盤ニシテ間々「ゴロ...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第一節 漁業 大正・昭和初期の採取
市場視察
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
昭和七年六月、尾札部漁業組合書記平田清太郎が、の販路状況を視察のため東京から
京都、大阪、下関、鹿児島へと出張している。このときの報告書に拠り、視...
第二章 戸井町の沿革 第六節 松浦武四郎の『蝦夷日誌』(嘉永三年)
[松浦武四郎の『蝦夷日記』(嘉永三年)]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
四十間是までは海岸で、道のない所は野を廻りなどして馬で行けるが、これから先へは馬
は行けない。産物鱈、、鰊、数の子、鰮、鰤、アブラコ、ホッケ、ヒラメ、ナマコ、
椎茸、カスペ、鱒、その他海草類が大いそう多...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第6節 開港と流通構造の変化 1 貿易開始とその経過
輸出品及びその金額の推移
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
東南アジアの重量単位) 品目数量価格価格百分率鯣8,333ピクルドル41,053.94%47.566
380束232,900ピクル30,091.3034.864魚油2,205樽7,593.838.7...
まえがき
目次
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
立ちと人類第二章椴法華村の遺跡と遺物…………………………………………………44第一
節椴法華村の遺跡分……………………………………………………44第二節椴法華村の尖
底土器…………………………………………...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 漁業 三 明治時代の漁業 (二) 椴法華と近村の漁業
明治初期椴法華村の
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
明治九年十一月に開拓使に提出された資料に基づき作成された「取獲高調、茅部郡椴
法華村」(北海道蔵)によれば、明治五年から明治九年までのの個人収穫高について...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第4節 貿易通商圏の拡大 2 日本会社の設立
直立会議における会社と組合側の対立
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
このようにして日本会社の営業においても成功を収め、23年4月の第1回株主総会に提
出された「第一期実際報告」には、当期...
第六編 漁業 第二章 漁業組合 第一節 漁業組合の創立
漁業申合規則の概要
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
得るという公開漁業をしている。二三條雑魚漁操業で他人のしかけた漁具とその魚の妨害
を禁じている。第五章などの採藻のとりきめをしている。二九條によれば、捕魚採藻
のうち海苔・煎海鼠(なまこ)(海鼠...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第一節 漁業 幕末のの景況
弘化の場 蝦夷日誌
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
弘化二年(一八四五)、松浦武四郎は、森より砂原をすぎ、沼尻から鹿部を記すあたりから
取小屋有(こんぶとりごやあり)」という事項が目立つ。沼尻此辺転太浜(ごろたは
ま)。左右に取小屋...
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
3、幕府直轄以降の箱館六ケ場所
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
から『箱館六ケ場所の村並化は1800年、寛政12年に決定し、翌年、1801年、享和元年に、
いわゆる公・施行』されたものと推定される。1804年(文化元)『休明光記』に見る六
ヶ場所文化4年、松前奉行、羽...
第二章 戸井町の沿革 第四節 戸井と近隣の変遷
[戸井と近隣の変遷]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
け一、おさつへ狄おとな(○○○)アイツライン持分、家二、三軒一、かつくみ小船澗あ
り一、ほろい滝是まであり一、もり小川あり一、とち崎狄おとなアイッライン持分。
家四、五軒一、おとさつへ川あり、狄おとな(...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第6節 箱館の産物及び人口
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
こうしての採取季節になると、箱館や亀田の住民ばかりでなく、福山や江差地方の漁
民も多く出稼ぎして盛んに採取し...