函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五編 産業 第一章 水産業 第三節 鰮(いわし)漁業 二 明治時代の鰮漁業 (一) 明治中期の鰮漁業
椴法華村の鰮漁
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
茅部・山越・勇拂・沙流・新冠・静内・三石・浦河・様似・幌泉・廣尾の各郡》ニシテ其
種類ハ胴船・胴海船・持符船・磯舟ノ四種トス、而シテ胴船ハ其積量最モ大ナルヲ以テ専
ラ大地曳網漁業ノ網舟(方言網たき舟)ニ使用シ胴...
第八章 産業 第二節 戸井漁業協同組合の沿革
「参考資料」戸井村漁業組合規約(明治三十二年頃のもの)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
メアル制限ヲ超ユベカラザルモノトス。第三十四条本組合ハ鰮漁船ヲ左ノ五等ニ区別ス。
一等胴船二等胴船三等持符船四等中船五等磯船第三十五条本組合ハ昆布採取船ヲ左ノ三等
ニ区別ス。一等持符船二等中船三等磯船第三十六条...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第5節 村並から『尻岸内村』に
4、嘉永7甲寅3月の『箱館六ケ場所調べ』
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
搬・漁船)八〃…(四)(一)(三)磯船(いそぶね)(漁船・和船)五五〃(一)(一
五)(二一)(一八)持符船(もちっぷせん)(漁船・蝦夷船)五二〃(四)(二二)(
六)(二〇)合計一一九艘(五)(四三)(二八)...
第4編 産業 第2章 漁業 第2節 明治・大正時代の漁業
2、尻岸内村公文書にみる明治前期の漁業
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
察する上で参考になる資料である。以下抜粋し記載する。『漁船』総数438艘内・筒船13
艘・浮百船1艘・持符船143艘・磯船281艘『漁具』櫂(かい)(長いかい)224本、車櫂11
32本、子(ね)り櫂13本、鰯...
第4編 産業 第2章 漁業 第2節 明治・大正時代の漁業
3、明治前期の昆布漁について
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
調』「調書様式」例尻岸内村一番開拓使三等出仕杉浦誠殿昆布取獲高調第一八大区一小区
茅部郡尻岸内村調書一持符舩壹艘一礒舩三艘一昆布取夫四人昆布場茅部郡尻岸内村字ム井
泊取獲高一昆布三石一斗三升六合明治五年分一同五...
第七編 産業 第四章 商工業 第一節 商工業 明治の商業
戸口及諸物品調
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 下
出入高一竹ナシ輸出入ナシ一木ナシ同上人力車数及壱里ノ賃金一人力車ナシ一荷車同上魚
船多寡一魚船五拾艘但持符船一仝船百三拾八艘但磯船筆墨紙木綿類製造ナシ駄馬数及壱里
ノ賃金一駄馬三拾七頭但壱里ノ賃金金八銭蒸気水車...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第6節 箱館の産物及び人口
鰊漁
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
、すなわち、図合船(船幅6尺6寸より7尺5寸まで)金1両、三半船(船幅5尺より6尺5寸まで)
金3分、持符船(船幅3尺より4尺9寸まで)金2分、ホッツ船(船幅3尺より4尺9寸まで)金1分
とされた。また東部でも...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第10節 漁業
鰊漁
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
付、山背泊、弁天崎の辺へ、鰊がおびただしく寄せ来たった。漁民はもちろん市中の人々
までが、網を準備し、持符船に乗って出漁した。14日、15日に至ってますます「群来(ク
キ)が付」き、そのため海水が真白になるほど...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第1節 明治初期の海運事情 5 函館商人の海運活動
西洋形帆船の建造ブーム
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
の例でみると、全体で937艘あり、内訳として中遣船以上が170、三半船が18、筒船7、筒
替船107、持符船231、磯船473、橋船造10、平田船21であった(「上局検印済綴込」道文蔵
)。この時期の函館の船主...
第三章 産業と社会そして人・地域 第一節 銭亀沢の漁業・漁村構造の変容過程 一 明治期の漁業生産と経済構造
昆布採取
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
付いており、他の端には巻き付けるための握り手が付いていた。漁船は、磯船が最も多く
、数人乗り込む場合は持符船が使用された。乗組員の数は、捻りを使用するときは二人で
、一人が棹を操り一人は棹に付けた細綱を手繰り、...
第3編 行政 第2章 明治・大正時代の行政 第1節 箱館裁判所から開拓使まで 6、税の負担
[税の負担]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
nbsp;昆布取獲高調)参照。開拓使三等出仕杉浦誠殿昆布取獲高調第十八大区一小区茅部
郡尻岸内村調書一持符船(モチップ)壱艘一礒船(いそぶね)三艘一昆布取夫四人茅部郡
尻岸内村字ム井泊取獲高一昆布三石一斗三升六...
第4編 産業 第2章 漁業 第2節 明治・大正時代の漁業
6、鰯漁(網漁)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
(1間は1.8メートル)。「漁船数」は網の大きさ、漁法により異なるが、2艘から多くて4
艘で「胴海船・持符船・磯船」等が用いられた。「漁夫」の数も網の規模により異なるが
、『産業調査報告書』によれば松前郡以北は...
第三章 伝説と逸話 第十八節 戸井及び近隣町村の災害事件(明治以降)
三、椴法華沖の汽船衝突事件(明治四十一年)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
戸井分署長萩田七十次警部は、巡査部長と巡査を引率して椴法華に急行し、戸長を督励し
、消防組員及び村民に持符船八艘を出動させ、沿岸及び近海を捜索させたが、生存者はも
ちろん、一体の屍体すら発見できなかった。生存船...
第三編 椴法華発達史(明治元年から昭和30年まで) 第一章 明治時代 第二節 函館県設置頃の椴法華村 一 漁業の有様・漁業組合成立
明治十六年
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
拾五銭但壱〆目ニ付金二銭五リン位ナリ一、竹無之、樹木ハ可ナリ一、人力車及荷車等無
之一、磯船六拾五艘、持符船ハ拾艘、筒船五艘、合計百四拾艘一、筆墨紙木綿類製造無之
一、駄馬數四拾七頭壱里賃金拾五銭一、蒸気水車米...
第三編 椴法華発達史(明治元年から昭和30年まで) 第一章 明治時代 第三節 北海道庁設置頃の椴法華 一 伝染病の流行・水産税則
明治十九年
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
日十四名中、椴法華村川口米蔵以下三名の者、日高郡下方村に漂着救助される。この時代
冬期の鱈釣は保津船や持符船などの櫂漕ぎ船が使用されており、連絡手段を持たないため
天候が急変したり、潮が変化した場合などは常に遭...
第三編 椴法華発達史(明治元年から昭和30年まで) 第一章 明治時代 第四節 日清戦争後の椴法華村 一 日清戦争とその影響
明治二十八年
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
変化する。・鱈漁、椴法華村では十月から翌年一月にかけて鱈釣が盛んに行われており、
使用する船は川崎船・持符船・磯船で漁具としては、延縄やごろた縄が使われていた。・
『えさ』、主として鰮が使用されたが、普段二斗樽...
第三編 椴法華発達史(明治元年から昭和30年まで) 第一章 明治時代 第五節 日露戦争後の椴法華村 二 下海岸の厄年と漁業実態
明治四十二年
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
十三名と鱈釣業者五名に協力を求め、救助船三隻を発進させ沖合に吹き流されていた古武
井村斉藤吉五郎所有の持符船(数名乗組)と洞海船(六名乗組)を無事救助する。(明治四十
二年四月十六日函館日日新聞)・十月二十一日...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 昆布漁業 三 明治時代の昆布漁業 (一) 昆布漁業のあらまし
明治二十年代の昆布漁業
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
棹方言之ヲ「ソート」と云フ梻材(タモ)ヲ以テ造リ三ツノ種類アリ・採取法昆布ヲ採取ス
ルニハ胴海、保津、持符船ニ二人乃至五六人乘込ミ之ニ棹二本乃至六本ト碇[重量六貫目]
一挺徑四分長サ六十尋ノ「ロップ」綱一本車櫂...
第五編 産業 第一章 水産業 第二節 鱈(たら)漁業 三 大正時代の鱈漁業 (二) 鱈漁業の実態
漁船・漁夫
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
一般的ニ傭入ルゝ處アリ而シテ一艘ノ乗込員ハ船頭ト共ニ大形船ハ七八人、中形船ハ五六
人、小形船ハ三四人、持符船ハ三人、磯船ハ二人ヲ普通トス、又大中形船ノモノハ乗込員
ノ外ニ陸回リ一人炊事女一人ツゝヲ加フルヲ常トス...
第五編 産業 第一章 水産業 第二節 鱈(たら)漁業 三 大正時代の鱈漁業 (二) 鱈漁業の実態
経営
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
課金等一切ノ費用ヲ引去リ其残額ヲ九個四分ニ分チ漁船漁具及乘込員七名各一人分ツゝ及
炊事女ニ四分ヲ分配ス持符船ニアリテハ船体ノ借入料ヲ凡二十五圓トシ其他沖合ニテ使用
スル餌料木炭醬油味噌代等ヲ漁獲物賣却金ヨリ引去...