函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 3 中生層について
戸井層
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
在する地層であるが、鈴木長谷川(1963)はこれを古生層、長谷川鈴木(1964)は先第3紀地
層として戸井層と呼び、鈴木ら(1969)も同様である。戸井層は函館市では汐泊川支流の温
川流域に広く分布し、三枚岳南...
通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第2節 函館市の地形
山岳地
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
し、付近の第3紀層より成る所は比較的緩やかな傾斜地を成している。汐泊川上流部には
粘板岩や砂岩より成る戸井層が分布し、先第3紀層(長谷川鈴木1964)、あるいは古生層(鈴
木長谷川1963)と呼ばれてきた。しか...
第1編 自然 第1章 恵山町の地学的環境 第3節 恵山火山の地質
先第三紀層
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
戸井層戸井層(長谷川・鈴木、1964)は、西方に広く分布して新第三系の基盤をなしてい
る(藤原・国府谷、19...
第二章 自然環境と地域との相互連関 第一節 銭亀沢をめぐる函館周辺の地形環境 一 銭亀沢の地形概観と生活の場
東部の山地
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
トル以上の沢はいずれも北流して、汐泊川の上流にあたる温(ぬるい)川に注ぐ。この山地
の東半分は、おもに戸井層と呼ばれる中・古生層に属する粘板岩や砂岩など比較的に堅硬
な岩石からなる。西半分は第三紀中新世の汐泊層...
第一編 郷土の自然 第一章 位置 第二節 地質
先第三紀層
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
一部は中生層として取り扱われるようになってきているといえる。南茅部町尾札部地区で
は、先第三紀層として戸井層が見出され、「粘板岩、チャート、石灰岩よりなっており(
五万分の一地質図幅・尾札部)、中生層である可能...
第1編 自然 第1章 恵山町の地学的環境 第3節 恵山火山の地質
[恵山火山の地質]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
45,000〜40,000、124y. B. P.)恵山火山の基盤には先第三系の戸井層と新第三
系の古武井層および絵紙山層と木直層がある。また、恵山火山噴出物の基底をなす第四系
についてもこ...
第1編 自然 第1章 恵山町の地学的環境 第5節 地下資源・土地資源とその利用
銅・鉛・亜鉛・硫化鉄・アンチモニー
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
といわれる。 石灰石および大理石(服部・堀川、1965)尻岸内川中流域に分布する
先第三紀の戸井層中には、大小の石灰岩体が介存されている。この内、比較的大きな岩体
は、尻岸内川上流約6.5キロメートル...