函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第4節 北前船の発達と問屋機能の変化
断宿以外の問屋の役割
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
宿が介在し、船手に対する問屋の関係は二重、三重になり、しかも場所積登り船が入港し
た場合は、船宿には入御口銭の徴収権はなく、入御口銭、問屋口銭ともに断循が徴収し、
船宿は、同船が出港する時にのみ、出御口銭をはじ...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第4節 北前船の発達と問屋機能の変化
北前船の発達
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
宿にて御判願船改等致すべき事。但、松前受負場所も前同断。一、場所荷物運送並に買附
船の事。但、場所登り御口銭並に口銭は場所宿受用、積付登り出御口銭並に諸掛り共船宿
にて受用致すべく候。一、場所買附積登りの荷物、...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第4節 北前船の発達と問屋機能の変化
断宿の独占利潤
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
によれば、蝦夷地(場所)往返の船は、すべて断宿で御判願、船改をし、場所生産物の積取
船が入港した時は、御口銭(沖ノ口口銭-2分)、口銭(問屋口銭-2分)を断宿が受取ること
、また場所で買付けた荷物を当地で売払う...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第3節 開港と箱館の産業・経済 1 箱館奉行の経済政策-旧制との相剋
沖之口制運用の変化など
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
に運用上の緩和の面もみられた。税率の引下げなど、次のような点で緩和策がとられてい
た。(1)沖之口の「御口銭」は、松前藩が嘉永5(1852)年、築城のため2分から3分へ引きあ
げていたが、安政2(1855)年正...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第4節 北前船の発達と問屋機能の変化
請負人と場所との関係
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
を意味した。いまここに適切な資料がなく時代が若干下がるが、幕末の元治元(1864)年の
問屋別扱沖ノ口御口銭高を示すと次の通りである。 元治元年自1月至7月中問屋扱沖
ノ口口銭高 問屋名入御口銭出御口...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第3節 商品流通の発達と藩政改革 2 藩政改革と問屋株仲間の結成
問屋株仲間
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
る。すなわち、 乍レ恐以二書付一奉二願上一候一先年より唯今迄私共船宿相勤め来
り候所、此度増御口銭御取立の儀、御定目を以て仰付けられ畏み奉り候。然る所当所問屋
株式相定め申さず候故、諸事船手直売仕り、...