函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第2節 市街地の機能構成 2 経済力と機能性
経済力と土地所有
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
7649,639%5.003.875.450.971.3912.440.950.4830.55(2)弁天町 大町 末広町 地蔵町 小
計112,42656,203410,55622,971602,15612....
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 1 大年寄・中年寄制
町と町に準ずるもの
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
たと思われる人口戸数等の統計上に見られる町名としては、寛政期(1790年代)にはその存
在が確認できる弁天町、大町、内澗町、仲町、神明町、大黒町、山ノ上町、地蔵町の8町
と、そのすぐ後に1町となった鰪澗町、文化...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第1節 幕末・明治初期の都市形成 1 箱館開港と都市化
開港以前の様相
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
かのぼることができよう。前直轄時代の市中には名主が9人置かれており、それぞれ地蔵
町、山ノ上町、大町、弁天町、大黒町、内澗町、仲町、神明町、鰪澗町の9町からなってい
た(「維新前町村制度考」『函館市史』史料編第...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第2節 港湾商業都市としての成長 2 明治2、30年代の商取引と有力商人の系譜
函館商人の系譜
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
場所請負人漁場持、西洋型船所有、硫黄採掘汽船海運、缶詰製造、事業中止新興商人 相
馬哲平6千円~1万円弁天町日雇人夫米穀商、金銭貸付百十三銀行頭取渡辺熊四郎6千円~1
万円末広町官船籍館丸乗組商法方、 海産商洋...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第5節 当時代の箱館事情
箱館の町勢
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
から西を弁天といっているが、古来から港の入口の岬に船の守り神弁天が祭ってあったた
めと思われる。また、弁天町はわずか弁天の前の1丁ばかりをいったものかとも思われる
。旧図を見ると四つ角から高龍寺の前あたりまでを...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 2 三大区制
3区の設定
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
、函館市街の区画分けが行われた。当時の函館市街を3区に分け、函館山の裾を巡る地区
を第1区(27町)、弁天町から内澗町までの海岸線とその裏町(大黒町ほか)の地区を第2区(1
3町)、地蔵町から北東へ拡がる新興地...
第4編 産業 第3章 鉱業 ◇第3章 鉱業 資料(左横) <鉱業資料>
①松前地古武井熔鉱炉の研究並びに考証年表
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
も関連するので、最初に一応これらに触れておく。女那川仮熔鉱炉は、安政元年、2年頃
(1855年頃)箱館弁天町山カセ印、松右ヱ門という者が願請け自費を以て取建てたものに
始る(2)。場所は尻岸内川冷水川沿いで、2...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第16節 戸口及び市街の膨張
市街の拡張
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
易港としての表玄関である運上所、産物会所および交易会所につき当っている。それを中
心に海岸に沿って西に弁天町、大町、東に内澗町、地蔵町が一列に並んでいた。弁天町
箱館湾を外海と分かつ岬の付近に展開し、外側に山...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 1 大年寄・中年寄制
町年寄・名主の廃止
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
19名主一覧表安政3(1856)年注1担当町名五十嵐荘八注6小島又次郎白鳥半十郎定兵衛堺新
三郎大町 弁天町内澗町大工町神明町鰪澗町地蔵町山上町大黒町仲町安政4(1857)年注2 担
当町名小島又次郎注7白鳥半...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第2節 市街地の機能構成 2 経済力と機能性
市街地の拡大と地価決定因子
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
若松町などで、鉄道事業などに影響を受けているのだろうか。次に宅地の増加については
先の図4-10より、弁天町、台町、元町、汐見町、谷地頭町、東川町などが増加している
。また、人口密度についても豊川町、真砂町、鶴...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第4節 明治期の都市構造 1 都市空間拡大の具体的諸相
都市空間拡大の要因とその様相
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
、都市空間拡大の事例にふれておきたい。それは山の上遊郭移転と幸町埋立との関連であ
り、「第二大区二小区弁天町住家諸商人共、近年営業向衰微の趣にて、従来区内潤助の為
め同区西浜町海岸築出の儀ニ付、弁天町一同より懇...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第5章 近代港湾の生成と陸上交通の整備 第3節 倉庫業 5 函館倉庫業の成立
明治35年の倉庫業
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
-7保管倉庫一覧No倉庫名所在地煉瓦造石造土造木造合計棟坪数棟坪数棟坪数棟坪数棟坪
数1西出左衛門倉庫弁天町2015600133114732362辻快三倉庫仲浜町38903195111400101,1123
藤...
第八編 交通運輸 第二章 海上運輸 第二節 定期航路 大正の海運
大正四年 函館港海運・回漕店
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 下
内行電話一三三八番日下部合名会社岡崎汽船株式会社日運丸(二、三〇〇t)小樽行電話一
四三番・一四三九番弁天町二三番地〓板村商船部定期無事丸戸井・尻岸内行電話四四九番
定期鹿島丸尻岸内直行定期先山丸易国間・下風呂...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第4節 箱館の町行政
町費
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
は又追て沙汰及ぶべく」とあるのを見れば、坪割銭はこの時から始まったものであろう。
 内澗町、弁天町、大町一箇年地面一坪銭十文ずつ大黒町、山ノ上町同六文ずつ地蔵
町、鰪澗町、仲町、神明町同上四文ずつ&n...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第9節 文化の大火と消防組設置
消防組織の確立
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
て消防す。地蔵町出火も亦此例に依る。○交代屋敷、吟味役屋敷、調役其外住居向は会所
町、山ノ上町受持。○弁天町官庫は弁天町人足三十人受持。○大町官庫は大町人足二十人
受持。○内澗町官庫は内澗町人足三十人受持。○弁...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第5章 近代港湾の生成と陸上交通の整備 第4節 札幌新道・馬車鉄道 2 馬車鉄道
函館馬車鉄道株式会社の設立経過
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
た。 一亀田郡亀田村字万年橋を起点とし、函館海岸町、若松町、鶴岡町、地蔵町、
末広町、大町、弁天町に至る二哩半(四〇二四メートル)。二弁天町より幸町、西浜町、仲
浜町、東浜町を経て末広町永国橋に至る支...
第4編 産業 第3章 鉱業 ◇第3章 鉱業 資料(左横) <鉱業資料>
②古武井熔鉱炉に関する研究 幕末期蝦夷地開拓と外国技術
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
ろにコウキヤウヘン(3)(鎔鉱略形・或いは仮リノホウギヨヘン(資料5))という仮の
熔鉱炉があり、箱館弁天町(4)(大町)の松右衛門が経営するもので、2間四方高さ2丈
程の大きさの炉で「火勢の模様強烈盛ニ相見、...
第7編 宗教 第3章 現在の郷土の宗教 第1節 郷土の神社
4、(恵山)厳島神社
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
られるようになり、全国各地の港にも厳島神社が建てられるようになったといわれている
。当厳島神社は函館市弁天町の厳島神社からの分神と推察される。沿革厳島神社の社記に
よれば、創立年代は第116代桃園天皇の御世、宝...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第6節 箱館の産物及び人口
戸口の増加
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
衛門、名主白鳥九右衛門、年寄井口兵右衛門、村岡清九郎、逸見小右衛門、茅野忠兵衛地
蔵町、内澗町、大町、弁天町、裏町、中町、山ノ上町、神明町右は船問屋、木綿、古手、
荒物、小間物の店、裏町、山ノ上町は借屋住居の者...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第7節 宗教・文化・生活 1 宗教
寺院
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
633)年松前法源寺4世芳龍が亀田に1宇を建立(寺号公称年代不明)、宝永3(1706)年箱館(い
まの弁天町)へ移った。『福山秘府』(近来寺社例部)によれば、この年7月1日役人が土地
を下見して渡したことが記さ...