函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第1節 安政2年の開港と異国とのつきあい 3 開港前後の諸問題と幕府の対応
箱館開港への対処
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
兵衛宅(2~3か国人同時上陸の際は、高龍寺・称名寺を追加)、御用所を称名寺(3か国人同
時上陸の際は、山田屋寿兵衛宅)、応接所を浄玄寺とする旨決定するとともに、外国人上
陸の際の警備体制を強化するため町年寄6人(蛯子...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第1節 箱館開港の経緯 2 ペリーの箱館来航
アメリカ士官との応接
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
高龍寺、実行寺などを一巡し、直ちに本船へ引取った。この会談は沖ノ口役所が手狭のた
め、かねての手配通り山田屋寿兵衛宅で行われた。一方、この状況を、アメリカ通訳官ウ
ィリアムズ著の『ペリー日本遠征日誌』(馬場脩訳)によ...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第1節 箱館開港の経緯 2 ペリーの箱館来航
ペリー提督上陸会談
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
、大変な気のつかいかたをしている。こうして当日午前11時約定通り上陸してきたので、
手配の通り応接所(山田屋寿兵衛宅)に案内すると、彼らはまず出席者名簿を提出して着座
した。これに対し当方からは松前勘解由をはじめ遠藤...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第4節 箱館開港とその影響 2 貿易港としての箱館
箱館港則と港湾施設
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
に外国貿易事務を兼ねさせると、混雑して種々の弊害が生ずるおそれがあるので、6月仮
に弁天町高龍寺および山田屋寿兵衛宅を事務取扱所とし、運上所を寿兵衛宅に置き、8月
大町に建てた運上所事務室の落成を待ってここに移った。...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第1節 安政2年の開港と異国とのつきあい 2 黒船渡来
ペリーから知らされた条約
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
ることができないとうけとめていたことは注目されてよい。同日彼等は、アメリカ人の箱
館上陸を許可し、翌日山田屋寿兵衛宅で応接する旨決定したが(「御用記写」)、これは、
ウイリアムズが「われわれの説明を聞き、また条約文を...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第1節 安政2年の開港と異国とのつきあい 2 黒船渡来
ペリーの要求と松前藩の回答
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
次に箱館における日米会談・交渉の内容について若干触れておこう。4月22日、応接所
田屋寿兵衛宅で第1回の日米会談が行われたが、この時のアメリカ側の代表は、旗艦付参
謀大尉ベント、同主席通訳官ウイ...