函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第1節 尖底土器の時代
平底土器の出現
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
縄文時代の全国的傾向として、早期に尖底土器が作られ、平底の土器は前期以降から一般
的になる。北海道の平底土器の出現は道東地方と道南地方では様相が...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第1節 尖底土器の時代
縄文文化の起源
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
住吉町遺跡の土器(市立函館博物館蔵)北海道で最初に注目された尖底土器で、縄文文化の
起源として登場したのが函館市住吉町遺跡出土の土器である。底が不安定な尖底土器で貝
殻で文...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第1節 尖底土器の時代
春日町遺跡
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
、土器形式の編年が層序で確認されている。この遺跡で古い第1群土器は、梁川町遺跡で
住吉町式と呼ぶ貝殻文尖底土器の次に編年されている。第1群土器は貝殻腹縁による尖底
土器の文様に似た撚糸圧痕文の土器で、器形も貝殻文...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第1節 尖底土器の時代
尖底土器の遺跡
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
函館空港第6地点遺跡の土器(市立函館博物館蔵)貝殻文尖底土器の遺跡が北海道でどのよ
うなところに分布するかを見ると、函館市内では住吉町、春日町、梁川町、西桔梗、根...
第二編 先史時代 第二章 椴法華村の遺跡と遺物 第二節 椴法華村の尖底土器
椴法華式土器の文化
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
がついている。底の部分はまるでうず巻きのように見事な文様である。しかし、これらの
遺跡からは押引き文の尖底土器は発見されていないのである。貝殼文様の尖底土器からど
のような形で竹管文による椴法華式尖底土器となった...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第1節 尖底土器の時代
貝殻文のない尖底土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
椴法華村出土の尖底土器(市立函館博物館蔵)縄文早期の後半になると貝殻文でない尖底土
が現われる。中でも原始美術の代表的な土...
第1章 北海道の先史時代 第2節 縄文時代 2、縄文時代早期
(1)貝殻文土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
がら尖底と平底という異なった形態を見せる2グループの土器群は、伴う石器の組み合わ
せでも違いをみせる。尖底土器群に普通に見られる石器には、第9図に示した矢の先につ
けた石鏃(せきぞく)、槍先として使用された石槍、...
第二編 先史時代 第二章 椴法華村の遺跡と遺物 第六節 浜町砂丘遺跡
〔浜町砂丘遺跡〕
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
れた遺跡名が浜町遺跡でなく浜町砂丘遺跡となったのは、昭和三十七年である。椴法華の
先史というと椴法華式尖底土器があまりにも有名であった。この尖底土器が発見された場
所として国道二七八号線に近い浜町一七三番地で、現...
第二編 先史時代 第二章 椴法華村の遺跡と遺物 第二節 椴法華村の尖底土器
椴法華村最初の土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
のは自然の薄手で小形の石の両端を打ち欠いて作った網の錘石が非常に出土したのである
。能登川隆氏は、この尖底土器を集めて研究した。発掘した土器は完全な形でみつかるこ
とがなく、いくら完全だといってもどこかが損失して...
第1章 北海道の先史時代 第2節 縄文時代 3、最盛期の縄文時代前・中期
(2)縄文尖底土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
文された石川野式土器がある。同じ頃、噴火湾岸から石狩低地帯には道南に分布した土器
と類似した、砲弾形の尖底土器に粗い斜行縄文が施文された中野式土器が分布する。道東
・道北には矢羽状、格子目状の押型文と撚糸文が施文...
第二章 戸井町の沿革 第一節 石器時代の戸井
[石器時代の戸井]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
町の早期尖底(せんてい)土器時代の石器土器が発掘され、その後桔梗石川野、椴法華、
七飯町鳴川の高台等で尖底土器や早期の石器が発掘された。尖底土器の紋様は貝殻文や刻
線文であり、大てい扁平隋円(だえん)形の自然石を...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第2章 文化のうつりかわり 第1節 先史の時代 1 先土器文化
日本の先土器文化
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
けて新石器時代の縄文文化が成立したものと考えられてきた。縄文式土器の古い型式の土
器は底が尖っていて(尖底土器)、東日本では函館の住吉町式土器のように貝殻で文様が付
けられ、またこれと共に網の錘石が多量に出土する...
第二編 先史時代 第一章 椴法華村の先史 第一節 記録のない時代
椴法華の先人
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
家の人達によってはやくから知られていた。昭和十三年の「日本文化史大系第一巻」に、
"渡島国椴法華発見の尖底土器"と説明のある写真が掲載されている。八幡一郎先生が書か
れた文章であるが、その所属年代は決しがたいが恐...
第二編 先史時代 第二章 椴法華村の遺跡と遺物 第一節 椴法華村の遺跡分布
〔椴法華村の遺跡分布〕
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
かったかと考えられる。この記録はさだかでないが、能登川氏が函館の住吉町遺跡から出
土する底の先が尖った尖底土器に関心を持って、その収集につとめたが、椴法華式尖底土
はこの頃集められたものである。その椴法華式尖底...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第2章 文化のうつりかわり 第1節 先史の時代 3 北海道の縄文文化
縄文土器の編年
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
縄文土器の初期には単純な器形で、あまり装飾的でない尖底土器が作られる。尖底土器
北海道から東北、関東など東日本から西日本にまで共通し、時代の流行ともいえる。こ...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第1節 尖底土器の時代
生活用具
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
期や地域によって形態や石質が違い、弓がなくても石鏃から発達の過程が推定できる。函
館の縄文早期で貝殻文尖底土器が造られた時期の石鏃は、多く三角形石鏃で基部にえぐり
込みがある。西日本では三角形石鏃でも鍬(くわ)先...
第一章 歴史的概要とその特性 第二節 銭亀沢および周辺地域の先史遺跡の概観 二 縄文時代の定住性の在り方と変遷
中野B遺跡の集落跡
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
的に新しいものと考えられる。これらの中でもっとも多いのは、住吉町式という貝殻文に
よる文様が付けられた尖底土器を使用するグループであり、全体の約九割程度を占め、こ
れまでに約六〇〇軒を越える住居跡が確認されている...
第1章 北海道の先史時代 第2節 縄文時代 2、縄文時代早期
(2)均一になった土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
式、コッタロ式・中茶路式(第8図23~29)などと呼ばれる土器群である。石器は平底土
器群とは違った、尖底土器群にみられた組み合わせに近くなる。つまみのあるナイフ、両
面加工のナイフ、磨製石斧、石錐、細身で長身な...
まえがき
目次
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
………………44第一節椴法華村の遺跡分布……………………………………………………44
第二節椴法華村の尖底土器……………………………………………………50椴法華村最初の
土器/椴法華出土の尖底土器/椴法華式土器の...
第二編 先史時代 第二章 椴法華村の遺跡と遺物 第二節 椴法華村の尖底土器
椴法華出土の尖底土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
調査をしている。これによると浜町砂丘遺跡から椴法華式が出土したことになっているが
、記載事項に椴法華式尖底土器は旧今岡連蔵氏所有地から出土したことになっている。こ
の近くには旧今岡連蔵氏の所有地がないので、いい伝...