函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第2節 函館市の地形 平野の地形
平野
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
部を成す函館港奥に達する。一方函館山南方を流走する流れは松倉川沖において二分し、
その1は反流となって大森浜沿岸から立待岬に向けて0.4~0.6ノットの流速で流れるが、
他の1つは根崎方面の沿岸から0.3ノット...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第2節 松前藩の再生産構造と箱館港
寛文の蝦夷乱と亀田・箱館
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
民もあったと思われ、この古城は河野政通の館址である。「しりさっぷ」は尻沢辺でいま
の住吉町付近に当り、大森浜や湯の川にも漁家があり、志海苔は、さすがに多く和人はす
でに汐泊から小安(おやす)まで住居しつつあった...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第3節 商品流通の発達と藩政改革 1 場所請負制度の発生
箱館六箇場所
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
これまで箱館港に入荷する産物は、亀田、箱館、尻沢辺、大森浜、志海苔、小安などの近
郷の零細出稼人のものであったが、これが場所請負制度の発達に伴い、その範囲も拡大...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第9節 海面埋立と溝渠新設
鶴岡町海面埋立と蓬莱町排水
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
に移転する計画で、松川弁之助ら組合埋立地の一部を購入したのに対し、その換地を与え
るため、大工町地続き大森浜通り畑地約2万坪に、排水溝を掘削して石垣を設け、橋を架
設した。
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第10節 漁業
鰊漁
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
げをした程であったから、その量ははかり知れなかった。20日ころから石崎、銭亀沢、志
海苔の各村の浜や、大森浜にも群来があり、相当の漁獲を挙げた。このような大漁は、30
年来か、あるいは60年来のことだという古老...