函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
2、箱館六ケ場所の成立
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
から、六ケ場所一帯が「商場」として成立したのは元禄期(1688~1703)と見ていいので
はないか。<場所請負制>1720年(享保5)11世藩主になった松前邦広は着任早々藩政改
革に取り組んだ。勿論、藩の財政に関わ...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第3節 箱館六ケ場所成立のころ
2、場所請負制
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
的に条件の整った場所には半ば定住の集落をつくっていったと考えられる。そして、それ
に拍車をかけたのが「場所請負制」である。1720年(享保5年)、11代目藩主になった松
前邦広は藩政改革に取組み財政改善のため、莫大...
第4編 産業 第2章 漁業 第2節 明治・大正時代の漁業
[明治・大正時代の漁業]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
・交易の場としての機能を備え、家臣の直接経営「商場知行制」から、やがて場所請負人
(商人)の手による「場所請負制」へと移行し規模・組織(運上屋・運上金等)も整って
きた。1750年代、宝暦年間に入ると北前船により塩...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第4節 六ケ場所『村並』に
3、奉行所の設置
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
抗するため択捉(えとろふ)島など東蝦夷地奥地の開発(ロシアに対しての領土主張など
も含め)をすること、場所請負制度を廃止し奉行(幕府)直轄の場所経営である直捌(じ
きさばき)制の実施で経済的利益を幕府側に吸収するこ...
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
3、幕府直轄以降の箱館六ケ場所
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
列島を南下するロシアに対抗し、北辺を警備するとともに、択捉島(えとろふとう)など
東蝦夷奥地の開発と、場所請負制度に関わる奉行直轄の場所経営、いわゆる「直捌制の実
施」で、特に、後者の蝦夷地での経済的利益を幕府が吸...
[まえがき]
目次
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
蝦夷図にみるアイヌ居住地と和人村第3節箱館六ケ場所成立のころ…………………………3
651、商場/2、場所請負制/3、運上屋第4節六ケ場所『村並』に……………………………
…3681、蝦夷地の直轄/2、箱館六ヶ場所...
第1編 自然 第1章 恵山町の地学的環境 第1節 地理的位置
[地理的位置]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
(寛政12)和人地となっている(北海道地名大辞典上巻、p212)。江戸期の本町域を含む
下海岸一帯は、場所請負制が広く行われた地域であり、北海道開拓史上最も古い江差・松
前地方や箱館付近に次いで、和人の定住による漁...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第1節 郷土の起源
1、郷土の起源・集落の形成
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
に増加したことが記述されている。これは、村並化により正式に和人の居住が認められた
こと、松前藩時代の「場所請負制度」(後述)が廃止され村人に漁業権が与えられたこと
などによるものと、村の自治が認められたことなどによ...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第3節 箱館六ケ場所成立のころ
3、運上屋
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
「運上屋」とは、場所請負制の運営組織が置かれた事務所である。ここには「場所」全体
の管理・運営・商取引きを仕切る場所責任者の支配...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第4節 六ケ場所『村並』に
1、蝦夷地の直轄
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
六ケ場所の場所請負制が確立するにしたがい箱館や亀田からの入稼は急増し、土着して漁
業に従事するものも増え、六ケ場所は漁村と...
第3編 行政 第1章 江戸時代の郷土 第4節 六ケ場所『村並』に
2、箱館六ケ場所を『村並』に
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
年あるいは翌1801年いずれにしろ、幕府はこの地域の漁業生産・和人の定住状況から村並
と認可。松前藩の場所請負制度は廃止・奉行直轄の直捌(じきさば)き制を実施、村役人
が置かれ漁民には漁業権が与えられ、村の自治が進...
第4編 産業 第2章 漁業 第2節 明治・大正時代の漁業
1、明治前期の北海道の漁業
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
に下がるが、30年頃までは依然として漁業が第1位であった。これは、開拓使が漁業保護
助長政策として、①場所請負制度の廃止、②海産干場の設定③漁業資金の貸与、④漁業の
保護と取締、⑤製造と包装の改良、⑥税制(水産税の...
第4編 産業 第2章 漁業 第2節 明治・大正時代の漁業
4、海産税について
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
明治政府・開拓使の財源の殆どは国民からの徴税により賄われる。明治2年9月、場所請負
の廃止とともに「運上金」の上納は当然取り止めとなり、以降、開拓使は漁業からの税
を「海産税」と称し漁民...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第10節 海上交通 2、高田屋嘉兵衛活躍の頃
海運の官業
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
幕府は松前藩がとっていた漁業・商業の場所請負制(商人経営)を廃止し、直捌(幕府直
営)とした。そのため蝦夷地御用掛は産物・移入品の運輸の船舶と船乗の...