函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
6、郷土と高田屋嘉兵衛
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
業家、豪商と呼ばれた。箱館を根拠地として事業を展開、択捉(えとろふ)航路を開き、
択捉(えとろふ)島、国後(くなしり)島、根室、幌泉に漁場を開拓して経営し漁業・海
運を繁栄させた。歴史作家、司馬遼太郎をして「...
第3編 行政 第2章 明治・大正時代の行政 第2節 3県と北海道庁の開設 4、北海道庁の設置
新たに設けられた19の支庁 明治30年(1897年)10月
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
広村河西・河東・上川・十勝・中川・広尾・当縁根室支庁根室国根室郡常盤町根室・花咲
・野付・標津・目梨・国後・色丹・得撫・新知占守紗那支庁千島国紗那郡紗那村紗那・振
別・択捉・蘂取以上択捉島<根室・紗那支庁の管...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第8節 ゴロウニン問題と高田屋嘉兵衛
ゴロウニンの捕縛
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
備を厳重にして備えていたところ、同8年に至り、ロシアの軍艦ディアナ号の艦長ゴロウ
ニン少佐以下8名を、国後島で捕えるという事件が起きた。ゴロウニンは、その年の春、
ロシア皇帝の勅旨を受けて、千島南部、シヤンタ...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第8節 ゴロウニン問題と高田屋嘉兵衛
幕府の諭書
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
守貞勝が携えて福山に来任し、その旨をゴロウニンに通じ、別に一書をゴロウニンの筆に
よる訳文をつくって、国後島に送りロシア人が来たら渡すことにしていた。かくてこの諭
書は早速国後に送られ嘉兵衛の手によってリコル...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第5節 北方情勢とロシア使節の来航
寛政の蝦夷乱
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
のが寛政の蝦夷乱である。この蝦夷乱は、すなわち寛政元(1789)年5月、飛騨屋久兵衛の
請負地である、国後および霧多布場所の一環、目梨アイヌによって起こされた動乱で、そ
の直接の導火線となったのは、藩の足軽竹...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第1節 東蝦夷地直轄の経緯
高田屋の登用
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
である。翌年幕府は択捉島の経営に当ることになり、その航路の開発を嘉兵衛に命じた。
当時わが商船の航路は国後島まで延びていたが、国後・択捉間は和船の往来はなく、ただ
アイヌが日和を待って小船で往復するだけであっ...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第6節 高田屋嘉兵衛の勃興
択捉航路開発
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
択捉航路開発の相談を受けた。嘉兵衛は欣然これを引受け、購買の荷物を水戸に輸送させ
、自らは重蔵に従って国後島の東端アトイヤに向かった。由来、国後島と択捉島の間の潮
流は速く、アイヌ船で渡海するのは全く命掛けで...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第3章 北海道庁設立と自治制への歩み 第1節 北海道庁設置に伴う行政機構 2 函館を所管する役所
函館支庁の設置
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
中川郡十勝郡、当縁郡、広尾郡北海道庁根室支庁根室国根室郡常盤町根室郡、花咲郡、野
付郡、標津郡、目梨郡国後郡、色丹郡、得撫郡、新知郡、占守郡北海道庁紗那支庁千島国
紗那郡紗那村紗那郡、振別郡、択捉郡、蘂取郡明...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第3節 外国貿易の展開 1 明治前期の外国貿易の概観
主要輸出品の構成
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
へと転輸された。海産物以外のものとしてはまず硫黄があげられる。産地は恵山、古武井
、岩内、釧路、斜里、国後等であった。輸出先は大半がアメリカであるが、時には清国に
輸出される場合もあった。硫黄は幕末に輸出した...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第4節 貿易通商圏の拡大 2 日本昆布会社の設立
日本昆布会社開業後の昆布取引
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
り各組合への前貸金高組合名前貸金額貸付度数月日上磯室蘭静内三石浦河様似幌泉広尾釧
路厚岸浜中根室・花咲国後計3,6001,5006,7021,74512,9044,24727,0518,00039,6042...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第10節 海上交通 2、高田屋嘉兵衛活躍の頃
定雇船頭高田屋嘉兵衛
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
んのことである。以下に、文化2年の「運賃定」の一部を記す。択捉島(金三五両)色丹
島(金三一両)根室・国後島(金二五両)十勝(金一八両)山越内(金一〇両)浦河より
幌泉迄(金一四両)沙流より三石迄(金一三両)...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第1節 東蝦夷地直轄の経緯
幕府の蝦夷地調査
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
幕府では、ロシア人の北方諸島進出の確認、たび重なる蝦夷地近海の外国船の出没や、あ
るいは国後・目梨のアイヌ騒動など、まさに物情騒然たるなかにあって、もはやこれをこ
のまま看過することはできなかっ...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第8節 ゴロウニン問題と高田屋嘉兵衛
リコルドの再航
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
ォストフに捕えらわた五郎次および文化7年漂流した、摂津の商船歓喜丸の乗組員与茂吉
ほか5名を連れて再び国後の泊に来たが、国後在勤調役並太田彦助らがこれを見て厳重な
陣固めしてこれを迎えたので、リコルドはこれを...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第8節 ゴロウニン問題と高田屋嘉兵衛
観世丸の拿捕
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
度この時、たまたま高田屋嘉兵衛が手船観世丸に水産物を積んで択捉から箱館に向かう途
中、8月14日早朝、国後島の泊に寄港するためケラムイ岬にさしかかった。その時巨大な
異国船2隻が現われ、ボートをおろし銃を放っ...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第8節 ゴロウニン問題と高田屋嘉兵衛
嘉兵衛の帰国
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
文化10年春、解氷期を待ってディアナ号はカムチャツカを出帆、嘉兵衛、リコルドが国後
島に着いたのは5月26日であった。そこでリコルドは、嘉兵衛配下の水夫2名のみを上陸さ
せ、嘉兵衛を、シ...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第3節 地場海運の勃興と二大海運資本の競合 2 三菱・共同の競争激化
北海道関係の航路
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
あり、それに北海道沿海諸港の間となっているが、これらはいずれも不定期路線であり、
この他に森・室蘭間と国後諸島間のみ定期便を開設している。これらの航路は前者が札幌
県、後者が根室両県より申請があり政府が補助金...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第1節 道路開削の嚆矢
[道路開削の嚆矢]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
ため、総勢180名余の巡察隊を組織し探検を命じた。その中に、支配勘定方近藤重蔵がい
た。重蔵は10月、国後・択捉島を調査、タンネモイの丘にロシア人の建てた木柱があるの
を見て倒し、次のような標柱を建てている。...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第10節 海上交通 2、高田屋嘉兵衛活躍の頃
蝦夷地の航路を開く
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
幕府にとって択捉の開発は東蝦夷地経営の重点であった。箱館奉行支配役近藤重蔵は寛政
11年(1799)、国後・択捉間の水路開拓を高田屋嘉兵衛に命じた。ここはオホーツク海か
ら南下する3筋の寒流が合流、頗る早い流...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第10節 海上交通 2、高田屋嘉兵衛活躍の頃
航路の進歩と官営の廃止
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
箱館六ケ場所の塩鱈以外の産物は、他国に直移出することを許されなかったが、この時代
に入ってからは根室・国後・択捉等の塩鮭を江戸・水戸・仙台などに直送した。また、塩
鱒・搾粕・魚油なども直送することがあった。こ...
第九編 通信・電力 第一章 通信 第一節 駅逓・郵便局 駅逓・郵便局の沿革
【資料二-③】 明治九年九月一八日 函館郵便局課より札幌本庁駅逓課御中 北海道郵便出発定日 日割表
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 下
毎月一二日二七日宗谷へ向出発川汲下湯ノ川出発ヲ除キ外一般午前六時出発之事厚別ヨリ
紋別迄六ノ日別海ヨリ国後迄二八日出発国後ヨリ別海迄一八日出発