函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第3節 商品流通の発達と藩政改革 3 問屋・小宿の機能
問屋の機能
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
現存する沖ノ口関係法令や問屋議定書などによって、松前三港問屋の機能を分類すると、
(1)船宿的機能(沖ノ口御番所改・沖ノ口口銭の徴...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第4節 北前船の発達と問屋機能の変化
断宿以外の問屋の役割
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
ところで、場所産物取引における断宿以外の問屋の役割はどうであったか、まず、場所生
産物の取引には、大別して次の2つの形態があった。1、生産物の集荷...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第1節 国内市場と函館 1 商業港としての成長
旧制度の改廃と開拓使の流通政策
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
。明治2年から9年にかけての場所請負、漁場持制の廃止の過程で、函館居住の場所請負人
や、それにかかわる問屋などの特権商人の動揺を招き、その経済力を大幅に減退させたが
、他方で、東蝦夷地の漁場開拓の促進、漁業生...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第7節 場所請負制の再開と箱館経済 3 間屋株仲間と市中商人の対立
問屋口銭をめぐる対立
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
ところが、こうした市中商人の成長は、特権商人である問屋商人との間の矛盾となって、
両者の対立関係を生じさせた。すなわち、 乍レ恐以二書付一奉二願上...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第3節 商品流通の発達と藩政改革 2 藩政改革と問屋株仲間の結成
小宿
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
、小宿については、延享5(1748)年5月に、「同廿二日小宿拾六軒、御番所ニテ被二仰付一
候」(『箱館問屋儀定帳』)とあり、別に、「(同年同月)松前藩ニ於テ始メテ隅屋(鍋力)吉
古衛門、亀屋七郎兵衛、大坂屋彌...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第一節 昆布漁業 大正・昭和初期の昆布採取
昆布市場視察
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
三等以下の木直・古部昆布を島切結束に改束できないか6一定検査の前に臨時検査を行い
、他地方産の入荷前に問屋の手元に入るようにしたら生産者の利が多くなると思料する。
尾札部産を主とし第一に三等品を加工する。次い...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第4節 北前船の発達と問屋機能の変化
請負人と場所との関係
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
それでは文政年間以降の箱館の問屋と、場所請負人および場所との関係はどのようになっ
ていたかをみると、次の通りである。  箱館...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第3節 商品流通の発達と藩政改革 2 藩政改革と問屋株仲間の結成
問屋株仲間
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
また、この税制改革と密接不可分のものとしてとられたのが、三港における問屋株仲間の
新設である。箱館には、いつころからどのような問屋が発生したものか、正確にはわから
ないが、『新...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第3節 開港と箱館の産業・経済 3 箱館の貿易
新しい商人層の台頭
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
」なるものを設定、本州方面からの商品を大いに移入させ、外国向け輸出にあてるという
構想は採用になって、問屋など大商人が、この「交易名目人」として活動することを期待
して(砥平は、口銭を受用する問屋は除くべきだ...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第5章 近代港湾の生成と陸上交通の整備 第3節 倉庫業 1 明治初期の倉庫
明治以前の倉庫
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
(徳川氏も含め)の収奪した米は、回船という和船に乗せられて大阪に集められ商人に売ら
れた。これら商人は問屋と呼ばれ、ギルド制によって固く結束する。問屋は概ね倉庫を持
っており、海運業、商業を兼営していた。大阪...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第4節 宝暦・天明期の流通構造 2 長崎俵物
俵物指定問屋
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
は松前の俵物を長崎へ直接送るほか、少しでも有利な所で取引を行うため、敦賀、大坂、
下関においてそれぞれ問屋へ売渡していた(小川国治『江戸幕府輸出海産物の研究』)。こ
うした実情から宝暦4(1754)年に至り、...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第1節 国内市場と函館 1 商業港としての成長
商取引の実態と商人の諸相
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
上方方面の船主(いわゆる北前船主)が、本道の海産商から製品を購入し、その船に積み込
んで移出し、各地の問屋に販売する方法。3、大坂、敦賀などの豪商が、本人または番頭
手代を函館、小樽などに派遣して海産商から買...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第3節 商品流通の発達と藩政改革 3 問屋・小宿の機能
小宿の機能
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
一方、小宿の機能についてみると、小宿の機能は、基本的には問屋の流通独占体制を補助
・強化するところにあり、問屋機能の1つである船宿的機能はなかった。もっとも小宿に...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第7節 内国交易の様相
問屋取締役
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
免除を廃した酒役、3割5分の免除を5分に改めた魚油役を、安政2年正月から旧に復して取
立てを軽減した。問屋小宿の制は従来と同じく株仲間で、船手に対する専権を握り、移出
入の商品はことごとく問屋の手を経たが、松...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第7節 場所請負制の再開と箱館経済 2 箱館商人の動向
冥加金引下げ願
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
このような実情から箱館の問屋の取扱荷物は著しく減少した。そのため同年11月、箱館の
株仲間問屋は連名をもって、次の願書を幕府に提出...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第4節 北前船の発達と問屋機能の変化
断宿の独占利潤
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
、すべて断宿で御判願、船改をし、場所生産物の積取船が入港した時は、御口銭(沖ノ口
口銭-2分)、口銭(問屋口銭-2分)を断宿が受取ること、また場所で買付けた荷物を当地
で売払う場所でも、御口銭、口銭は断宿が受...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第2節 港湾商業都市としての成長 2 明治2、30年代の商取引と有力商人の系譜
函館商人の系譜
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
野定七6千円~1万円亀田村場所請負人醤油醸造・販売 井口兵右衛門6千円~1万円末
広町沖の口問屋戸長、第百四十九国立銀行取締役、区会議員 田中正右衛門6千円~1
万円船見町沖の口問屋漁場経...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第4節 北前船の発達と問屋機能の変化
北前船の発達
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
、集荷過程の中にまで深く入り込むようになった。従ってこのため、場所産物の売買で大
きな役割を果していた問屋の動きも複雑化し、問屋は、こうした動きに積極的に対応して
、流通過程から出来る限りの利潤を得ようと努力...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第5章 近代港湾の生成と陸上交通の整備 第2節 港湾運送業の確立 1 港湾運送業のはじまりとその担い手
岡村小三郎
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
。明治4年に運送業を始めたというのは、次の文書によっても裏づけされる。明治4年1月1
3日、海関所から問屋へ次のような達があった。これによると「艀下」が汽船入港時に付
随して起こったことになる。 一...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第3節 地場海運の勃興と二大海運資本の競合 2 三菱・共同の競争激化
政府の調停と最後の競争
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
ついて取り決めをした。原則は同一料金、汽船の速力を制限し海上での競争による弊害を
断つこと、従来積み荷問屋は系列化していたが、それを解消して、自由に両社の扱いをす
ることにさせて、また手数料などについては協議...