函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立 第4節 露領漁業の進展 6 ラッコ・オットセイ猟業
北海道のラッコ・オットセイ猟の沿革
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
が国のラッコ・オットセイ猟であるが、寛成12(1800)年淡路出身の高田屋嘉兵衛が、場所
請負人として千島のエトロフ島に漁場を開き、現地の人々を使い鮭鱒漁業とともにラッコ
の捕獲を始めたのが最初のようである。...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第4節 汽船主導の海運界 1 日本郵船による海運網の拡充
北海道関係航路の重視と道庁補助航路
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
あった。まず20年代に道庁が補助金を支出して航路を開かせたのは小樽・増毛冬季航海(2
1~24年度)、千島冬季航海(24年度~)、増毛・稚内冬季航路(24年度のみ)、稚内・網走冬
季航海(25、6年度)のわず...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立 第4節 露領漁業の進展 6 ラッコ・オットセイ猟業
猟虎膃肭獣猟法と遠洋漁業奨励法の制定
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
膃肭獣(ラッコオットセイ)猟法」を制定した。その提案理由書には、 実際の経験に
拠れば猟虎は千島諸島のみ棲息するの事実なるに依り北海全道を以て禁猟区とするの必要
なく又膃肭獣は外の海面即ち本州東西岸...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立 第4節 露領漁業の進展 5 カムチャツカ半島への進出
カムチャツカ出漁の始まり
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
、サガレン島(樺太)が最も早く、当時の露領漁業問題は、まずサガレン島を中心に展開す
るが、同島が樺太・千島交換条約によりロシア領土に編入された後においても日本人漁業
者の操業が認められていたのに対し、次いで進...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立 第4節 露領漁業の進展 6 ラッコ・オットセイ猟業
函館の海獣猟業者
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
慶応元年1月生)は、愛知県知多郡亀崎村出身で、明治24年と25年には大日本帝国水産会社
所属の猟船第三千島丸に水夫として乗船、27年には同社第一千島丸の舵手、翌28、29年は
、函館の辻快三の猟船卯の日丸に水...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第2節 箱館奉行の再置と箱館 1 箱館奉行の「預所」と諸任務
箱館奉行の再置
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
いた点に留意しておく必要がある。享和2年の蝦夷地奉行(箱館奉行)の設置は、ロシアの
南下現象(とりわけ千島列島を介した蝦夷島本島への接近)を軸とした外圧に対する対応策
としての東蝦夷地の仮上知と、それに続く知...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第3節 地場海運の勃興と二大海運資本の競合 1 北海道運輸会社の設立
経営の内容
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
5,231 5,04221,892 6,253 10,352 88 90帆船乗風丸清風丸西別丸単冠丸千島丸第1石狩丸
第2石狩丸第3石狩丸第4石狩丸5 6 6 5 貸切 〃 〃 〃 〃4,455 6,120...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立 第4節 露領漁業の進展 6 ラッコ・オットセイ猟業
函館港の外国ラッコ・オットセイ猟船
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
い、6月末猟を終え函館港に寄港した。そして捕獲した毛皮の積荷を降ろし、再び食糧、
資材などを積み込み、千島列島からカムチャツカ半島沿いに猟を続け、10月ないしは11月
にそれぞれの母港に帰港していた。&nbs...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第1節 開拓使の設置 2 函館支庁の組織とその権限
函館出張開拓使庁から函館支庁へ
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
することとし、函館、根室、宗谷(6年2月に留萌支庁とし、8年3月廃止)、浦河(7年5月廃
止)、樺太(千島樺太交換条約により8年11月廃止)の5か所に支庁が置かれた。函館出張開
拓使庁も函館支庁となった。それ...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 2 三大区制
渡島国を7大区とする企画
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
7小区74村と1町第25大区(根室国花咲根室野付標津目梨の5郡)1~4小区22村と10町第26大
区(千島国国後振別択捉紗那蘂取の5郡)1~5小区15村第27大区(北見国斜里網走常呂紋別の
4郡)1~4小区3...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第3章 北海道庁設立と自治制への歩み 第1節 北海道庁設置に伴う行政機構 2 函館を所管する役所
函館支庁の設置
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
郡常盤町根室郡、花咲郡、野付郡、標津郡、目梨郡国後郡、色丹郡、得撫郡、新知郡、占
守郡北海道庁紗那支庁千島国紗那郡紗那村紗那郡、振別郡、択捉郡、蘂取郡明治30年10月
30日勅令第395号『官報』より作成&n...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第5章 近代港湾の生成と陸上交通の整備 第2節 港湾運送業の確立 2 ステベの興隆
ステベの草創期
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
に専属するステベの存在も、勿論忘れるべきではない。この分野のステベが、明治20年代
以降、とくに樺太、千島漁業など、いわゆる北洋漁業が盛んになるに従って大きくなり、
明治30年代から大正時代にかけて、ステベの...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第1節 国内市場と函館 1 商業港としての成長
移出入品の内容
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
、およびその付近で産出した。鮑は西海岸の渡島、後志、石狩、天塩などに産し、鱈は茅
部郡が最も多く、鱒は千島国択捉郡全島および根室方面を主とし、鯣は西海岸津軽、福島
両郡に産出した。そのほか、日高、十勝、胆振、...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第1節 国内市場と函館 2 デフレ下の函館経済界
北海道共同商会の設立
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
7年7月厚岸方面の出産人総代林大助と同郡出産の官貸資金消流昆布の委託販売の契約を結
び、同年10月には千島国紗那郡同業組合、および同国蕊取郡漁業組合総代人である高城重
吉、川畑庄助の両名と、その組合で収穫する...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第3節 外国貿易の展開 4 広業商会の設立
3県期の活動と広業商会の閉鎖
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
ばめて輸出の道が閉ざされていることがうかがえる。私企業として活動範囲を拡張しよう
とした試みのひとつに千島の硫黄鉱山の経営などをあげるこができよう。なお十年以降の
上海における広業商会と清商の取扱個数高は表6...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第1節 明治初期の海運事情 2 開拓使の海運政策
開拓使付属船
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
の開拓には人と物資の輸送手段をどう確保するかが重要事であった。そして開拓使の管轄
が北海道を始め樺太、千島と遠隔地を含み、また道内は陸路の交通網が未整備でいきおい
海運手段によらざるをえなかったこと、また地方...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第1節 明治初期の海運事情 2 開拓使の海運政策
船舶購入と航路の開拓
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
樺戸丸の船長、同年4月汽船弘明丸の船長となり青函航路に従事、8年には函館丸の船長と
なって同年の樺太・千島交換のさいに樺太に巡航した。10年には矯龍丸、さらに玄武丸の
船長を歴任した。その後大阪船舶司検所長、...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第1節 明治初期の海運事情 2 開拓使の海運政策
函館支庁付属船
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
鞆絵丸、石明丸、白峰丸、辛未丸、札幌本庁が稲川丸、豊平丸、空知丸、乗風丸、根室支
庁が沖鷹丸、択捉丸、千島丸、そして東京出張所が玄武丸となった。なお4月2日付の「函
館新聞」には、函館支庁の管轄となり、函館港...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第1節 明治初期の海運事情 2 開拓使の海運政策
付属船の収支状況
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
19 5,13226,923 17,128 20,555 5,231 5,042帆船乗風清風西別単冠千島第一石狩第二石狩
第三石狩第四石狩5 6 6 5 貸切 貸切 貸切 貸切 貸切4,455 6,120 ...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第7章 近代海運の発達と北方の拠点港 第3節 地場海運の勃興と二大海運資本の競合 1 北海道運輸会社の設立
船舶拝借願書の提出
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
この願書に対し農商務省は3月23日に許可を与え、汽船は玄武丸、函館丸、矯龍丸、沖鷹
丸と帆船の乗風丸、千島丸、単冠丸、西別丸の計9艘が当分のうちという条件で貸与され
ることになった。さらに同月中に8項目の命令...