函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第1章 北海道の先史時代 第2節 縄文時代 3、最盛期の縄文時代前・中期
(2)縄文尖底土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
パー、磨製石斧、自然礫の一端に磨り跡のある磨石などがある。中野式に伴う石器も春日
町式と大差がないが、北海道式石冠(せきかん)とよばれている、礫を細かく敲いてお供
え餅型に作りだし底面を平らな擦り面とした磨石(すりい...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第2節 円筒式土器文化の繁栄
生活用具
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
ていたが、後には大き目の角の丸い、おにぎりのような三角形の石で、両側面にくぼみを
付けて握りやすくした北海道式石冠と言われる道具が用いられた。この石器は底が広く平
らになっていて、擦りつぶす作業がしやすくなっている。...
第1章 北海道の先史時代 第2節 縄文時代 3、最盛期の縄文時代前・中期
(3)円筒土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
フ、つまみつきナイフ、石錐、石斧、北海道石冠と呼ばれる磨石、半円状扁平打製石器、
石皿などがあり、特に北海道式石冠、半円状扁平打製石器、石皿の出土量が多い。竪穴住
居は下層式はじめのものは4本柱をもった4~5メートル...
第1章 北海道の先史時代 第2節 縄文時代 3、最盛期の縄文時代前・中期
(6)恵山町内の縄文時代前・中期の遺跡
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
ンター、1985)。このほかに、古武井9遺跡からは中期初頭の古武井式とそれに続くサイ
ベ沢Ⅴ式土器片や北海道式石冠(第31図4、6~9、18~20)、擦り石などが出土している
(小笠原、1984)。正式な報告はないが...