函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第2節 函館市の地形 函館平野の形成
平野形成の経過
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
亀田平野あるいは大野平野の名で呼ばれることもある函館平野は、沖積世に形成された。
三谷勝利ら(1966)によると、函館平野の基底は平野南部で海面下40メートル...
通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第3節 函館市の地形発達史
富川層
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
の大野川沿いの富川層も同じく東に傾斜しており、しかも東進するほど急傾斜となる。こ
れらの事実は富川層が函館平野西部においていずれも東に向って傾斜していることを示す
函館平野(盆地)の東部では富川層が見出されない...
通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第3節 函館市の地形発達史
段丘形成時代
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
一時的停滞があった。古函館湾は各河川によって運ばれた土砂等により埋められて縮少し
ていき、これに代って函館平野が形成された。函館平野(盆地)を形成した地盤運動の軸は
、初め東側にあり、次いで西側に移り、造盆地運動...
通説編第1巻 第1編 風土と自然 第2章 地形・地質 第4節 函館市の地質 1 函館付近の第4紀層
洪積世
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
麓にへばり付いた形で形成された洪積世のものと考えている。文月層は三谷勝利ら(1966)
によると、主に函館平野の西側周辺地域に発達する丘陵性山地や河川流域に広く分布する
もので、未凝固の礫層、砂礫層から構成された...
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第一節 亀田の大地 一 位置と地勢
位置と地勢
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
トル、九二・〇七平方キロメートルであった。地理的には渡島半島の南部を南東に走る亀
田半島にあり、南西の函館平野へと続いている。周囲は各市町村に接していて東から南は
函館市に、西は七飯町と上磯町に、北は南茅部町と鹿...
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第一節 亀田の大地 三 段丘とその成立
段丘形成と人類
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
にある大規模なサイベ沢遺跡は有名である。段丘と遺跡が特に関係あるのは日吉町段丘の
西桔梗面と、更に低い函館平野にある段丘の遺跡である。縄文早期の遣跡は普通中位段丘
にあるが、亀田ではこの低い段丘にしか見当らない。...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第4章 原史の時代 第2節 恵山文化
遺跡と立地条件
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
ある。西桔梗の遺跡は函館圏流通センター用地内の西桔梗B2遺跡で、その調査報告書『西
桔梗』に詳しいが、函館平野の20メートル段丘上にある。滝ノ沢の西に発達した日吉段丘
には日吉町2丁目の日吉南遺跡、同町1丁目函館...