函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第2節 円筒式土器文化の繁栄
円筒土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
東北部にも伝播するが、本州では青森県を中心に秋田、岩手に広がって行く。土器の基本
形が円筒形であるため円筒土器と最初に呼ばれ、遺跡の性格や遺物の編年、分布圏などに
よって、これを円筒式土器文化と呼ぷ。住居や集落も...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第2節 円筒式土器文化の繁栄
円筒土器の遺跡
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
北海道で代表的な円筒土器の遺跡は函館市西桔梗町のサイベ沢遺跡である。この遺跡は明
治21年坪井正五郎の『人類学雑誌』で早くも知...
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第二節 サイベ沢の縄文人 五 サイベ沢の円筒土器文化
縄文早期から室町時代までの遺物
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
掘調査が実施されてからである。サイベ沢における先史人の生活(北海道開拓記念館展示
パノラマ)サイベ沢で円筒土器文化が営まれたのは少なくとも今から五、〇〇〇年程前か
ら四、〇〇〇年程前の時代である。縄文時代前期の初...
第1章 北海道の先史時代 第2節 縄文時代 3、最盛期の縄文時代前・中期
(3)円筒土器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
概要縄文時代前期後半から中期中葉までの間、津軽海峡を挟んだ本州北半部と道南は円筒
土器文化圏となる。円筒土器は前期の下層式と中期の上層式に区分されるが、昭和24年に
行われた函館市サイベ沢...
第二編 先史 第一章 先史時代 第三節 繩文時代
中期
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
前期において発達してその基盤を確立した円筒土器文化は、中期に入るとさらにその様相
が隆盛を極める。第20図竪穴式住居における空間分割模式図一般的に渡...
第1章 北海道の先史時代 第2節 縄文時代 3、最盛期の縄文時代前・中期
(5)円筒土器文化の崩壊
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
東北地方北部から道央で繁栄した円筒土器群も、サイベ沢Ⅶ式以降になると急速に衰え、
代わって東北地方南部に中心があった大木式土器群がしだいに北...
第二編 先史 第一章 先史時代 第三節 繩文時代
前期
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
今から六千年ぐらい前から登場する円筒土器文化では、東北北部三県と渡島半島全域にわ
たって広く分布し、安定した経済によりその伝統は長く繩文時代中...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第1章 研究史の展望 第5節 学術調査
サイベ沢詞査
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
月間にもわたる長期の発掘が行われたことは北海道ではかつてなかったことで、縄文時代
人骨の発掘と、巨大な円筒土器の文化を解明するこの調査は、児玉作左衛門、大場利夫を
中心に市立函館博物館が調査主体となって行われた。...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第2節 円筒式土器文化の繁栄
集落と住居址
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
布範囲である程度の推定ができる。サイベ沢遺跡は、何回かの調査で遺跡の規模が把握さ
れるようになったが、円筒土器文化の遺跡では、これまで住居址は数例しか発見されてい
なかった。しかし、近年になって函館周辺で大規模な...
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第二節 サイベ沢の縄文人 二 縄文人骨の発見
サイベ沢貝塚人骨発見
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
の『北海道石器時代概要』=ドルメン四-六、名取武光の『北海道の土器』=人類学・先
史学講座一〇、などに円筒土器の代表的遺跡として紹介されるようになった。この円筒形
土器を初めに発表したのは長谷部言人であった。東北...
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第二節 サイベ沢の縄文人 四 二五の堆積層と時代
円筒土器文化
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
円筒土器文化は、縄文時代前期から中期にかけて東北地方の秋田、岩手、青森三県と北海
道の日高、空知、石狩各支庁管...
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第三節 西桔梗の調査 三 西桔梗の遺跡
集落移動と家屋構造
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
凍湖となって、オオハクチョウなどの水鳥が生息又は飛来していたことも考えられる。こ
のころの土器が大形の円筒土器となり、貯蔵用に供されたのも、大量に食糧となる魚や動
物が得られたからであろう。縄文時代中期まで続いた...
[亀田市編] 第五章 農地解放と農村の変容 第一一節 戦後の教育 二二 文化財の尊重
サイベ沢遺跡発掘調査
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
査によって、見晴町式土器を含む資料、サイベ沢Ⅶ式土器を含む資料が検出された。これ
らの土器は、いわゆる円筒土器文化の終末期に編年される。前回とちがって、責任者は亀
田町となった点、文化財に対して主体的立場をはじめ...
第1章 北海道の先史時代 第2節 縄文時代 3、最盛期の縄文時代前・中期
[最盛期の縄文時代前・中期]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
土器が使用されたが、やがて道南は津軽海峡をはさんだ両岸付近に中心をもつ縄文が多用
された円筒形で平底の円筒土器文化圏内に組み込まれる。北海道ではこの時期にも石狩低
地帯をはさんで、道南と道東で異なった土器文化圏が...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第2節 円筒式土器文化の繁栄
狩猟と漁労
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
円筒土器時代の狩猟と漁労はどのようにして行われていたか。遺跡の分布が海岸から山間
部にまで広がっているので、狩...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第2節 円筒式土器文化の繁栄
土偶
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
たものと言われ、死者への副葬品として墓から発見されることがある。函館周辺で最初に
土偶が出現する時期は円筒土器の時代である。サイベ沢遺跡の出土品は大きさ10センチメ
ートルほどの板状のものと30センチメートル以上...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第3節 貝塚の形成期
貝塚の分布
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
範囲な堆積をしていて先史時代の集落形態を想像させるが、函館ではそのような形のまと
まりを見せていない。円筒土器の遺跡分布図
通説編第1巻 第2編 先史時代 第3章 函館の縄文文化 第3節 貝塚の形成期
石器
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
方形で縁取りがしてあり、底に脚が造り付けられている。石臼には用途によって縁取りや
脚のないものもある。円筒土器に伴出する石冠は見られない。石冠は擦りつぶす道具であ
ったが、これに類するものが見当らない。これは石棒...
[序章]
函館市史 別巻 亀田市編 目次
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
………………15一桔梗野の遺跡二縄文人骨の発見三市立函館博物館の調査四二五の堆積層
と時代五サイベ沢の円筒土器文化第三節西桔梗の調査…………………………………………
……………29一函館圏流通センター建設と遺跡調...
[亀田市編] 第一章 先史の亀田 第二節 サイベ沢の縄文人 一 桔梗野の遺跡
明治四十四年からの発見
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
サイベ沢遺跡は北海道における円筒土器の代表的な遺跡であるといわれるほど有名になっ
たが、その遺跡面積においても東北、北海道に類例がないほど...