函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第3節 開港と箱館の産業・経済 1 箱館奉行の経済政策-旧制との相剋
産物会所の設置
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
係、緊張の避けられない国際情勢のなかで、幕政強化策が様々にとられるが、安政3(1856
)年の「通船改会所諸産物会所」構想(『幕外』14-201)も、そのような性格のものであっ
た。全国的に流通する商品を管理...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 3 町会所
会所の新築
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
会所函館の町会所は、幕末期には奉行所の表門に付属した長屋(門長屋という呼称もあ
る)の向かって左手に町年寄...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 5 市民の共有財産
会所蓄積金から函館区共有金へ
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
れら人民の共有物は総代人(の会議)の所管となったが、取扱事務等は区務所が担当してお
り、実務責任者は町会所出納取扱副戸長(山崎清吉)であった。次いで明治13年1月、函館
区役所が誕生すると、区役所は町会所蓄積...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第8章 金融界の近代化と整備・発展 第1節 金融機関の創設 4 貸付会所の設置
機能と業務形態
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
「貸付会所仮規則」の最初の条項に、貸付金は北海道地方から輸出する産物ならびに北海
道地方へ輸入する貨物の荷為替を...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 5 市民の共有財産
会所蓄積金
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
会所には町会所が管理運用していた町会所蓄積金と呼ばれる市民共有の財産があった。
その起源は詳らかでないが、...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第8章 金融界の近代化と整備・発展 第1節 金融機関の創設 4 貸付会所の設置
設置の理由
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
蝦夷地の産物は松前沖の口で検査収税する制度を設け、安政4年閏5月7日に密取引防止の
方法として箱館産物会所が箱館に設置を許された。ついでこの会所を江戸、大阪、兵庫、
下関、敦賀等に置いて、蝦夷地より廻送する荷...
目次
[目次]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
95一箱館奉行の経済政策―旧制との相剋…95場所請負制、沖之口制の継続/沖之口制運用
の変化など/産物会所の設置二箱館奉行の産業開発政策―「百物百工」をめざして…110
「筥嶴経済」にみる産業開発/農業開拓策...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 4 市民の税負担
函館の区入費
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
存在も明確でなく、区入費という名目で区に係る経費を徴収したという史料も確認できな
い。明治5年はまだ町会所入費として江戸時代以来の坪割銭が徴収されたようで、この坪
割銭の使用目的項目としては「町用掛始番役小使...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 5 市民の共有財産
会所蓄積金の経理調査
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
体制を整えた函館支庁は、ついに町会所蓄積金の経理にメスを入れた。明治10年9月28日
に函館支庁の主任官に就任した時任為基権大書記官の仕事...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第8章 金融界の近代化と整備・発展 第1節 金融機関の創設 4 貸付会所の設置
会所用達
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
貸付会所の運営に当っては、三井が開拓使より管理を命ぜられ、小野組、島田組、その他
6名(田中治郎左衛門、榎本六...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第2節 統治機関の創設と通信網の近代化 4 郵便
郵便役所設置前の函館事情
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
nbsp;(1)十一月十一日鷲木浜長鯨丸御船乗組浅羽甲次郎殿、沢太郎左衛門御用状差出、例
ノ通取斗、町会所相廻申候十一月十五日西洋形ノ船見懸次第可申旨ノ触書、市在三通町役
人ヘ相渡十一月十六日奉行衆ヨリ御用状...
第二章 戸井町の沿革 第八節 行政区画と行政の変遷
二、会所時代
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
ることにした。幕府は直轄直後、松前藩のつくった場所請負制度を廃し、場所毎に宿泊所
を設け、始めはこれを会所と称していたが後には旧運上屋だけを会所と称し、宿泊所を旅
宿又は通行屋と称した。この時小安と戸井の運上...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第1節 幕末・明治初期の都市形成 3 都市形態の変容とその構造
運上会所設置と海岸道路普請
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
内部的にはどのような影響を与えたかを考えてみたい。具体的には、外国商人による貿易
の取締りにあたる運上会所の設置と、海岸線の連絡上の道路の整備が考えられる。この運
会所が、産物会所とともに大町の御作事場に建...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 5 市民の共有財産
開拓使の町会所監督強化
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
会所に自主的な町政運営を任せてきた開拓使も、官僚機構が整備されると、町政の拡大
に伴って増大してきた区入費...
第六編 交通・通信・灯台 第一章 陸上交通 第一節 江戸時代の道 二 前幕領時代の道と駅逓
陸路の充実
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
十一年(一七九九)八月幕府は、東蝦夷地知内村から以東を直轄し、東蝦夷地の場所請負人
を廃し、道路を開き会所を建て、駅馬を備え、官船を造って運輸を便利にするという政治
方針を確立した。このことについて箱館奉行羽...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 1 大年寄・中年寄制
町年寄・名主の廃止
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
江戸時代以来箱館の町政を担当してきたのは町会所である。この町会所は、幕府による前
直轄時代が始まる頃にはもうその存在が確認されている(「維新前町村制...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第1節 国内市場と函館 1 商業港としての成長
旧制度の改廃と開拓使の流通政策
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
明治元年には、商法司のもとに箱館生産会所がおかれ、箱館奉行所の管轄下にあった箱館
産物会所の機能を継承し、明治2年には箱館生産会所が改組され、...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第10章 学校教育の発生と展開 第1節 近代学校教育のはじまり 2 「学制」の公布と小学校の開校
初めての小学校・会所学校
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
初めての小学校・会所学校の子どもたち 8年3月20日、会所学校の開校が布達され、
翌4月4日には、100名の児童...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第7節 内国交易の様相
会所設置の目的
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
従って、この産物会所の目的は、名目的には、 (1)密貿易・抜荷取締(2)移出高の調
査(3)蝦夷地からの船舶・貨...
[亀田市編] 第五章 農地解放と農村の変容 第一二節 宗教 四 教会
教派神道
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
天理教千代ケ岱分教会所在地中道町五〇番地元函館市堀川町にあったが昭和十年に現在地
に移転代表者菅兵吉天理教拓進分教会所在地本...