函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 2 三大区制
渡島国を7大区とする企画
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
18小区19小区20小区亀田村鍛冶村神山村赤川村下湯川村上湯川村鷲巣村 深堀村銭亀沢村
石崎村志苔村 亀尾村石川村桔梗村大川村中島村七重村飯田村城山村藤山村軍川村21小区
22小区 以上村数30村注青文字は...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第11章 函館における宗教世界の諸相 第1節 函館における神仏分離の展開 2 函館の神仏分離と開拓使
開拓使の神仏分離観の転換
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
)年勧請。明治9年に村社に列す。 86戸稲荷神社赤川村 無格社 江戸時代中期に勧請。 村
中大山祗神社亀尾村字川原続 村社 安改元(1854)年勧請。明治9年村社に列す。 42戸大山
祗神社亀尾村字野広場 無...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第3節 開港と箱館の産業・経済 2 箱館奉行の産業開発政策-「百物百工」をめざして
農業開拓策
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
自立した農村をつくって行こうとする保護移民の導入のかたちの開発策であった。庵原菡
斉が自費で銭亀沢村の亀尾に開発していたところを御手作場としたり、松川弁之助に取扱
わせて赤川村の石川沢を開いたりしたものが初め...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第3章 北海道庁設立と自治制への歩み 第1節 北海道庁設置に伴う行政機構 3 警察事務の所管
郡区長兼警察署長
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
警部補瀬島常隆が任命され、管轄区域も亀田郡のうち亀田、鍛冶、神山、赤川、石川、桔
梗、上湯川、下湯川、亀尾の9か村となった。なお茅部山越両郡内には七飯警察署所管の
分署として森、長万部、川汲、山越内、臼尻、鹿...