函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 歴史的概要とその特性 第三節 志苔館とその周辺からみる中世世界 [志苔館とその周辺からみる中世世界]
コシャマインの戦い
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
コシャマインの戦いは、移住和人と先住民たるアイヌとの空前の一大民族戦争であったが
、それについて『新羅之記録』はこ...
附録 二、戸井町史年表
一、蝦夷時代の概観
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
ベマなどと変化した)など、断片的なものだけである。松前家の祖、武田信広が渡島直後
に起った道南の大事件コシャマインの乱すら、蝦夷の伝えたものでは何一つうかがい知る
ことができないのである。コシャマインの乱は長禄元年(...
第一章 歴史的概要とその特性 第三節 志苔館とその周辺からみる中世世界 [志苔館とその周辺からみる中世世界]
戸井館の築造
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
志苔館の再建は、コシャマインの戦いの脈絡の中で考えなければならないのは当然である
が、今一つ見落としてならないのは、志苔館の東側に...
第二章 戸井町の沿革 第二節 道南への和人移住
二、和人の館
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
る。蠣崎信純、安東政季の渡島は南部側の記録の康正三年(一四五七)が確かであろう。
長禄元年(一四五七)コシャマインの乱の時の箱館の館主河野政通(まさみち)、相原政
胤(まさたね)、蠣崎信広などは安東政季に従って渡島し...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第1章 安東氏及び蠣崎氏 第4節 アイヌ蜂起と蠣崎氏の台頭
コシャマインの乱
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
て期せずして爆発したものであった。松前氏祖武田信広しかも越えて翌長禄元(1457)年5
月、東部の酋長コシャマインを陣頭に、いよいよ民族的な復讐心をかりたてて団結し、東
は鵡川から西は余市に至る、常に和人が交易に往来...
第一章 歴史的概要とその特性 第三節 志苔館とその周辺からみる中世世界 [志苔館とその周辺からみる中世世界]
志海苔の鉄
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
コシャマインの戦いの戦端が志海苔で開かれたことは、重大である。『新羅之記録』が伝
えるように、その当時、「志濃里の...
第三章 伝説と逸話 第一節 戸井館の周辺
一、戸井の館とその伝説
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
コシャマインの乱の頃、戸井の館鼻(たてはな)に和人の館があったという言い伝えがあ
るが、古書にはその記録はない。村...
第三章 伝説と逸話 第一節 戸井館の周辺
四、戸井から六万枚の古銭と宝物出土(文政四年)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
あった。古銭を入れた大瓶は何れも室町時代前期未のものと推定され、志海苔館と関連づ
け、埋められた時代はコシャマインの乱の頃ではないかという推論がなされた。文政の昔
、戸井から古銭が出土した場所は、岡部館があったという...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第二節 蝦夷の戦いと亀田 一 蝦夷との戦いと館
蝦夷蜂起
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
は戦いを起し、東は鵡川から西は余市付近まで進出していた和人勢力を追い払い、翌長禄
元(一四五七)年酋長コシャマイン(出身地不詳)の率いるアイヌ人が大挙して和人の館
におしよせ、当時道南の海岸線にあった十二館のうち、十...
第一章 歴史的概要とその特性 第三節 志苔館とその周辺からみる中世世界 [志苔館とその周辺からみる中世世界]
志海苔古銭をめぐって
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
至っている(白山友正「志海苔古銭の流通史的研究補遺」『函館大学商学論究』八)。これ
までの諸説のうち、コシャマインの戦いにかかわる軍資金説は、前の館と古銭の埋納年代
から考えて、妥当性を欠く。今日、最も有力な説の一つ...
第一章 歴史的概要とその特性 第三節 志苔館とその周辺からみる中世世界 [志苔館とその周辺からみる中世世界]
志苔館の再建
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
長禄元(一四五七)年のコシャマインの戦いで、そのアイヌの民族的マジョリティの前に、
志苔館は陥落した。この戦いに先立つ一五世紀前半、アイ...
第5編 交通・通信 第1章 交通 第2節 渡島半島“みち”のはじめ
[渡島半島“みち”のはじめ]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
・志濃里館までに、いわゆる道南12の館を築き経済活動を行うが、下海岸の石崎に端を発
したアイヌの蜂起・コシャマインの乱により、花沢館(上ノ国町)と茂別館(上磯町茂辺
地)を除く10か所の館が次々と陥落される。これに対...
第二章 戸井町の沿革 第一節 石器時代の戸井
[石器時代の戸井]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
使用した人類はアイヌ人であるという常識は改めるべきであろう。道南の人々が、神代の
昔のことと考えているコシャマインの乱は僅か五百年以前の事件であったことを考えれば
、二千年、三千年の昔、或は数千年昔に、戸井を含めた道...
第二章 戸井町の沿革 第三節 戸井への和人移住
二、戸井への和人の定着
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
まれていたという『松風夷談』の記録と対照して見ると、「岡部某は戸井館で自刃した」
という伝説は誤りで、コシヤマインの乱以前に蝦夷の襲撃を受けて、原口に逃れてここに
館を築いたということになる。文政四年にトイの館跡附近...
第三章 伝説と逸話 第一節 戸井館の周辺
二、戸井の板碑(いたび)と発見の経緯
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
築き、蝦夷の家屋と異なる建物があっただけである。長禄元年(一四五七)五月の蝦夷の
大乱以前に、戸井館がコシャマインの挑戦を受けた。館主岡部某は、兵を浜中に出して抗
戦した。然し衆寡敵せず、更に蝦夷の放つ毒矢にあたって...
第三章 伝説と逸話 第一節 戸井館の周辺
三、『新発見の板碑(いたび)(戸井町)』  須藤 隆仙
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
時の館は極く粗末なもので、僅かに塁を築き、蝦夷の家屋と趣を異にした程度のものらし
かった。昔蝦夷の酋長コシャマインが原木と日浦の境にある御殿山に居を構え、付近の蝦
夷を統率していた。蝦夷の大乱の起る前、或事から戸井の...
第十五章 下北半島の景勝地と伝説 第一節 下北地方の伝説
三 蠣崎の錦帯城趾の伝説(川内町)
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
にある康正三年(一四五七)と三年の食い違いがある。康正三年の九月二十八日に長禄と
改元になり、この年、コシャマインの乱を平定しているので、南部氏の記録が正しいとす
れば、信純(後の信広)は渡島間もなくコシャマインの乱...
附録 二、戸井町史年表
年表の序
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
長禄元年(一四五七)のコシャマインの乱の頃か、或はそれ以前に、戸井に和人の豪族が
館を築いて居住していたことは、村人の伝承した伝説、文政...
第四編 行政 第一章 鎌倉、室町時代 第一節 安東氏と蠣畸氏 二 アイヌ人の不満
康正二年、長禄元年の乱
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
は余市付近まで進出していた和人勢力を追い払った。翌長禄元年(一四五七)雪どけの終っ
た五月十四日、酋長コシャマイン(出身地不詳)の率いるアイヌ人は乱を起し勇猛果敢に戦
い当時蝦夷地南部の海岸線に在った十二館のうち十館...
通説編第1巻 第2編 先史時代 第5章 有史の時代 第2節 中世の函館と遺跡
汐泊川チャシ
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
れず、記録にある蝦夷との戦いは永正9年以降は西蝦夷に移って次第に奥地で起こるよう
になる。最初の東部のコシャマインがどこを根城としたか明らかでないが、東部とは、箱
館や志海苔の東であったであろう。漁労や狩猟を生活の基...