函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第4編 産業 第2章 漁業 第3節 昭和時代の漁業 1、戦前の漁業
(7)尻岸内の漁業生産と村の漁政施策
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
の他・仕込融通」からの借入であった。このような状態は恐慌期を通じてますますその度
合いを深めていった。イカ釣漁業は他の漁業に比べて船主の経営経費の面では人件費の占
める割合が非常に少ないが、これは現物歩合制が採られ...
第4編 産業 第2章 漁業 第3節 昭和時代の漁業 2、戦後の漁業
(4)尻岸内村の新農山漁村振興計画
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
重宝された。漁具の改良漁具の改良については、イカ釣漁具の画期的な進歩が特筆される
。この時代、古くからイカ釣漁業に専ら用いられてきた“トンボ・ハネゴ”などの漁具は
すでに過去のものとなっていった。すなわち、昭和30...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第10節 漁業
いか漁鰊漁
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
いか釣漁業は、外国貿易が開けたため、やや進歩したが、当時はなお小舟に乗ってわずか
半里ないし1里程の沖合に出て釣...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立 第3節 函館における明治期の漁業 1 漁業生産の推移と漁業組合の結成
漁業生産の推移
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
民による烏賊釣漁業の函館沖への進出があり、また新潟漁民の泥曵網(底引網)による鰈漁
が行われた。烏賊(いか)釣漁業は、この後、羽越地方からの入稼が増加し、漁獲量を大き
く増大させる。これに対して底引網による鰈漁は、...
第二章 自然環境と地域との相互連関 第三節 銭亀沢地区の海産動植物と自然環境 三 銭亀沢地区住民の特徴的な生物認識
天然コンブについての認識
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 銭亀沢編
業に従事している。また、昭和五十年から五十八年までは大タモ網でのイワシ漁業、同五
十年から六十年までのイカ釣漁業などの漁船漁業にも携わっていた。これらの操業経過は
すべて詳細な漁業ノートとして記録されており、北洋漁...
第3編 行政 第3章 昭和の行政(戦前・戦時) 第2節 戦前・戦時の尻岸内村行政 6、昭和(戦前・戦時)の税制
[昭和(戦前・戦時)の税制]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
限に在らず。②漁船割・漁場割の賦課を受けざる漁業中、動力付漁船を用いる漁業に対し
賦課す。但し、柔魚(イカ)釣漁業を除く。許可漁業にして着漁せざるものに対しては五
割を減率賦課す。同一人が二以上の漁業を営む場合に於...
第4編 産業 第2章 漁業 第3節 昭和時代の漁業 2、戦後の漁業
(1)漁業改革・新しい漁業法
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
業を除き、総トン数五トン以上の動力漁船を使用するもの)五さんま棒受網漁業(動力漁
船を使用するもの)六いか釣漁業(『北海道漁業調整規則の別表』に掲げる海域において
、動力漁船を使用するもの)七めぬきうお延縄漁業(動...
第八章 産業 第二節 戸井漁業協同組合の沿革
七、集団操業船「とい」の沿革
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
一本釣漁業の漁業改良指導、いかなご抄網の夜間操業秩序の確立及び漁場調査、さめ延繩
漁業の漁場開発調査、いか釣漁業の機具普及と漁報通報、まぐろ延繩漁業の漁具漁法改良
及び漁場延長調査、ぶり曳網漁業の漁具漁法の改良漁況...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第五節 イカ釣り漁業 幕末・明治のイカ釣り漁
[幕末・明治のイカ釣り漁]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
南茅部沿岸のイカ釣漁業は弘化年間、すでにおこなわれていた。松浦武四郎の「蝦夷日誌
」臼尻村の出産として、鱈・昆布などの終わり...