函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第一節 亀田のはじめ 二 室町時代の亀田
東北・北陸との交流
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
軽外ケ浜地方へ交易のため往来していたことがわかる。また正平五(一三五〇)年ころ、
僧玄恵作と言われる『庭訓往来』には、諸国の名産が挙げられているが、その中に「宇賀
昆布」と「夷鮭」があり、宇賀昆布すなわち現在の函館市...
[亀田市編] 第二章 大地にいどむ 第一節 亀田のはじめ 三 亀田の館
館の経済基盤
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 亀田市編
北、北陸の裏日本から来航する船と交易し、それを財源として館の経営がなされていたも
のと考えられ、前述『庭訓往来』の宇賀昆布の記録や、昭和四十三年志苔館に近い道路工
事現場で発見され、室町時代に貯えられたと考えられる約...