札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (13 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (2 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (1 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
第六編 道都への出発 第一章 北海道庁と札幌 第二節 札幌の行政機構と自治への胎動 一 区行政と総代人会
区役所
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
札幌区には区長が、札幌郡には郡長が道庁から任命されるが、両者は兼任するのを常とし
、行政機構としての区役所と郡役所も一体で、その吏員も...
総 説
3札幌区の統計事情
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第8巻1 統計編
・篠路⑤対雁・江別の5ブロックに分けられ,一人の戸長が数カ村の戸長を兼ねた。1879
年7月23日,「郡長以下職制」が制定され,郡長と戸長の職務内容は次のように定められ
た(以下抜粋)。郡長八等相当一人第二郡...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第一節 北海道区制と札幌 三 新札幌区の誕生
区制準備
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
紙に記せし如く、愈々対馬嘉三郎氏に内定」(明30・4・16)に始まり、「聞く所に拠れば
、現在小樽外六郡長金田吉郎氏か、或は屯田歩兵少佐栃内元吉氏が多分区長に任せられん
との噂」(明30・6・25)、「現任札...
第五編 札幌本府の形成 第四章 周辺村落の展開と農業 第二節 村落の行政機構 三 戸長役場と戸長
戸長役場の設置
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
月十五日に従来の大小区制に付随する戸長、副戸長制が廃止となった。またこれより先に
、郡や諸村を統轄する郡長、戸長の職制が七月二十三日に定められた。新たな郡長、戸長
制は十三年二月から開始された。札幌の場合は、...
第五編 札幌本府の形成 第二章 開拓使本庁と札幌 第三節 町役人体制から札幌区役所の成立 一 札幌の行政制度の整備
札幌区役所の成立
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
後十一年の郡区町村編成法等の地方三新法の制定にともない、北海道でも郡区役所の編成
が行われ、区務章程や郡長以下の職制などを検討制定した。その時に札幌区役所が札幌市
街と札幌郡一円を管轄することになった。その結...
第九編 大都市への成長 第六章 戦後の市民生活と社会運動の展開 第二節 戦後の社会問題 二 進駐軍と市民生活
刑務所受刑者による北海道開発名誉作業班
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
老郡白老村道路改良工事100勇払郡厚真村厚真川改修工事150岩見沢市西川向幾春別川改修
工事100夕張郡長沼村水温上昇工事100昭25年度札幌市白石町厚別川・野津幌川改修工事10
0空知郡北村排水新設工事10...
総 説
2統計の作成過程
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第8巻1 統計編
書』のほとんどは,事件が起きてから派遣された課員による報告のようであるが,中には
農事通信者や,戸長,郡長からの報告もみられる。これら戸長郡長から報告があった地域
が,戸長や郡役所の吏員が通信員を兼務していた...
第四編 イシカリの改革とサッポロ 第二章 幕府のイシカリ調査 第一節 安政元年の調査 二 堀、村垣の調査団
平山謙二郎と一瀬紀一郎
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
投じた。明治をむかえ開拓使が置かれると、札幌に赴任し少主典、大主典にすすみ、室蘭
開発をすすめたり茅部郡長を勤めた雑賀重村はこの人である。平山、一瀬は本隊が見られ
なかったユウフツ─イシカリの内陸低地帯を渉査...
[[口絵・第四回配本にあたって・例言・総目次]]
例言
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
保根村)、たかせとよじ(群馬県富岡市)、高畑イク(滝川市)、中ノ目一郎(札幌市)宇佐神
社(香川県大川郡長尾町)、国立公文書館、国立国会図書館、佐賀県立図書館、市立函館図
書館、白石市教育委員会(宮城県)、滝...
第五編 札幌本府の形成 第一章 札幌本府の建設 第四節 初期移民と村落の形成 四 片倉家臣団の移住
北地跋渉
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
などもこれに同調するようになる。伊達氏の家老常盤新九郎(のちに田村顕允(あきまさ)
と改名、室蘭ほか四郡長となる)は、六月に広沢真臣(まさおみ)を通じて政府の内諾を得
たようである。その後七月八日に開拓使の設...
第五編 札幌本府の形成 第二章 開拓使本庁と札幌 第五節 交通・運輸施設の建設と治水 三 通信施設の整備
電信網の建設
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
の時任為基へ第一報が入っている。それには「午後八時より本庁出火、大半焼失、未た鎮
火せす」とある。小樽郡長北川誠一から「本庁失火の由、実に恐れ入り、永山其他へも報
知せり」と午後十時には返電がはいる。さらに十...
第五編 札幌本府の形成 第四章 周辺村落の展開と農業 第一節 村落の成立と拡充 一 諸村の成立
豊平村の成立
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
って再び来道する。同社の解散以後、官吏としての道を歩み、二十八年十一月から三十年
十一月まで札幌ほか八郡長兼札幌区長もつとめた(河野常吉北海道人名字彙)。
第六編 道都への出発 第一章 北海道庁と札幌 第一節 北海道庁の設置と行政 一 三県一局制への批判と殖民局案
西郷・山県と金子の殖民局案
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
縮し、逆に従来の事業管理局の権限と事務を拡大強化して殖民局とする案に対し、それで
は県は名のみで県令は郡長に異ならずして有害無益などと、徹底的に批判している。そし
て根本的に三県一局制を廃して、新たに総轄的な...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 四 拓殖・移住推進団体の活動
移住推進の団体・組織
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
呼び寄せなどは私信や帰郷の際に行われたであろうが、小西和の場合は地元紙に送稿して
いる。彼は香川県大川郡長尾町の出身で、二十三年、一七歳の時に札幌農学校へ入学した
。在学中にすでに栗沢村に小西農場を設立するが...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第二節 周辺農村の行政機構 二 村自治と総代人
村規約と自治
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
二十八年十二月に札幌ほか九郡長(札幌区長兼務)となった林顕三は、町村組合法旨意書及
び標準書を配布して各村内に組合の設置を勧誘した。...
第六編 道都への出発 第五章 教育の充実 第二節 初等教育の諸問題 二 教育内容と教員等の問題
実業教育
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
要なものについてふれてみたい。実業教育は前編の時期から重要視され、実行されてきた
が、明治二十年五月の郡長会議における岩村長官の演説中、教育の簡易化を行うとした中
で、内容は簡易、卑近なものにとどめ、教科は農...
第六編 道都への出発 第五章 教育の充実 第二節 初等教育の諸問題 二 教育内容と教員等の問題
教育勅語、「御真影」と奉置所
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
(中略)是レヨリ男子生徒軍歌ヲ奏シ陛下ノ万歳ヲ三呼シ一同最敬礼ヲナシ小官閉扉(後略)
なお、この式には郡長代理、戸長、総代人なども出席していた。昭和期に至る儀式の原型
がすでに形成されていたことに注目する必要...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第二節 生活のなかの結社団体と国家 二 日の丸と天長節・紀元節 [[「御真影」下付]]
「御真影」下付
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
校拝戴式。      12・26札幌外九郡長林悦郎、「御聖影
並に勅語謄本奉衛方心得」を編成、部内各戸長役場、町村公私立各小学校へ配布。 ...
第七編 近代都市札幌の形成 第三章 産業化の模索と進展 第二節 鉱業・エネルギー産業 二 電気事業
北海電気の成立
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
行った(札幌市史産業経済篇)。日清戦後には水力発電の構想が持ち上がった。明治三十年
初めに、元札幌外八郡長・札幌区長の林顕三を中心に水力発電の趣意書、設計書が作られ
たが、具体化に至らなかった。三十三年十二月...
第八編 転換期の札幌 第二章 市制施行と行財政 第二節 行政機関の整備 二 市長
高岡直吉
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
で、のち北大総長となる高岡熊雄は弟である。札幌農学校を卒業後山口県庁に就職し、明
治二十年北海道に来て郡長、道庁課長、部長を歴任、四十一年から宮崎県、島根県、鹿児
島県の各知事、大正七年から十一年まで門司市長...