札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (15 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (12 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (13 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (8 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (5 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (3 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (2 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (3 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (8 件)

ソート機能:
第八編 転換期の札幌 第一章 地方都市の成立 [[地方都市の成立]] 二 都市としての性格
道都意識
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
発展した札幌市に、どのような性格を見出すことができるのだろうか。それを四つの面か
ら考えてみたい。まず道都意識があげられよう。本章の最初に紹介した一文に、札幌を「
北海道の首都」と記しており、市民の多くはこの...
第十編 現代の札幌 序章 現代の札幌 三 都市の姿を求めて
都市論と札幌研究の誕生
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5下
札幌は開拓使の本府、北海道庁の所在地―道都として都市形成がなされ、政治的な中枢管
理機能を中心とした都市性格をつよくもっていた。さらに、戦時期の...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第三節 行政司法等の機関 一 道庁立地論争
区制以前
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
に懐かせるのは、官公署の数もさることながら、北海道庁がそこに所在することが大きな
要因であろう。札幌が道都たり得るか否かの前提条件として、道庁の立地がある。三県庁
廃止のあと、全道を一元管轄する地方行政機関と...
第七編 近代都市札幌の形成 第一〇章 宗教活動の社会的展開 第二節 寺院と「市民仏教」の展開 一 寺院・仏教と地域社会
〝宗都〟──札幌
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
各仏教教団では、明治三十年代に入り北海道布教を本格化していく。その際に拠点とされ
たのが道都札幌であった。北海道布教を最も展開したのは曹洞宗ならびに浄土真宗、なか
でも大谷派と本願寺派であった。...
第八編 転換期の札幌 第二章 市制施行と行財政 第八節 兵事 二 軍事演習と行幸
大演習の意義
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
れる。大演習と行幸の第一の意義はここにあるといえよう。その結果として、札幌の都市
基盤整備が促進され、道都としての位置付けをより強固にするに至った。こうしたことを
当初は誰も企図してはいなかったとしても、計画...
第九編 大都市への成長 第七章 高度成長期の市民生活と社会運動の展開 第三節 変容する衛生と健康 三 清掃事業の推進
札幌市清掃条例の制定
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
「汚物掃除法」(明33制定)の規程を超えるものではなかった。二十五年に札幌市民会館で
開催された「北海道都市清掃大会」(北海道都市衛生協議会主催)では、GHQ北海道民事部
からフット衛生課長の出席のもと、環境...
第二編 先史の札幌 付章一 札幌の考古学研究史 第三節 昭和時代Ⅱ期(昭和二十年~昭和五十年)
行政発掘と埋蔵文化財包蔵地
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
市域の開発は急速に進み、そのなかで、自然と文化財はかつてないほどの変貌を経験しな
ければならなかった。道都札幌市の急激な開発の進行と人口の集中は、地下で静かに眠っ
ていた埋蔵文化財を有無を言わさず白日のもとに...
[[口絵・第四回配本にあたって・例言・総目次]]
第四回配本にあたって
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
史一」を刊行してまいりましたが、本巻は開拓使によって札幌の本格的な都市建設がはじ
められ、道庁設置後は道都としての地位を確実にしていく期間を叙述しております。都市
札幌の基礎が作られ、自治都市札幌の前史の時代...
[[口絵・第四回配本にあたって・例言・総目次]]
新札幌市史 第二巻 通史二/総目次
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
真開識社二新聞縦覧所と新聞・出版新聞縦覧所の設置札幌新聞の創刊札幌新聞の性格札幌
新聞の廃刊出版第六編道都への出発第一章北海道庁と札幌…609第一節北海道庁の設置と
行政…609一三県一局制への批判と殖民局案...
第五編 札幌本府の形成 第八章 札幌県と札幌 第二節 札幌区の再編と都市計画 二 交通網の整備
幌内鉄道の完成
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
夏期二往復、冬期一往復になった(北海道鉄道百年史上)。鉄道としての経営状態は連年赤
字続きであったが、道都札幌への物資補給にとっては安定した輸送路が初めて完成したこ
とになり、その意義は大きいものであった。ま...
第五編 札幌本府の形成 第八章 札幌県と札幌 第二節 札幌区の再編と都市計画 二 交通網の整備
札幌周辺地域との連絡網の整備
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
開拓使時代以来、札幌市街の周辺には多数の入植地ができ、人員も増えてきた。そのため
札幌県は、道都札幌のためにも、また周辺村落のためにもその連絡網の整備に腐心した。
特に開拓地にとって物資補給路の確保...
第六編 道都への出発 第一章 北海道庁と札幌 第一節 北海道庁の設置と行政 一 三県一局制への批判と殖民局案
岩村検査院長と安場議官の意見
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
明治十五年(一八八二)二月八日開拓使を廃し札幌・函館・根室の三県を置き、翌十六年一
月二十九日農商務省...
第六編 道都への出発 第一章 北海道庁と札幌 第二節 札幌の行政機構と自治への胎動 一 区行政と総代人会
区費
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
(市史第七巻一一〇一頁)との判断が大勢であったと思われる。函館にのみ許された区会の
札幌実現をめざし、道都への歩みを確実にするために、区民は少なからざる負担に耐えた
のである。区費の支出内容は札幌区が取り組ん...
第六編 道都への出発 第一章 北海道庁と札幌 第三節 札幌の都市計画 一 札幌の都市建設構想
市民意識の喚起
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
市街が汚れるという新聞の指摘は、衛生観念の持続を喚起しているわけである。これらを
違う視点から見ると、道都札幌の市民の認識として、全道的視野を要求されはじめている
ことを示しているとも解することができる。そし...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 一 諸村の発展
諸村の人口の増加
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
場ではさかんに小作人を募集して招致したことによる。第三は、札幌区に道庁がおかれ人
口も四万人をこえ、〝道都〟として発展をむかえるにつれ、豊平・山鼻・苗穂・上白石村
などが都市勤労者や雑業者の住宅地、商工業地と...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 二 大農場の設置と小作移住の増大
殖民地の設定と貸下
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
三五九万〇四八一坪二十三年九九七万一六六四坪合計三八七二万二一四九坪が貸下げられ
たことを伝えている。道都に近く交通も便利な札幌郡の貸下地に希望が集中するのは当然
で、この頃には札幌周辺の多くの未開地の貸下が...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 四 拓殖・移住推進団体の活動
移住推進の団体・組織
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
庁の政策、拓殖計画・予算などの情報がいち早く流れ、また道内各地や各府県の動向・情
報も集中してくる、〝道都〟としての情報都市的な性格が形成されたことによろう。この
他に個人で北海道や札幌の情報を郷里に送る者も...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第三節 農業生産の定着 二 農業生産の状況
米麦生産の状況
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
調に伸長した。これは札幌周辺の原野排水工事の進捗と共に、開拓使・札幌県時代を引き
継いで道庁時代にも、道都となる札幌の周辺への移住者が多かったことに加え、道庁が積
極的な農業奨励政策を展開したことによる。札幌...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第一節 明治中期札幌の諸相 二 都会生活の諸相
開化のシンボル
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
二十一年十一月、赤い煉瓦造りの北海道庁が落成し、一般に縦覧された。道都札幌の新し
いシンボルが生まれた。二十年代の札幌が次第に都市としての様相を帯びてきたのには、
ひとつには...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第一節 明治中期札幌の諸相 三 家庭生活のあり方と風紀問題
風紀取締
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
していた。その一方で、密売淫すなわち私娼が公娼の約二倍は存在するといわれた。この
状況は、区民によって道都札幌の中心、それも庁下の対面を汚すものといった考え方から
移転問題へと発展したが、私娼を公娼化させるこ...