札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (9 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (5 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (6 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (6 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (4 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (3 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (23 件)

ソート機能:
第五編 札幌本府の形成 第三章 殖産興業の扶植 第四節 金融 二 民間の金融
質屋
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
こうした中で、質屋は庶民の重要な金融機関であった。四年に〓酒井吉左衛門が質屋を営
んだのが札幌質屋の始めとされる。八年八...
第八編 転換期の札幌 第七章 社会生活 第二節 社会政策の展開 四 公営社会施設と民間社会施設
公益質屋
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
とって唯一の金融機関となっている現状からみて、私営に一任しないで公益にすべきと述
べた。当時札幌市内の質屋は四六店舗であり、大半が庶民金融の機関としてなくてはなら
ない存在であった。しかし、金利も高いなど社会...
[まえがき]
新札幌市史 第8巻Ⅰ 統計編/総目次
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第8巻1 統計編
253第94表特別会計3水道費歳出決算額(札幌市)(1944~45年)…255第95表特別会計4公益
費歳入収入済額(札幌市)(1928~31年)…255第96表特別会計4公益質屋費歳入収入済額(
札幌市...
Ⅱ行財政
【財政】
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第8巻1 統計編
会計3水道費歳出支出済額(札幌市)第94表特別会計3水道費歳出決算額(札幌市)第95表特別
会計4公益質屋費歳入収入済額(札幌市)第96表特別会計4公益質屋費歳入収入済額(札幌市)
第97表特別会計4公益質屋...
第六編 道都への出発 第二章 商工業の進展 第三節 金融機関の発達と資本の動向 三 銀行以外の金融機関
質屋
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
。開拓使時代、松本判官が向井嘉兵衛を招いて〓質店を営業させたことは既述の通りであ
る。二十年代の札幌の質屋について、三十年刊行の『札幌沿革史』から引用してみると次
の通りであった。当区質屋営業者は現今十六戸に...
第九編 大都市への成長 第五章 高度成長期の産業発展 第三節 高度成長と金融システムの変容 二 ドルショックと金融システムの変容
札幌市内金融機関数推移
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
とができよう。表-28札幌市内金融機関数年総数普通銀行外為銀行信託銀行相銀信金信組
その他生保損保証券質屋本店支店支店支店本店支店本店支店本店支店本店支店支店支店支
店公営民営昭311262301325212...
第十編 現代の札幌 第五章 躍進する第三次産業 第一節 石油危機と「安定」成長下の札幌金融
札幌市内金融機関数の推移
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5下
この間、札幌市内における金融機関総数(本店、支店等の合計)は表10のように推移した。
総数(質屋を除く)は二五七から三八六へと一・五倍に増えている。これは各金融機関の札
幌市内支店拡張ぶりと札幌進出...
[[口絵・第四回配本にあたって・例言・総目次]]
新札幌市史 第二巻 通史二/総目次
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
使の市在金融米穀金融営業資金・建築資金の貸付郵便局の金融取扱二民間の金融三井銀行
その他の銀行庶民金融質屋生命保険第五節官業時代の商業…259一明治六、七年の商況市
中の商い惣高調市況不振用達の店々始末二明治...
第六編 道都への出発 第二章 商工業の進展 第二節 商業の発展と流通機構の整備 一 商業の発展
北海道庁設置後の商況
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
引のかけ引きもあるので賑かな店頭となる。これら古着類・古物等の商店は質流れ品が主
で、古物類で金を貸す質屋はこの『繁栄図録』では〓向井甲(南四西二)、〓谷吉三(南三
西三)、〓山崎孝太郎(南四西四)の三商店だ...
第七編 近代都市札幌の形成 第四章 資本主義確立期の経済 第四節 札幌商業会議所の成立 三 会議所の議員選挙
元同志会派と各商業組合との合同
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
挙戦はいよいよ激しくなった。候補者を出した商業団体は、白米、農産、塩販売、銅鉄商
、古物商、呉服太物、質屋、醸造業、履物商の九つの組合と、薬種商、木材商、菓子商、
運送業、乾物商、薪炭商の六つの団体、合わせて...
第八編 転換期の札幌 第二章 市制施行と行財政 第二節 行政機関の整備 三 行政組織
職員
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
ともなう専任職員をまとめたもので、医員、看護婦、薬剤員、保健婦、巡視、汽罐士をは
じめ、療養所長、公益質屋事務長、小児結核予防所長、市民武道場長等特定の施設に限っ
た職員である。区役所時代は六、七十人の職員数...
第九編 大都市への成長 第二章 札幌市の財政政策 第二節 高度経済成長期の財政政策 一 歳入出の概観
市財政の概観
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
及び資本的収支の合計予算額を示したのが表11である。特別会計は、厚生病院、奨学資金
、住民税整理、公益質屋会計など三十年代で廃止されるもの、道路用地先行取得会計や公
債会計のようにオリンピックの開催を目的にし...
第九編 大都市への成長 第七章 高度成長期の市民生活と社会運動の展開 第四節 社会福祉 五 民間社会福祉事業
社会福祉事業団体
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
協を結成し、二七社協を組織した。三十九年五月に社会福祉法人の認可が下りた。四十一
年より札幌市より公益質屋を受託経営することになり、この間市民の各種福祉団体の育成
強化を図る上から事務局を引き受けた。なお、社...
第十編 現代の札幌 第五章 躍進する第三次産業 第二節 バブル経済と平成不況下の札幌金融
札幌市内金融機関数の推移
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5下
による。また消費者金融業(貸金業)の隆盛および銀行におけるリテール業務の進展による
ものと思われるが、質屋数が次第に減少し、元年度をもって公営質屋が姿を消したことも
、この間の特徴といえよう。こうして経済の変...
第五編 札幌本府の形成 第三章 殖産興業の扶植 第四節 金融 二 民間の金融
庶民金融
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
用して土地、家屋、水産物などを担保に貸付する程度であった。一般の庶民や商工業者に
対する金融は、無尽、質屋、高利貸であった。無尽はかなり一般に行われていたようであ
る。一人で数個の無尽に加入するものもあった。...
第六編 道都への出発 第二章 商工業の進展 第二節 商業の発展と流通機構の整備 一 商業の発展
区内職業別表
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
製造1-荒物商1303蝙蝠傘直職5-酒屋23-雨合羽職1-漬物商2-印判師7-料理屋112木地
挽2-質屋123製餡1-貸布団112曲物師1-餅屋9-鼈甲職1-雇人受宿5-木石細工2-蒟蒻
屋2-農具製造1-...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 一 諸村の発展
篠路村の発展
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
の調査によると篠路村には荒物商一七人、酒類商五人、小間物商二人、魚類商二人、鶏卵
商三人、古物商四人、質屋一人、売薬商二人、理髪商一人、菓子商一人、開業医二人、産
婆三人、大工四人、木挽二人の商人・職人などが...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第四節 労働者と農民 一 さまざまな職業と互助組織
職業構成
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
7( 12)同日雇451  (319)酢醸造  1(  1)質屋 14(  3)漁
業   5(  4)木地挽&nb...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第四節 労働者と農民 一 さまざまな職業と互助組織
同業組合の勃興
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
は、「組合」、「親睦会」と称していたようであるが、代表的なものには次のようなのが
あった。酒造家組合、質屋組合、土工組合、開業医親睦会、石工職組合、大工職組合、小
使親睦会、職工組合、代言人組合、洋服裁縫組合...
第七編 近代都市札幌の形成 第二章 諸町村の近代化と行財政 第一節 ムラの変貌と近代化Ⅰ 二 篠路村
茨戸市街と本村市街
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
並ブル数十戸」「石狩街道ニ沿フテ街形ヲナス」といわれ、「現在主要部ニハ荒物商、雑
穀商、理髪所、薬店、質屋、旅店、呉服店、肴屋等アリテ付近農家ノ需要ニ応シツヽアリ
」とされ(町村誌資料)、茨戸太郵便局(明20...