札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (7 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (25 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (5 件)

ソート機能:
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第二節 区役所と区会 二 区会の開設
初選挙
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
)。憲政党派は区会議員予選会を十一月七日に料亭松月で行い、三級選挙の候補者として
山崎孝太郎、森源三、谷七太郎、岡田左助、花村三千之助、宇野季吉、大竹敬助、笠原文
平の八人を推薦した。一方の実業協会派は投票日直前...
第七編 近代都市札幌の形成 第三章 産業化の模索と進展 第二節 鉱業・エネルギー産業 二 電気事業
北海電気の成立
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
、北炭電気技師市川誠治、札幌支庁長久保誠之、そして札幌区の「重立有志」対馬嘉三郎
、森源三、笠原文平、谷七太郎らであった。林顕三は上川支庁長に転出後も北炭の技師ら
に調査を依頼し、豊平川の水力発電起業の志は変わっ...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第二節 区役所と区会 一 区役所の設置
区長
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
一回目投票で、実業協会派が推す対馬嘉三郎が過半数の票を得て第一候補者に選ばれた。
二回目三回目の投票で谷七太郎、森源三が選出され、この三人を内務大臣に推薦した結果
、第一候補者の対馬が、三十三年一月十三日天皇裁可...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第二節 区役所と区会 二 区会の開設
区会議員
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
行により三六人となる。表-7区会議員一覧回選挙年定数議員名3級2級1級欠員補充(級)1明
治3224人谷七太郎*田中重兵衛南部源蔵森源三上野正*大島喜一郎*対馬嘉三郎*大井上
輝前*久慈勘吉足立民治藤井民次郎本間...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第二節 区役所と区会 三 政党政派
立憲政友会札幌支部
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
入会と札幌支部結成の働きかけが本部からなされ、札幌の多くの関係者がこれに積極的に
呼応した。十一月には谷七太郎を委員長とする四四人からなる札幌支部創立委員会ができ
、事務所を現中央区大通西一丁目に設け、事実上の政...
第七編 近代都市札幌の形成 第三章 産業化の模索と進展 第一節 工業 三 機械工業、木材工業
鉄道院札幌工場の成立
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
札幌出張所長(当時)に呼び出されたりしている(北タイ明40・9・14、16、27)。場所は苗
穂地区の谷七太郎所有のぶどう園とその周辺私有地であった。この後の交渉では用地買収
の価格が話合われ、札幌区による官宅敷...
第七編 近代都市札幌の形成 第三章 産業化の模索と進展 第一節 工業 三 機械工業、木材工業
札幌木材株式会社
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
しようとする動きが始まった(北タイ明40・1・22)。その結果重谷繁太郎、中沢彦吉、喜
谷市郎右衛門、谷七太郎、宇佐美敬三郎らにより札幌木材株式会社発起人総会が開かれ、
株式募集が行われた(北タイ明40・2・13...
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第三節 小作問題の台頭 二 小作争議の発生 (二)篠路村・拓北農場争議
争議の背景
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
いた。しかし、三十一年の石狩川大洪水などで社運は次第に傾き、三十七年東京で競売の
結果、札幌区の実業家谷七太郎の「縁家」である谷仙吉が四万円で落札したのである。か
くして翌三十八年より、興産社農場は谷農場と呼ばれ...
第六編 道都への出発 第一章 北海道庁と札幌 第二節 札幌の行政機構と自治への胎動 一 区行政と総代人会
総代人会
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
井市蔵立花幸治本間儀兵衛渡辺萬治堀井民三富所廣吉足立民治山本六三郎宮前九平佐藤倉
吉奥泉清吉三浦逸之助谷七太郎後藤銈太郎柴田与次右衛門沢口永将金三穂長谷川孝太郎刀
根孫四郎亀田平三郎水原寅蔵牧野平助札幌区内には条...
第六編 道都への出発 第二章 商工業の進展 第一節 官営工場の払下げと民間企業の勃興 一 官営工場の払下げ 官有諸工場の処分
(3)札幌葡萄酒醸造場
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
し、代価五三六五円、経費四二六六円五五銭九厘、差引一〇九八円四四銭一厘の利益を上
げた。二十四年十一月谷七太郎がこの経営を引きうけ、谷は市内の大手雑貨の店や東京、
名古屋、大阪へも販路を拡げたがその後伸び悩み、大...
第六編 道都への出発 第二章 商工業の進展 第一節 官営工場の払下げと民間企業の勃興 一 官営工場の払下げ 官有諸工場の処分
(7)札幌鉄工場
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
内の土地、家屋、器械、貯蔵器等すべてを六八二円四五銭六厘六毛とし、即金で同人に払
下げられた。二十四年谷七太郎に譲渡され、爾来札幌器械製造所と称し、ついで三十一年
柴田勝所有となり、規模を拡大し製造所を模型鋳物、...
第六編 道都への出発 第二章 商工業の進展 第一節 官営工場の払下げと民間企業の勃興 二 民間企業の勃興
札幌製糖(株)
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
、伊東は株券偽造事件を起こし、二十四年北海道庁理事官浅羽靖が社長に就任して会社経
営に努力した。その後谷七太郎を社長に、浅羽は常務取締役として社務をみ、二十四年は
多少の利益をあげた。しかし二十五年には第六十銀行...
第六編 道都への出発 第二章 商工業の進展 第一節 官営工場の払下げと民間企業の勃興 二 民間企業の勃興
谷骸炭製造所
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
この骸炭製造所は谷七太郎による二十五年九月の創業、資本金は五〇〇〇円、場所は北七
条西三丁目、職工二〇人を使用し、コークスを製...
第六編 道都への出発 第二章 商工業の進展 第二節 商業の発展と流通機構の整備 二 流通機構の整備
流通機構の整備
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
的は業界人相互の親睦をはかり、農工事業の振起につとめ、札幌の商業の発達に寄与する
こととしており、府長谷七太郎、副府長山崎孝太郎、幹事は宇野孝吉、小塩武吉、そのほ
か常議員一五人で、その中に今井藤七、新田織之助ら...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第三節 日清戦争と札幌市民 二 日清戦争の勃発と軍事援護
献金・献納
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
、妻ハヤ子が金五円を献納したいと願書を出したとある。さらに二十四日付の新聞では、
札幌区北二条東三丁目谷七太郎が製艦費年金五〇円ずつ向こう六カ年間の献納願を出した
とあるばかりでなく、在京の対馬嘉三郎が二〇〇円、...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第一節 北海道区制と札幌 三 新札幌区の誕生
区制準備
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
が予測された。道毎日から下馬評を拾ってみると、「其撰に当る候補者は如何といふに、
対馬嘉三郎、森源三、谷七太郎の三氏ならん」(明29・3・27)、「兼て本紙に記せし如く
、愈々対馬嘉三郎氏に内定」(明30・4・1...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第二節 区役所と区会 三 政党政派
北海道同志俱楽部
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
ともに、東武、西村皓平、土居勝郎等区外各地の大地主層が名を列ねるが、実は発起人名
に出ていない浅羽靖、谷七太郎がこの俱楽部の首称者であった。三十一年八月十日偕楽園
で発起会を開き、十一月四日設立大会を料亭松月で催...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第二節 区役所と区会 三 政党政派
新支部
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
税廃止、一四、教育制度の改善及び拡張、である。大会のあと発会式、政談演説会が行わ
れ、二十四日夜には、谷七太郎が発起総代となって星亨の歓迎会を豊平館で開き、三〇〇
人ほどが参会したという。こうして新しい支部は札幌...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第二節 区役所と区会 三 政党政派
諸政派
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
で最初の衆議の座を対馬と争い、当選した。衆議や道会議員選挙で表面化するこうした政
派の主なものとして、谷七太郎派、浅羽靖派、助川貞次郎派、中西六三郎派等があった。
その対立は当然区会に持ち込まれ、調停策が区長の重...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第二節 区役所と区会 三 政党政派
道会・衆議院議員
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
幌支庁管轄町村選出北海道会議員回選挙年月日札幌区札幌支庁管轄町村氏名備考氏名備考
1明34年8月10日谷七太郎35.4.14行政裁判所裁決により失職.大河原文蔵村田不二三35. 6
.  2中...