札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (3 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (3 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (4 件)

ソート機能:
第五編 札幌本府の形成 第四章 周辺村落の展開と農業 第三節 農業生産の開始 二 新しい農業政策の推進
開墾・営農の推進者たち
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
名調によれば、一等二等三等の五人はすべて有珠郡紋鼈村の出品者であったが、四等賞(
賞金一五円)に丘珠村許士泰(帰化清国人の一人。明治九年山東省より梁維升ら一〇人が入
地。十二年許士泰と范永吉の二人が帰化)が入賞...
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第三節 小作問題の台頭 二 小作争議の発生 (三)丘珠村・許士農場争議
許士農場の設立
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
うに、争議の起きたのは札幌村大字丘珠村にある許士農場においてであった。当事者であ
る許士善太郎の父親は許士泰といい、開拓使時代の明治八年十一月、同使のお雇い清国人
農民一〇人の一人として二二歳で来道し、丘珠に入...
第五編 札幌本府の形成 第三章 殖産興業の扶植 第一節 殖産政策とお雇い外国人 二 開拓使のお雇い外国人
お雇い外国人の雇用
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
・ゲントを迎えた。清国からは革鞣工の張尚有と王直金、それに農夫として梁維昇、遅相
臣、范永吉、徐七令、許士泰、厳福純、許同経、許敬孔、何正点、何正義の一〇人を雇用
した。最後に特殊な職種として、函館港外国船取締...
[[図版・写真・表組一覧 刊行の趣旨 奥付]]
図版・写真・表組一覧
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
札幌市文化資料室)(314頁)写真-8「勧農ニテ出張」の記事『細大日誌』(道図)(316頁)写
真-9許士泰(325頁)写真-10精農家の経営内容『開墾勉励取調書類』(道文2460)(329頁)写
真-11『勧...
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第三節 小作問題の台頭 二 小作争議の発生 (三)丘珠村・許士農場争議
丘珠御料地払下問題
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
一年初頭になって次の記事のように、正式にそれが認可されたのである。「予て出願中な
りし丘珠村御料地は故許士泰氏が明治初年に於て拝借開墾を了したものなるが今回御料地
払下規定により嗣子善太郎氏に払下の許可指令あり...
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第三節 小作問題の台頭 二 小作争議の発生 (三)丘珠村・許士農場争議
信愛会の結成
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
即納」するとした善太郎の巻き返しで変更になったというのである。しかし、明治初期か
らの三〇年以上に及ぶ許士泰、善太郎親子二代の御料地の管理という実績を、帝室林野局
の側が配慮したというのが実態ではないだろうか。...