札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (14 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (11 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (4 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (1 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (2 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (5 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (6 件)

ソート機能:
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第三節 小作問題の台頭 二 小作争議の発生 (二)篠路村・拓北農場争議
争議の背景
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
従事してきた小作人たちの耕作権に関する強いこだわりがあった。そもそも拓北農場の前
身は、その所在地が字興産社である点からも推察されるように、徳島県の豪農滝本五郎ら
の組織する興産社が、明治十四年札幌郡篠路村に未...
第五編 札幌本府の形成 第八章 札幌県と札幌 第三節 移民政策と移住の進展 二 会社・結社と農民移住
興産社と徳島県からの移住
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
郡、七人は名東郡(みょうどうぐん)の人で、板野郡は現在の鳴門市域、名東郡は徳島市域
の人が多い。『徳島興産社申合条件要項』によると「立社体裁」は、本社を名東郡堀裏町
(現徳島市)員番一〇三番地に、出張所を篠路村...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 二 大農場の設置と小作移住の増大
小作戸数と小作移住の増大
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
を募移したのだろうか。次に小作移住の展開についてみることにしよう。まず小作戸数の
最も多かった篠路村の興産社(後の谷、拓北農場)は、十七年から徳島県より小作人を募移
したのをはじめとし、主に徳島県で募集した。こ...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第三節 農業生産の定着 四 農場と経営
興産社農場と藍作
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
興産社農場は十四年十二月に阿部興人が篠路村に二四〇万坪の地所払下を出願し、翌十五
年四月に滝本五郎などが入地...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 二 大農場の設置と小作移住の増大
農場の設置
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
、両者あわせて二〇〇〇町にも達する札幌市域では最大地積を有する大農場となった。二
十三年には、篠路村に興産社(社長瀧本五郎)が二五三万五二四五坪、苗穂村に佐藤昌介(
札幌農学校教授)が五〇万坪、篠路・丘珠村に永...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第三節 農業生産の定着 二 農業生産の状況
農産加工用原料の生産状況
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
面から胆振・空知方面へと移行していった。〈藍〉藍栽培は、徳島県人が十四年資本金一
万八〇〇〇円をもって興産社を設立し、十六年篠路在住の同県人に行わせたのが始まりで
ある。二十二年、興産社は札幌桑園内に土地の貸下...
[[口絵・第四回配本にあたって・例言・総目次]]
新札幌市史 第二巻 通史二/総目次
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
社開墾社の移住と窮乏移住士族取扱規則の適用山口県士族の山口村移住二会社・結社と農
民移住北海道開進会社興産社と徳島県からの移住開成社と厚別の信濃開墾報国社と福岡県
人の移住山口・広島県からの移住岡山県移民と愛育...
第六編 道都への出発 第二章 商工業の進展 第一節 官営工場の払下げと民間企業の勃興 二 民間企業の勃興
興産社(製藍業)
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
製藍は開拓使の製煉課で試みられていた。十五年五月、篠路村で徳島県出身の滝本五郎ら
が資本金二万円で興産社を起こし製藍事業を行っていたが、事業の拡張を計り二十一年本
社を札幌に移し資本を五万円に増資し、二十二...
第七編 近代都市札幌の形成 第二章 諸町村の近代化と行財政 第一節 ムラの変貌と近代化Ⅰ 二 篠路村
二級町村制の施行
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
道第七部字茨戸(前田農場ヨリ市街中央マテ)第八部字茨戸(市街中央ヨリ石狩川添ペケレ
ト沼マテ)第九部字興産社大野地第十部字興産社沼方第十一部字興産社地内第十二部字山
口第十三部字カマヤウス第十四部字当別太(移住...
第六編 道都への出発 第二章 商工業の進展 第一節 官営工場の払下げと民間企業の勃興 二 民間企業の勃興
処分後の諸工場の動向
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
向を調べてみると表10のようである。両表を対比してみると二十一年に設立された札幌製
糖会社、製藍工業の興産社等は姿を消し、反対に札幌電灯株式会社(二十九年北海道電灯
舎より引継)や活版・印刷所の発生が見られ、札...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 一 諸村の発展
篠路村の発展
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
泥炭地が多く、石狩川の洪水不安もあって開拓の進展は遅れていた。しかし二十年代にい
たり篠路屯田の設置、興産社・堀(のちの前田農場)・山田・中野などの大規模農場の開設
により著しい発展をみせてきた。村内諸地域の戸...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第五節 都市衛生の整備と災害 五 水害とその他の災害
三十一年大洪水
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
およぶ。蕎麦、諸作物全滅。〈篠路屯田兵村〉第五線より前田農場茨戸付近各戸床上浸水
。前田農場全部浸水。興産社被害反別一五町歩余。佐藤農場被害反別一〇町歩余。家屋流
失続出、馬匹の流失多し。興産社農場に避難所収容...
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第三節 小作問題の台頭 二 小作争議の発生 (二)篠路村・拓北農場争議
大正初期の拓北農場
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
の同支場は、『北海道農場調査』によれば次のように記されている。一、農場名谷農場二
、位置札幌郡篠路村字興産社三、所有者及管理人所有者岩崎久弥管理人山田祥三郎四、沿
革ノ概要明治十五年旧徳島藩主蜂須賀侯爵家貸下許...
第八編 転換期の札幌 第二章 市制施行と行財政 第五節 「札幌圏」の形成と諸町村 二 諸町村の概況
字名の設置
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
①~③の通りである。表-15①篠路村字名対照表改称字名旧字名行政区画篠路札幌太,キ
ウス本村,横新道,興産社の一部茨戸茨戸太上・下茨戸太平レツレツプ烈々布,学田上篠
路十軒十軒,五ノ戸拓北山田開墾,山口,釜谷臼...
第五編 札幌本府の形成 第八章 札幌県と札幌 第三節 移民政策と移住の進展 一 移住の新展開と士族移住
移住の新展開
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
北海道開進会社があり、下手稲村にも会所が設置された。浦河に入った赤心社も名高い。
札幌周辺では篠路村の興産社、苗穂村の愛育社、月寒村の克修社がある。(2)結社組織で
はこの時期、帯広の晩成社が有名だが、札幌周辺...
第五編 札幌本府の形成 第八章 札幌県と札幌 第三節 移民政策と移住の進展 二 会社・結社と農民移住
北海道開進会社
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
社・結社が相次ぎ、大きな影響を及ぼすことになった。先に紹介した開墾社や植産会社も
そうであったが、次の興産社もその例である。
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 一 諸村の発展
諸村の人口の増加
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
が進み、篠路・琴似村には二十~二十二年にかけ篠路兵村、新琴似兵村ができたことが大
きい。また篠路村は、興産社の所在した拓北や中野開墾地(東区中沼)の開拓が進展したこ
とによる。一方、人口が一〇〇〇人に満たない小...
[[図版・写真・表組一覧 刊行の趣旨 奥付]]
図版・写真・表組一覧
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
『札幌郡調』(北大図),『豊平村平岸村月寒村沿革大略』(札幌市中央図書館)より作成(7
12頁)表-7興産社農場の小作戸数(713頁)表-8豊平ほか五カ村移住者の出身府県『北海道毎
日新聞』明治23年2月28日...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第二節 区役所と区会 一 区役所の設置
区長
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
挙後の円滑な行政執行に配慮した。阿部宇之八(一八六一―一九二四)は阿波国、現鳴門市
の生まれで、実父は興産社の創立者滝本五郎、養父は衆議院議員となる阿部興人である。
大阪新報に入社して新聞記者の第一歩をふみ出す...
第七編 近代都市札幌の形成 第二章 諸町村の近代化と行財政 第一節 ムラの変貌と近代化Ⅰ 二 篠路村
たび重なる洪水
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
では浸水被害は、茨戸太三〇町・二〇戸、札幌太六〇町・四戸、兵村一〇〇町、横新道二
〇町、当別太六〇町、興産社五〇町とされ(北タイ明37・7・22)、兵村が一番の被害とな
っていたようである。続いて四十一年四月は...