札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (3 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (3 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (4 件)

ソート機能:
第六編 道都への出発 第六章 宗教組織の確立と信仰 第一節 札幌神社の昇格と公認神社の急増 三 神社等の増加と公認神社の急増
神社等の増加
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
nbsp;7明治30.11すすきの金比羅社札幌区明治25.10稲荷神社札幌区明治25. 3烈々布
神社篠路村明治26.11雁来神社雁来村明治27. 9中の沢神社山鼻村明治28平岸村遙拝
所平岸村...
第六編 道都への出発 第六章 宗教組織の確立と信仰 第四節 民間信仰と宗教生活 一 碑など
地域守護としての地蔵
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
って年々の祭事が営まれて」(中通地蔵尊)いる場合、あるいは祭礼を十月十日に行ってい
たが、大正十二年に烈々布神社が三集落合併し移転したのち、元の烈々布神社祭典の日を
しのんで九月八日に改めた(烈々布地蔵尊)ものもあ...
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第五節 青年団と在郷軍人会 一 青年団
日露戦後の烈々布青年会
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
には青年会へと改称された。この間地域の変化として、三十二年の北野天満宮(富山県東
礪波郡)の分霊による烈々布神社の創建、若連中の夜学の開講、青年会が担い手となる私
設消防組(三十六年)の創設などがあげられる。烈々布...
第六編 道都への出発 第六章 宗教組織の確立と信仰 第四節 民間信仰と宗教生活 一 碑など
地神
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
立された。中通のは、最初は六角の木標であったとされている(札幌村史)。この二つの地
神は大正期に入って烈々布神社に合祀されたが、地神が神社に吸収される例、地神と小祠
を合して一社とする例、あるいは時には神社を廃して...
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第五節 青年団と在郷軍人会 一 青年団
烈々布青年会と篠路歌舞伎
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
』)の狂言が演じられた。そして四十四年四月二十五日の春祭をもって、素人芝居の舞台
となる烈々布俱楽部が烈々布神社の境内に落成した。こうした地域に根ざした篠路歌舞伎
のあり様を、『北海タイムス』(大5・5・9)は「芝...
第七編 近代都市札幌の形成 第九章 さまざまな文化活動 第二節 演劇・美術・音楽等の活動 一 演劇
農村の歌舞伎
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
烈々布百年)。翌三十五年に大沼三四郎(芸名花岡義信)を指導者として、四月二十五日の
烈々布天満宮(のち烈々布神社)例祭に狂言「そこが江戸っ子」を上演、奉納した。これは
歌舞伎といえるものではなかったが、花岡の指導と...
第九編 大都市への成長 第十章 戦後の宗教 第一節 国家神道の解体と神社 三 講和条約発効後の神社神道
宗教法人法による神社
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
道知事の認証を得て新法人となった。それを契機に、二十八年から三十年代初めにかけて
、新たに上手稲神社、烈々布神社、水天宮、定山渓神社、瑞穂神社などが神社本庁に所属
する宗教法人となった(神社庁誌)。これらの神社は、...
第九編 大都市への成長 第十章 戦後の宗教 第五節 近代の民間信仰 二 地神碑と地神信仰
地神信仰
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
ったという農場内南組の「地神さん」は、大正十二年(一九二三)に同北組の地神さんと烈
々布の祭神とともに烈々布神社に合祀された。この時催された祭礼には富山県出身者が持
ち込んだ獅子舞が奉納されている(北大第三農場成墾...
第十編 現代の札幌 第九章 芸術・文化の拡がり 第三節 文化財と郷土資料館・郷土史 一 文化財
丘珠獅子舞と無形文化財
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5下
々布獅子舞を改称)も明治三十四年の創始とされる古いもので、昭和三十七年二月に保存
会が結成され、伝承と烈々布神社への奉納が続けられている。市内の消えた無形文化財で
は篠路歌舞伎、新琴似歌舞伎がある。篠路歌舞伎は花岡...