札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (3 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (69 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (35 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (8 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (3 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (2 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (10 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (5 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (98 件)

ソート機能:
第七編 近代都市札幌の形成 第八章 国民統合と教育 第二節 中・高等教育機関の整備 三 東北帝国大学農科大学の成立
札幌農学校の大学昇格運動
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
明治九年に開校した札幌農学校は、本巻が対象とする時期(明32~大10)、東北帝国大学農
科大学(明40)、北海道帝国大学(大7)と...
第七編 近代都市札幌の形成 第八章 国民統合と教育 第二節 中・高等教育機関の整備 三 東北帝国大学農科大学の成立
札幌農学校の大学化の理由
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
国大学農科大学は明治四十年九月十一日、文部大臣牧野伸顕を招いて盛大な開校式を挙行
したが、それではなぜ札幌農学校を大学に昇格させ、それを札幌区に設置する必要があっ
たのであろうか。札幌区役所『北海道帝国大学設立趣意...
第七編 近代都市札幌の形成 第八章 国民統合と教育 第二節 中・高等教育機関の整備 三 東北帝国大学農科大学の成立
大学昇格の具体化
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
札幌農学校の大学昇格が具体的な政治日程のなかに上ったのは、日露戦争後の明治三十九
年である。同年五月、北海道庁長...
第七編 近代都市札幌の形成 第五章 交通・通信の近代化 第二節 通信事業の整備と発達 二 札幌の郵便
札幌郵便局舎の焼失と建築
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
仮局舎は明治四十年五月十日札幌大火で焼失した。そのため局長・監理課・郵便課・庶務
係は北二条西二丁目の札幌農学校跡、工務課は大通西二丁目札幌電報局舎、会計課・電信
課は大通西二丁目九番地札幌郵便局倉庫、鉄道郵便課は...
[[口絵・第五回配本にあたって・例言・総目次]]
新札幌市史 第三巻 通史三/総目次
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
と良妻賢母主義教育私立北星女学校と私立北海高等女学校札幌区立女子職業学校三東北帝
国大学農科大学の成立札幌農学校の大学昇格運動大学昇格の具体化札幌農学校の大学化の
理由第三節通俗図書館の成立…744一明治三十年代の...
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第四節 社会主義運動 一 社会主義思想の紹介と理解
蛎崎知次郎と西川光二郎
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
が街の重要課題になっていた。新渡戸稲造が二十八年に開設した夜学校も、貧困者救済の
ための施設であった。札幌農学校に在学していた蛎崎知次郎と西川光二郎は、社会問題に
関心が深く、社会主義思想にも興味を持ち、新渡戸稲造...
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第四節 社会主義運動 一 社会主義思想の紹介と理解
社会問題研究会
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
道はたどらず薬剤師となった。小笠原島の開拓を志したが成功せず、北海道開拓に転じて
、明治二十四年四月、札幌農学校農芸伝習科に入学したが、中退し北海道毎日新聞に入社
。その後阿部宇之八らの出資を受けて、愛山堂薬房を経...
第七編 近代都市札幌の形成 第八章 国民統合と教育 第三節 通俗図書館の成立 一 明治三十年代の公共図書館設立論
安東嵩村の図書館設立論
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
札幌史学会編『札幌沿革史』は、その付録として「五十年後札幌未来記」と題する論文を
掲載している。著者は札幌農学校予科生で、同校学芸会の機関誌『蕙林』の編集委員をつ
とめる安東嵩村(本名・幾三郎)である。この論文は札...
第七編 近代都市札幌の形成 第九章 さまざまな文化活動 第一節 文学活動 一 短詩型文学
俳句結社の増加と運動の本格化
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
」と名称を改め、内藤鳴雪らと交流を持った。これにも牛島が参加したといわれる。この
ほか三十四年十月には札幌農学校で松村銀峰らを中心とした俳句結社「無逸会」を結成し
、『ホトトギス』に投句なども行った。また農学校には...
第七編 近代都市札幌の形成 第九章 さまざまな文化活動 第一節 文学活動 二 小説
文芸同人誌刊行の盛行
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
誌の刊行を中心として運動の足跡をたどってみたい。また新体詩も便宜上ここに含めた。
まず明治三十七年に、札幌農学校生徒で俳人の飯塚露声が『サッポロ文学』を創刊した。
これには河合裸石、小田観螢(短歌)、阿岐桃園らが加...
第七編 近代都市札幌の形成 第九章 さまざまな文化活動 第一節 文学活動 二 小説
有島武郎など
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
有島を中心として記述し、併せて札幌の出身の作家等について略述する。周知のように、
有島は明治二十九年に札幌農学校に入学、三十六年に米国留学、四十年に昇格した母校東
北帝国大学農科大学の教官に任命された。有島は農学校...
第七編 近代都市札幌の形成 第一〇章 宗教活動の社会的展開 【主要参考文献・史料】
[[【主要参考文献・史料】]]
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
父』、小塩力『高倉徳太郎伝』、『小野村林蔵全集』第一巻、佐藤敏夫『高倉徳太郎とそ
の時代』、松沢弘陽「札幌農学校・トルストイ・日露戦争」『北大法学論集』第三九巻第
五・六合併号下巻、『札幌基督教会日誌』『札幌独立教...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第一節 北海道区制と札幌 一 拓殖の進展
近代都市
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
都と呼び得る地位を確立し得たといえるが、また失ったものも多かったであろう。有島武
郎は明治二十九年から札幌農学校の学生として、四十一年からはその後身である農科大学
の教官として札幌に住んだが、大正十年「北海道につい...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第四節 都市計画的事業の形成 一 区会内の委員会と都市計画的事業の調査
区勢調査
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
テ其ノ方針ヲ定ムルノ基礎トナサヽルヘカラス」という目的で、区勢調査の方法の考究に
取りかかった。顧問を札幌農学校教授高岡熊雄に委嘱し、助役河田猪三郎を委員長に、書
記五人を委員とした。調査の結果、高岡熊雄は「区ノ現...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第五節 都市札幌の形成と建物 二 札幌の都市景観と建物 (三)札幌の石造の建築物
開拓使札幌本庁舎の石材使用
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
メリカの当時の木造建築の外壁構造手法である下見板張仕上に変更する。開拓使の洋風建
築、たとえば時計台(札幌農学校演武場)のペンキ塗りの外壁がそれである。開拓使札幌本
庁庁舎の煙突の石材は、北海道現庁舎の建築工事の際...
第七編 近代都市札幌の形成 第二章 諸町村の近代化と行財政 第二節 ムラの変貌と近代化Ⅱ 二 豊平村・豊平町
簾舞
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
村の簾舞には二つの官営農場が設置され、この農場の拡大とともに発展をみることになる
。まず二十八年四月に札幌農学校第四農場が開設され、この年は二七人の小作人が入場し
た。同農場は三十三年以降は五〇戸台、四十一年以降は...
第七編 近代都市札幌の形成 第三章 産業化の模索と進展 第三節 札幌の農業 五 軍用燕麦納入と産業組合の設立
燕聯の発足
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
は、水田の三分の一の収入を確保できる燕麦は札幌周辺部の土地利用に適していたのであ
る。また、技術的には札幌農学校の講師による指導も大きかったという。とはいえ、その
拡大を支えたものは、陸軍糧秣廠による軍馬用の飼料と...
第七編 近代都市札幌の形成 第三章 産業化の模索と進展 第四節 札幌の畜産と酪農 二 乳用牛の導入と生産主体
煉乳会社の設立と酪農民の組織化
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
いで設立したものであった。大正六年に静岡県の花島煉乳場と合併して極東煉乳(株)とな
る。北海道煉乳は、札幌農学校教授の橋本左五郎の技術指導で設立され、株式は酪農民の
引受けを想定したが集まらず、政財界の有力者の引受...
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第一節 日露戦争下の札幌 二 「軍国体制」の形成
相次ぐ「公葬」と〝英霊〟の奉祀
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
の「公葬」広告(北タイ明38.1.18)四月五日に白石村の白石小学校で営まれた陸軍歩兵
中尉安齋寅吉(札幌農学校出身、道庁土木部勤務)の葬儀には、官公署、学校、各種団体な
ど約一四〇〇人が参列し、「同村開村以来の盛...
第七編 近代都市札幌の形成 第六章 社会問題の諸相 第三節 小作問題の台頭 一 明治後期の小作事情
札幌の農場と小作制
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
最大の面積を誇る前田農場の茨戸支場(三二七町、小作戸数七戸、篠路村茨戸)が含まれて
いる。その他にも、札幌農学校の第三農場(三一七町、札幌村)、同第四農場(六四七町、
平岸村)、宮内省御料局の御料農場(六五〇町、平...